TOP > 騎手 > 天才!武豊の対談まとめ
騎手

天才!武豊の対談まとめ

競馬界のスーパースター武豊。競馬に詳しくない人にも、その名前は広く知られている。
今回はそんな天才騎手・武豊の対談をまとめてみた。
競走馬

武豊はこんなにすごい!

inyofu 日本競馬界において頂点の競走として位置付けられている東京優駿(日本ダービー)では5勝を挙げており、
歴代騎手の中でも最多勝記録を誇る。

日本でも有数の競馬一族の出自である武豊。
騎手としての一面以外にも、西郷隆盛と縁戚関係にあったり、
漫画原作者としての活動歴もあったりと話題に事欠かない。

動画を見る

動画を見る

動画を見る
以上のように、武豊は様々な騎手と対談をしている。続いて対談の記事を紹介していこう。

世界を舞台に戦う幼なじみ

inyofu 世界一の座を奪い合うのは、幼なじみの2人だ。いよいよ今週末に迫った凱旋門賞(G1、芝2400メートル、6日=ロンシャン)を前に、キズナ(牡3、佐々木)に騎乗する武豊騎手(44)と、オルフェーヴル(牡5、池江)を管理する池江泰寿調教師(44)が、頂上決戦を前に日刊スポーツ紙上で対談。互いを知り尽くした同級生2人が、少年時代から現在までを語り尽くした。

異色の対談!競馬と競輪

inyofu 武 僕はもう、ずっと「村上義弘」というスタイルを見たいなと思います。走りだけじゃなくて、競輪選手としてのスタイル。それは一ファンとして、ですけどね。みんな思ってることだろうし、僕も同じ。そう思える選手ですしね。

村上 僕は、武さんが作ってきた今の競馬界――競輪と同じ公営ギャンブルとして始まったものが、社会的な認知度はぜんぜん変わってきてますよね。それは武さんの存在があってのことだし、今までと同じように、自然にそれをしていってほしい。
ご覧のとおり武豊は、騎手以外にも調教師や競輪選手と対談をしている。
そして、対談で語られる内容からも武豊の交友関係の広さが伺える。

武豊の対談をまとめてみたが、いかがだろうか?
競馬界を背負って立つ人間としての気概や矜持が感じられる。
これからも武豊の活躍に注目していきたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line