TOP > 予想/馬券 > 天気も予想も荒れ模様【2014年アルゼンチン共和国杯】予想まとめ
予想/馬券

天気も予想も荒れ模様【2014年アルゼンチン共和国杯】予想まとめ

今週、波乱が予想されるのはこのレース【第52回アルゼンチン共和国杯】かなり特徴的なコースである東京芝2500m。瞬発力が要求される2400mから100m伸びるだけで、スタミナ勝負が色濃く出る。そうなると先行馬が有利か?!今回も過去の勝ち馬の傾向や予想ブログ記事をまとめてみた。
馬キュレ

過去10年の傾向

inyofu 前走で上位人気だった馬が優勢!
過去10年の出走馬について、前走の単勝人気別成績をまとめると、勝ち馬10頭はいずれも前走で「5番人気以内」に支持されていた。また、2着馬も10頭中7頭が前走で「5番人気以内」だった馬で占められている。しかし、3着馬に目を向けると10頭中6頭が前走で「6~9番人気」だったことから、前走で人気がなかった馬だからといって極端に評価を下げる必要はないだろう。
inyofu ハンデ55キロ以上の馬が優勢!
負担重量別成績を見ると、ハンデ「55.0~56.0キロ」、「56.5~57.5キロ」の範囲からそれぞれ4頭の勝ち馬が送り出され、3着内率でも上位となっている。また、「58.0キロ以上」組も3着内率21.4%と僅差で続いており、「55キロ以上」の比較的ハンデの重い馬が優勢となっている。今年も負担重量がレースの鍵を握るのか、興味は尽きない。
inyofu 直近の東京コースでの実績をチェック!
過去6年の優勝馬6頭はいずれも、近4走のうち直近で出走した東京競馬場のレースで優勝していたか、1着馬と「0秒2以内」の僅差で敗れていた馬だった。直近で出走した東京コースのレースで優勝していた馬や、負けていたとしても1着馬との着差が小さかった馬を重視したいところだ。

前走距離データ

inyofu 1800m以下(0-0-0-12) 0.0% 0.0% 0.0%
2000m  (3-1-4-24) 9.4% 12.5% 25.0%
2200m  (3-2-1-16)12.0% 20.0% 24.0%
2400m  (4-7-4-51) 6.1% 16.7% 22.7%
2500m以上(0-0-1-30) 0.0% 0.0% 3.2%


↓東京芝2500mのコース分析はこちら↓

東京なら持ち味十分活かせる ホッコーブレーヴ

inyofu ◎ホッコーブレ-ヴはこのメンツでハンデ57キロなら及第点だし軸にはしたい。正直春にあそこまで化けるとは思ってなかったんだけど、日経賞や天皇賞ではペースが上がりきらない中目立った決め手の持続力を見せたし、宝塚記念でもロンスパ戦で嵌りかけた。東京なら持ち味は十分活かせるし狙いは多分ジャパンカップ。ここでは先を見据えても面目は保ちたいかなというところ。
3走前の日経賞では、大外を強襲して勝ち馬のウインバリアシオンから0秒3差の2着に好走。その後の天皇賞(春)で12番人気と低評価ながら最後の直線で鋭い末脚を発揮して3着に好走。優勝馬フェノーメノとはクビ+ハナ差の接戦で、長距離レースで発揮する能力は、現役馬の中でも上位にランクされる存在。

一気に爆発ある フェイムゲーム

inyofu ダイヤモンドSを勝った生粋のステイヤーですからスタミナは申し分なし。 その後も天皇賞(春)、宝塚記念と共に6着とまずまずの結果。 前走のオールカマーも6着でしたが、勝ち馬と0.2秒差と差のない競馬。 陣営もそろそろ勝って弾みをつけてG1に挑みたいところだと思うので 高い本気度で来ると思います。 ハーツクライ産駒は底を見せない血統ですし、 一気に爆発もあるかもしれないと思っている馬です。
前走の産経賞オールカマーは、直線で外から末脚を伸ばし、勝ち馬のマイネルラクリマから0秒2差の6着でゴールイン。着順以上に内容の濃いレースで、今秋の飛躍を予感させた。東京コースでは2戦1勝。広いコースが合うタイプで、新潟内回りの2200mから東京2500mに替わるのは確実にプラスだろう。

ここを目標に乗り込んできた クリールカイザー

inyofu 私がこの馬を推す理由は、仕上がり率にあります!相沢調教師はこんなコメントを残しています。「ここを目標に乗り込んだし、ちょうどいい感じに仕上がると思う…(中略)メンバー的にも楽しみ。」もうお分かりですね?この馬はおそらく完璧に仕上げてくるでしょう!なんせここを目標に乗り込んできたんですから。すでに重賞を勝っている馬は、次狙うのはGⅠですよね?ということは、人気が上位になりそうな、すでに重賞を勝って賞金を加算している他の有力馬たちはここを目標には乗り込んできてないわけですよ!GⅠのための叩き台でしかないわけです。つまり、仕上がりは6~7割程度。クリールカイザーは10割。能力的にも劣っているとは思えない。
前走の産経賞オールカマーで3着に好走。重賞初制覇に向けて確かな手応えをつかんだ。今年に入ってから6戦連続して掲示板を確保しているように、安定感がある点も魅力のひとつ。どんな流れにも対応できる自在性を武器に、優勝を狙いたい。

昨年のリベンジを デスペラード

inyofu 去年のアルゼンチン共和国杯ではレース後、横山典弘騎手のコメントで「自分の騎乗ミス、この馬のくせさえ分かっていれば勝てた」と、レース内容の運び方のミス的なコメントを発表していたのをかすか記憶にありますが、今年はリベンジを賭けて戦う事になりそうです。
inyofu この馬はステイヤーに向いている馬なのですが今回の2500mという距離ならチャンスはありそうです。横山騎手も去年のレース後、悔いた部分があるようなので今回は、改めて優勝を意識したレースが期待できそうです。1番の目標は次走のステイヤーズステークスの連覇だと思いますが今回もハズす事は難しい1頭だと思います。
昨年の11月にステイヤーズSを優勝して重賞初制覇を飾ると、暮れの有馬記念7着を挟み、今年初戦の京都記念も優勝。すでに重賞2勝の実績は、今回のメンバーに入っても上位の存在だ。

藤沢流でミラクルあるか スーパームーン

inyofu 天皇賞秋とアルゼンチンに「藤沢流」を感じる。先週、藤沢流は成功した。今週も成功してもおかしくない。内田博騎手が今週復帰するそうで、快気祝いになるかもしれない。 ただし今週は171年ぶりのミラクルムーンもあったから、内田博復帰とミラクルムーンのダブルニュースが理由で人気が上がるようならケンするかも。
東京コースで通算【3・5・2・2】。連対率66.7%、3着内率83.3%という好成績を記録している東京巧者である。デビューからここまで20戦を消化して、掲示板(5着以内)を確保できなかったのはわずかに3回という堅実性がセールスポイントだ。

2500のスペシャリストに マイネルメダリスト

inyofu 東京2500は特殊な条件で、2回の重賞でしか使われず、そのためリピーターコース。最初のストレッチが100m長いだけでも、ゆったり感が違くて、どっしり構えてレースができて、ステイヤー向きになるのではと思う。となると当然目黒記念馬のマイネルメダリスト。前走は休み明けで大敗したが、新潟2200と東京2500とではゆったり感がまったく違うコース形態なので、流れが全く違うので、あまり参考にならないと思う。この馬は2500という距離自体も得意だし、今後2500のスペシャリストになっていく可能性がある。56キロの斤量も許容範囲だろう。
今年の目黒記念の優勝馬。デビューから36戦目でのうれしい重賞初制覇だった。以前は、堅実な反面、勝ちに恵まれない印象だったが、今年初戦の迎春S(中山2500m、6着)からブリンカーを着用すると、以降は毎回着用し、2勝をマーク。最後まで集中して走れるようになり、完全に本格化を遂げている。

そのまま穴で狙いたい ネオブラックダイヤ

inyofu くすぶり続けた6歳馬ですが、前走1600万以下新潟2000mを+24kgの体重で 出走して、逃げて3馬身差以上をつけての勝利。 完全に進化した感じがしますし、こういう乗っている馬でも勝つチャンスがあるのがこのレース。 最も好走が多いゼンノロブロイ産駒ですし、距離延長も歓迎のはず。 今の所そこまで人気しなさそうなので、 そのまま穴で狙いたい馬ですね。
前走の1600万下・レインボーS(新潟2000m)を優勝し、待望のオープンクラス入りを果たした。10番人気という低評価だったが、意表をつく逃げの戦法で勝利。それまでの末脚勝負のイメージを一新させるレース内容だった。2200mで2勝2着3回、2400mで2勝2着2回をマークしている中長距離タイプで、2500mの距離も十分に守備範囲と言えるだろう。

みんなの予想は

イチオシ大予想TV 馬キュン!

おなじみ覆面馬主予想 【こりゃ深すぎるww覆面馬主の馬券談義!】

1号の予想
inyofu ◎スーパームーン
〇ホッコーブレーブ
▲フェイムゲーム
☆クリールカイザー
△コスモロビン
△ラブリーデイ
△マイネルメダリスト
穴ネオブラックダイヤ
inyofu 先週の天皇賞に続き、同オーナーのスーパームーン。東京が得意で、しかも距離は伸びた方がよし、と見ました。成長力あるブライアンズタイム産駒。早め先頭から押し切るイメージです。 馬券は、スーパームーンからの馬単を印の馬へ。それと、オッズをみて、単複。ホッコーと2頭軸の三連複を印の馬へ。
2号の予想
inyofu 荒れるといっても、どういう荒れ方になるのか?という部分が大事で、ヒモ穴的なレースになるのか、人気馬総崩れ的なレースになるのか、中穴同士の難しい組み合わせになるのか?中々読みづらいのですが、1着中穴→2着人気→3着大穴という組み合わせで決まるのだ!という決めつけで買います笑
inyofu ワイド4頭BOX

クリールカイザー
スーパームーン
コスモロビン
アドマイヤケルソ

まとめた結果かなりバラつきのある予想が目立った。GII競走の割にGIの合間に開催される影響なのか強豪が不在のメンバーだけに波乱が十分ありえる。雨予報なので馬場が重馬場の場合、うまキュレ班はデスペラードを推したい。元々はダート馬なので馬場の影響は無し、先行もできるので内枠の好位で競馬ができそう。隣のフェイムゲームと東京巧者のスーパームーン、クリールカイザー、ホッコーブレーヴ、マイネルメダリスト良馬場なら飛ぶ可能性も馬連6頭BOXで狙っていきたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line