TOP > 競走馬 > 【2014年マイルCS】初のGI制覇を目指してワールドエースが躍動する?!
競走馬

【2014年マイルCS】初のGI制覇を目指してワールドエースが躍動する?!

3歳時はダービー最有力候補と言われながらも、ケガ等の影響で未だGⅠ制覇がない。長期休養から読売マイラーズCで復活を果たした当馬はマイルCSで初の栄冠を目指す。過去のレース映像やレースに向けて意気込む様子をまとめてみた。
競走馬

総額1億円で募集されたワールドエース

ワールドエースはサンデーレーシング世代最高額となる1億円で募集された。募集価格の影響もあり、早くからクラシック、特にダービー制覇に向けて期待が高かった当馬。そんなワールドエースのデビュー戦は暮れの阪神開催であった。

父ディープインパクトと同じ道を歩んで快勝!

12月17日の阪神芝1800m戦でデビューしたワールドエースは期待に違わず、単勝オッズ1.4倍と圧倒的な人気に支持された。そして、レースでも期待通りの圧倒的な走りを見せて快勝した。ワールドエースがデビューした暮れの阪神3週目は父ディープインパクトと同じ週の新馬戦であるということもあり、池江泰寿調教師のこの馬にかける思いの強さが伺えた。

2戦目も父と同じ道!しかし…

デビュー戦を快勝したワールドエースは2戦目でも父と同じ若駒Sに臨んだ。しかし、ここで不覚をとってしまう。5頭立てで行われた当レースの1000m通過は65.4と超が付くほどのスロー。それに加え逃げたゼロスに33秒台の上がりを使われたのではさすがのワールドエースでも厳しかったか、2着に敗れてしまった。

前走の雪辱を晴らし、きさらぎ賞で重賞初勝利!

若駒Sでまさかの敗戦を喫したワールドエースはきさらぎ賞へ向かった。そこで魅せた走りはやはり世代トップレベルと言われる素質馬の走りであった。福永祐一騎手からの乗り替わりで小牧太騎手を鞍上に迎えてのレースとなった当レースでワールドエースは後方でレースを進めると直線では末脚がさく裂。上り33.0の末脚を魅せ、2着馬に1馬身1/4差をつけて重賞初勝利を遂げた。
きさらぎ賞を自慢の末脚で勝利したワールドエースは次走の若葉Sも余裕たっぷりの勝利を魅せた。そして、ワールドエースは4戦3勝の戦績を持ってクラシック戦線に乗り込んだ。

2012年皐月賞、日本ダービー 共に人気に推されるも、タイトルGIには届かず…

過去の戦績、そしてファンの期待から皐月賞では2番人気、ダービーでは1番人気に推されたワールドエース。しかし、皐月賞では荒れた馬場の中、最後はよく追い込んできたものの2着が精いっぱい、そしてダービーでも上がり最速の脚を使うが、届かずの4着に終わった。両レース共に良いレースを魅せたものの運悪くGⅠのタイトルに届かなかったワールドエースであるが、さらに不幸は続く。レース終了後、屈腱炎の診断受けたワールドエース。長期休養を余儀なくされてしまった。
屈腱炎の診断で1年以上の長期休養を強いられたワールドエース。昔は不治の病と言われていた屈腱炎は競走馬にとっては致命傷となるケガであった。現在では医学の進歩もあり、カネヒキリやウインバリアシオンといった屈腱炎を乗り越えて復活を果たした競走馬もいるが、やはり多くの馬はそのまま引退に追い込まれたり、また復帰できたとしても力を発揮できずに終わってしまう。そういった中でワールドエースは20か月という長いブランクを経て白富士Sで復活を果たした。鞍上に武豊騎手を迎えて長期休養明けながら1番人気に推されたワールドエースは結果的には5着であった。しかし、ブランクを考えると復活の兆しが見える走りを見せてくれた。
http://youtu.be/0dkv5hDM7O4
http://youtu.be/4SrW_IEPqTE

2014年読売マイラーズカップ 復活のレコード勝ち!

長期休養明けの白富士Sで5着に終わったワールドエースはマイラーズCへ向かったが、ここでダービー馬1番人気に推された当馬が復活の走りを見せる。3番人気に推されたワールドエースは4番手でレース進めた。そして、直線では外目に持ち出されると自慢の末脚がさく裂。最後は1番人気フィエロの追撃を振り払って2012年3月の若葉S以来、約25か月ぶりの勝利を挙げた。そして、レース後には鞍上ウィリアムズ騎手で安田記念に参戦することが発表された。

勢いそのまま安田記念に挑むも馬場に泣く

マイラーズCを快勝して安田記念へと臨んだワールドエース。しかし、ここでは切れ味を真骨頂とするワールドエースには不利な超不良馬場、しかも大外と不利な条件が重なった結果、5着に終わった。ただ、これだけ悪条件が重なっても5着に入ってくるあたり、やはりワールドエースの実力は一級品だ。秋の巻き返しは必至だろう。

謎の敗北を喫した前哨戦・毎日王冠

秋の主役の1頭として目されていたワールドエースはその期待を背負って1番人気で出走した。しかし、結果は13着と惨敗。全く伸びを見せなかったワールドエースだったが、本番ではどうか。

マイルCS 叩いた上積みでいざ頂点へ!

inyofu 最終追いはブドーを背に坂路でミッキーシーガル(2歳未勝利)と併せ4F52秒1~1F12秒4。機敏な反応と切れ味で、ラストはノーステッキのまま僚馬を1馬身突き放すシャープな身のこなし。休養明けを叩いて馬体も引き締まり、好気配ムード漂う稽古を消化した。
inyofu 池江師も「マイラーズCの時は必ずしもいい仕上げではなかった。それに比べたら今回の方が出来はいい。今回は使った上積みもあると思うし、京都マイルの舞台も合っている。軽い芝でできれば楽しみはある」と復活の手応えを感じている。

鞍上のブドー騎手も

inyofu ブドー騎手「先週、今週と調教をつけたが高いレベルで調子は安定している。乗りやすく癖のない馬と感じた。過去の映像からも労せず好位置をとれるスピードがあるようだし、マイルの距離も合っている」
休み明けだった前走の毎日王冠こそ大敗を喫したものの、屈腱炎による長期休養から順調に回復しつつあるワールドエース。春に行われたマイラーズカップの走りを見ても京都のマイル戦はベストの舞台であり、GⅠを取れるとすればこの舞台が一番近いのではないだろうか。1週間前追い切りも順調に消化しており、ここは結果を残したいところだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line