TOP > 競走馬 > 2014年11月1日(土)の新馬戦勝ち上がり馬まとめ
競走馬

2014年11月1日(土)の新馬戦勝ち上がり馬まとめ

2014年11月1日(土)、東京競馬場と京都競馬場、福島競馬場で合計5つの新馬戦が開催。これらのレースを振り返って、新馬戦を勝ち上がった5頭をまとめてみた。
馬キュレ

鞍上もびっくりのゲートの速さ!ラブミーテンダー

1日、東京競馬場4Rで新馬戦(ダ1400m)が開催された。好スタートから先手を取った岩田康誠騎手騎乗の1番人気ラブミーテンダーが、そのまま先頭を譲らずゴールまで駆け抜け、2着の3番人気マハロマナに1.3/4馬身差をつけ逃げ切り勝ち。勝ちタイムは1分27秒5(良)。
inyofu 東京】4R新馬(ダ1400メートル)=ラブミーテンダー(栗・高野、牝、父ゼンノロブロイ)  ◆岩田騎手 「ゲートの出があれだけ速いとは思わなかった。(直線で)最後はフワフワしていたが、楽だったよ」
2014年11月1日 東京4R メイクデビュー東京 優勝馬:ラブミーテンダー

名牝ダイワスカーレットの「後継者」がついに登場!

1日、東京競馬場5Rで新馬戦(芝1600m)が開催された。先手を取った蛯名正義騎手騎乗の2番人気ダイワミランダが、直線に入って一旦は後続に交わされかけるものの、そこからもう二枚腰でもう一度盛り返し、2着の4番人気ボンボンキャストに2.1/2馬身差をつけ優勝。勝ちタイムは1分36秒9(良)。
inyofu ~レース後のコメント~ 1着 ダイワミランダ(蛯名騎手) 「(フレグモーネで取消など)色々ありましたが、ようやくデビューして、勝ててホッとしました。今はそれが一番です」
▶ 競馬 ダイワスカーレット産駒 ダイワミランダ 逃げ切り新馬勝ち 東京5R 20141101  動画 - YouTube

単勝144倍で勝利! ベルウッドクラルテ

京都競馬場5Rで新馬戦(芝1600m)が開催された。勝ったのは道中2番手で進めた松山弘平騎手騎乗の11番人気ベルウッドクラルテが、直線ではレインボーソング、トウカイクローネとの接戦をものにして優勝を掴み取った。勝ちタイムは1分38秒7(良)。
inyofu 松山騎手は「スタートが良くていいポジションにつけていけましたし、ペースもゆったりしていて流れに乗って運べました。ヨーイドンの競馬にもしっかり反応してくれましたし、センスがいいですね」と人気薄でのVを振り返っていた。
ベルウッドクラルテ 新馬 メイクデビュー 京都2014 - YouTube

ダート血統ながら芝でもやれそう! アドマイヤスター

1日の京都4R2歳新馬(ダート1800m)は、福永祐一騎手騎乗の2番人気アドマイヤスターが直線で外から抜け出して快勝。タイムは1分56秒9(良)。
inyofu 京都4R(ダート1800メートル)新馬戦はディープインパクト産駒のアドマイヤスター(牡=友道)がダート戦でデビュー勝ち。理由は母の父がクロフネだからで、福永も「母系は完全にダート。でもきょうの感じなら芝でもやれそう。遊び遊びで勝つのだから能力は高い」と振り返った。東京競馬場で観戦した友道師は「次もダート。もちの木賞(11月22日、京都ダート1800メートル)へ」と話した。
京都4R メイクデビュー京都 レース映像

センスを感じる走りで初戦V! グローリアスヴォレ

メイクデビュー福島は1日、福島競馬場5R(ダート・1150m)で開催。勝利したのは、古川騎手騎乗の9番人気、グローリアスヴォレが内で粘るディナミックをゴール前でわずかに差し切って勝ち上がり。勝ち時計は1分10秒7。
inyofu ~レース後のコメント~ 1着 グローリアスヴォレ(古川騎手) 「競馬が上手です。道中、いいところにつけられて、終いもしっかりと伸びてくれました。センスが良く、いい勝ちっぷりだったと思います」
福島5R メイクデビュー福島 レース映像

先週は天皇賞ウィークで、たくさんのファンが競馬場に来場するなかで、5頭の若駒たちが勝ち上がった。144倍の単勝オッズで優勝したベルウッドクラルテや9番人気での勝利のグローリアスヴォレなど波乱のレースもあったものの、アドマイヤスターやダイワミランダなど以前から注目されていた期待馬の活躍もあり、見どころある新馬戦が多かった一日だったのではないだろうか。来週の新馬戦にも話題馬が多数スタンバイ。これからも新馬戦から目が離せないはずだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line