TOP > 競走馬 > 【2014年有馬記念】メイショウマンボが暮れの大一番で復活を遂げる!
競走馬

【2014年有馬記念】メイショウマンボが暮れの大一番で復活を遂げる!

今年に入ってから勝利を手にすることが出来ていないメイショウマンボ。ヴィクトリアマイルこそ2着と健闘したが、それ以外の4戦では勝ち馬から1秒以上離されての敗戦と精彩を欠いている。昨年GⅠを3勝した女王の意地で復活を果たしてほしい。まとめてみた
メイショウマンボ

【有馬記念】意欲的な1週間前追いきりで一変も!

inyofu メイショウマンボは、CWコースでの併せ馬で、6ハロン80秒5-11秒7の好時計をマークして併入。飯田祐調教師は「今週は最後までしっかりやりたかったので、いい併せ馬ができた」と満足げに振り返った。
inyofu 飯田祐調教師は「先週も結構しっかりやったので、カイバ食いのことととか、輸送のことを考えて、あえてまだまだ行けるところでやめておきました。やれば動くのは分かってますから」と、調教の意図を説明した。
1週間前追いきりで好時計を出してきたメイショウマンボ。状態は申し分なしと言えるだろう。一変あると面白い存在だ。

暮れの大舞台でかつての輝きを取り戻したいメイショウマンボ。以下では動画を中心にこれまでのメイショウマンボをまとめている。

フィリーズレビューで重賞初制覇!

桜花賞トライアルのフィリーズレビューでメイショウマンボが上がり最速を使い豪快に差し切った。このレースでは主戦の武幸四郎騎手ではなく代打の川田将雅騎手が騎乗したが、その素質を高く評価していた。
http://youtu.be/uPAj6R2xtpU

牝馬二冠を達成!

メイショウマンボは牝馬3冠第1戦の桜花賞こそ10着に敗れたが、第2戦のオークスでは9番人気の低評価を覆してGⅠ初制覇を挙げると最終戦の秋華賞でも強い競馬を見せて勝利。見事牝馬2冠を達成した。

初対戦の古馬も一蹴して真の女王となったメイショウマンボ! 

メイショウマンボが古馬を一蹴し、3つ目のGⅠタイトルを手に入れた。道中7,8番手でレースを進め直線で一気の脚を使い、上がり最速タイを記録した。初めての古馬との対戦であったが完勝。力の違いを見せつけ、真の女王の座を射止めた。

復活の兆しを見せたヴィクトリアマイルでの走り!

年明け初戦の大阪杯で大敗し、物足りなさを感じつつ挑んだヴィクトリアマイル。しかし調子が悪くても牝馬限定戦では底力を見せて2着に食い込んだ。

牝馬限定戦で初の大敗

ヴィクトリアマイルの後は宝塚記念、京都大賞典と苦手な混合戦で大敗を喫してしまったメイショウマンボは昨年制したエリザベス女王杯に向かった。が、牝馬限定戦になってもメイショウマンボの良さは見られずまたしても勝ち馬のラキシスに1秒差をつけられる惨敗に終わってしまった。
昨年は牝馬限定GⅠを3勝して最優秀3歳牝馬に輝いたメイショウマンボが苦しんでいる。ここまで5戦しているがまともにレースが出来たのはヴィクトリアマイルのみで他のレースではさっぱりだ。早熟の牝馬だった可能性もあり得るが、初挑戦と中山コースで何かきっかけをつかむことが出来れば面白い存在になるだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line