TOP > エンタメ・雑学 > 2014年11月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2014年11月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2014年11月2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
今週は、優しい競走馬【シゲルスダチ】の悲報を中心に、競馬界で起きた様々なニュースをまとめてみた!
馬キュレ 

優しい馬【シゲルスダチ】亡くなる。

inyofu このとき乗っていたのが、シゲルスダチの主戦ジョッキーを務めた後藤浩輝騎手でした。後藤騎手はこの事故で頸椎骨折などの重症を負ったものの、その後見事復帰。9日の10R奥多摩ステークスでは、ラジオの解説役としてスタンドの上からシゲルスダチのレースを見守っていました。
inyofu シゲルスダチはこの日のレースで、ゴール直前に前足を脱臼。後藤騎手はFacebookで、そのときの様子について「ゴール前彼の脚から『バキッ』という音が聞こえそうなくらいバランスを崩しスピードダウン。僕は一瞬でただごとではない故障だということはわかりました」と書いています。
inyofu 「痛くてもゴール後止まらず、必死に武士沢ジョッキーが手綱を引き、1コーナーを回った所でやっとスダチは止まってくれ、それからしばらくして馬運車に乗せられて行きました。僕はただそれを遠くから呆然と見つめることしか出来ませんでしたがそこからでも彼の脚がちゃんと地面に着けていないのが分かりました」(後藤騎手のFacebookより)
レース後、【シゲルスダチ】は予後不良と判断され、安楽死の措置をとられることになった。このレースを無事に終えれば、次のレースでは後藤騎手が【シゲルスダチ】に乗ることが決まっていた。
後藤騎手のFacebookによると、
「もう一度彼と走りたかったです…。でも彼は最後まで偉かった。脚がブラブラになっても、『もう2度とひっくり返らないぞ、ジョッキーを落とさないぞ』と、必死に最後まで走りぬいてくれました。本当に強い馬でした。どうか皆さん、シゲルスダチを褒めてあげてください。こんな馬がいたことを覚えていてあげてください。ありがとうスダチ。安らかに…」
と記載され、競馬ファンからのコメントが200件以上も寄せられた。

GI【ジャパンカップ】参戦馬続々決定!

inyofu 今年の皐月賞馬で、11月2日の天皇賞・秋では3着だったイスラボニータ(牡3、美浦・栗田博)が11月30日のジャパンC(GI、芝2400m)へ出走することが明らかとなった。6日、栗田博師から発表があったもの。鞍上はセントライト記念まで主戦を務めていた蛯名騎手で臨むことも明らかにされている。
inyofu 11月30日、東京競馬場で開催されるジャパンCに予備登録があった海外馬のうち、すでに招待を受諾していたトレーディングレザー(牡4、愛・J.ボルジャー)およびアップウィズザバーズ(牡4、加・M.ピアース)に加え、アイヴァンホウ(牡4、J.カルヴァロ)も招待を受諾し、今年のジャパンCへ参戦する海外馬は3頭となったことがJRAより発表された。
海外からも有力馬が多数参戦するGI【ジャパンカップ】にアイルランドダービー馬【トレーディングレザー】、GIジャマイカハンデキャップを制した【アップウィズザバーズ】、怪物【シーザムーン】を撃破しGIバーデン大賞を制した【アイヴァンホウ】の参戦が決まった。それに対し、迎え撃つ日本馬は皐月賞馬【イスラボニータ】が名乗りを上げた。

大井競馬場に三浦春馬来場!

inyofu ■東京シティ競馬(大井競馬)、2014年度のイメージキャラクターである俳優の三浦春馬さんが11月12日に大井競馬場へ来場、同日のメインレースである2歳重賞・ハイセイコー記念(SII、ダ1600m)の表彰式プレゼンターを務めることが特別区競馬組合より発表された。また当日、来場を記念して三浦さんが出演した東京シティ競馬のテレビCM3作品を場内エキサイティングビジョンで上映するイベントも開催される。
2014年11月12日、大井競馬場に俳優の三浦春馬が【ハイセイコー記念】の表彰式プレゼンターとして登場する。東京シティ競馬、2014年度のイメージキャラクターに三浦春馬が選ばれたのは、名前に【馬】が含まれるからだろうか?

【北村宏司騎手】がJRA年間100勝を達成!

inyofu 11月9日、東京競馬第11R・アルゼンチン共和国杯(GII)でフェイムゲーム(牡4、美浦・宗像)が1着となり、騎乗していた北村宏司騎手(34、美浦・フリー)はJRA年間100勝を達成した。同騎手は「もう少し早く100勝を達成したかったです。関係者のみなさんのおかげで達成することができましたが、これからも続けていかなければ意味がないと思っています。最終レースも含めて、これからも1つずつ勝ち星をあげて、さらにペース上げて勝っていけるように頑張っていきたいと思います」とJRAを通じてコメントしている。

2014年11月2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
今週は、落馬事故後の優しい立ち振る舞いで人気を呼んだ【シゲルスダチ】の訃報を中心にニュースをまとめてみた。競馬界での落馬事故は決して珍しいものではないが、【シゲルスダチ】が行った、落馬した騎手のもとへ戻るという行為は非常に珍しい。その時の落馬騎手である【後藤浩輝騎手】が【シゲルスダチ】最期のレースを偶然見届けたというのも感慨深い。【シゲルスダチ】の死は残念だが、その美談は競馬界に長く語り継がれていくことであろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line