TOP > エンタメ・雑学 > 2014年11月第1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2014年11月第1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2014年11月1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
今週は、今秋のGI戦線における異常事態を中心に、競馬界で起きた様々なニュースをまとめてみた!
馬キュレ 

今年の秋GIは荒れ放題!?【天皇賞・秋】は5番人気【スピルバーグ】が制覇!

inyofu JRA秋競馬の大一番、第150回GI天皇賞・秋が2日、東京競馬場2000メートル芝で開催され、北村宏司騎乗の5番人気スピルバーグ(牡5=美浦・藤沢和厩舎、父ディープインパクト)が優勝。後方待機から最後の直線、大外から一気に差し切り伝統のビッグタイトルを手に入れた。良馬場の勝ちタイムは1分59秒7。
inyofu スプリンターズSから数えてここまでの秋GI4戦は、すべて1番人気が敗れ、重賞未勝利馬が勝つという結果に終わっている。1番人気馬の4連敗はまあ、そこまで珍しいことではないと思うが、重賞未勝利馬の4連勝というのはちょっとした“異常事態”ではないだろうか?

重賞未勝利馬が制覇【天皇賞・秋】 ハクサンムーンが負けた!GI【スプリンターズステークス】 ヌーヴォレコルトが負けた!GI【秋華賞】 ワンアンドオンリーも負けた!GI【菊花賞】
10年ぶりに【天皇賞・秋】の楯を藤沢和厩舎に持ち帰った【スピルバーグ】。今回の【スピルバーグ】に限らず、今秋のGIは1番人気馬が勝てず、重賞未勝利馬の4連勝という珍事が起きている。2週後から舞台を京都に移して行われる【エリザベス女王杯】、【マイルチャンピオンシップ】はいかなる結末が待っているのか、注目だ。

香港国際諸競走へのJRA予備登録馬発表!

inyofu 12月14日に香港のシャティン競馬場で行われるロンジン香港国際競走(香港C、香港マイル、香港ヴァーズ、香港スプリント)の予備登録が10月27日に締め切られ、各レースへ予備登録があった日本馬がJRAより発表された
inyofu ■香港カップ(GI、芝2000m)
イスラボニータ(牡3、美浦・栗田博)、エピファネイア(牡4、栗東・角居)、カレンブラックヒル(牡5、栗東・平田)、デニムアンドルビー(牝4、栗東・角居)、マイネルラクリマ(牡6、美浦・上原)、ラキシス(牝4、栗東・角居)ら19頭
inyofu ■香港マイル(GI、芝1600m)
グランデッツァ(牡5、栗東・平田)、グランプリボス(牡6、栗東・矢作)、ジャスタウェイ(牡5、栗東・須貝)、ダノンシャーク(牡6、栗東・大久保龍)、トーセンラー(牡6、栗東・藤原英)ら18頭
inyofu ■香港スプリント(GI、芝1200m)
サンカルロ(牡8、美浦・大久保洋)、スノードラゴン(牡6、美浦・高木)、レッドオーヴァル(牝4、栗東・安田)、ローブティサージュ(牝4、栗東・須貝)ら11頭
inyofu ■香港ヴァーズ(GI、芝2400m)
アドマイヤラクティ(牡6、栗東・梅田智)、ヌーヴォレコルト(牝3、美浦・斎藤)、フェイムゲーム(牡4、美浦・宗像)ら11頭
香港のシャティン競馬場で行われるロンジン香港国際競走に予備登録があった日本馬がJRAより発表された。中には、【凱旋門賞】に出走した【ジャスタウェイ】や、今年のGI【スプリンターズステークス】を制した【スノードラゴン】の登録があった。しかし、、、

【アドマイヤラクティ】急死!

inyofu 4日、オーストラリアのフレミントン競馬場で開催されたメルボルンC(GI、芝3200m)に出走していたアドマイヤラクティ(牡6、栗東・梅田智)が、レース後に急死したことがわかった。
inyofu 同馬はこのレースで1番人気の支持を集め好位2番手で進んだが、4コーナーで完全に脚色を失い、最下位となる22着に終わっていた。主催者によれば馬房に戻ったところで倒れたとのことで、死因は不明。
オーストラリアのGI【コーフィールドC】を制した【アドマイヤラクティ】がGI【メルボルンカップ】出走後に急死した。GI【香港ヴァーズ】にも予備登録があっただけに非常に残念である。

名牝【ダイワスカーレット】の娘【ダイワミランダ】が逃げ切って快勝!

inyofu 11月1日、東京競馬場で開催された第5R・2歳新馬(芝1600m)は、道中先頭で進んでいた2番人気ダイワミランダ(牝2、美浦・国枝)が、直線でも余力十分のまま先頭をキープし、ゴール前で追い出されると更に脚を伸ばして勝利した。勝ちタイムは1分36秒9(良)で、鞍上は蛯名騎手。道中インの3番手から直線でもよく伸びた4番人気のボンボンキャストが2馬身半差の2着、そこからクビ差の3着に中団から追い上げた5番人気のパーフェクトビューが入線した。
inyofu 外傷などで予定されていたデビューが遅れたダイワミランダは、ようやくこの日ゲートイン。まったく押されたところなしに先頭に立つが、追走したロックキャンディ、ボンボンキャストあたりとの差はほとんどなく決して楽な逃げではなかったはず。しかし、直線に入っても鞍上が大きくアクションすることのないまま先頭を守り抜き、残り100mを切ったあたりでようやく促されるとギアをスッと上げ追走組を突き放すという、大物感ある内容で勝ち上がっている。
【有馬記念】、【桜花賞】などGI4勝を記録した【ダイワスカーレット】の3番目の子【ダイワミランダ】がデビュー戦に勝利した。【ダイワスカーレット】は、まだ有力馬を産出してないので、今後が楽しみな1頭である。

2014年11月1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
今週は波乱が起きたGI【天皇賞・秋】のニュースを中心に、今秋におけるGI戦線の異常を特集してみた。人気馬が好走しているケースもあるのだが、ここまで重賞未勝利馬が活躍する年も珍しいだろう。今後のGI戦線にも期待だ。また、香港で行われるGI【ロンジン香港国際競走】で数々の日本馬が予備登録されたのも見逃せない。今年のGIは香港でも波乱が続出する異常事態となり得るのか、結果は本記事で追っていきたいと思う。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line