TOP > 競走馬 > 「ダノンシャーク」元気いっぱい!余裕のある8歳馬【毎日王冠】
競走馬

「ダノンシャーク」元気いっぱい!余裕のある8歳馬【毎日王冠】

17頭中14頭が重賞ウイナーというハイレベルのメンバーが揃った2014年のマイルチャンピオンシップでは、そんな強敵相手にインから馬群を捌いて迫ると最後はフィエロとの接戦をハナ差制してGI制覇を飾ったダノンシャーク。マイルのイメージの強い馬だが、毎日王冠は過去二度出走し、5着4着と悪くない成績だ。秋初戦好スタートを切りたい。そんなダノンシャークについてまとめてみた。
ダノンシャーク
写真提供:T.T Photo(WEBサイト)

【毎日王冠】末脚発揮で4着に健闘

前走の安田記念で10着に敗れていたこともあり10番人気の低評価を受けていた。レースは比較的先行馬で決着する中、差してきて4着と健闘した。
動画を見る
以下はレース後の岩田騎手コメント
inyofu 4着 ダノンシャーク(岩田康誠騎手) 「もう少し折り合えていればよかったのですが......。1800mでこれだけのパフォーマンスができたので、次の京都のマイルでは期待できると思います」

【マイラーズC】ロスのない競馬で2着に健闘!

京都芝1600mはGIを制した得意舞台。最内枠からロスなく立ち回り直線では終始内を通っていた、クラレントクルーガーと決め手勝負。クルーガーには先着を許してしまったが、トップハンデの57キロを背負っていたことを考えると健闘したと言える内容だった。
動画を見る
以下はレース後の福永騎手のコメント
inyofu 2着 ダノンシャーク(福永祐一騎手) 「スタートを決めて、思っていた位置からいい脚使ってくれました。でも最後前に一頭いましたね。この馬としては頑張ってくれました」

【安田記念】展開が向かず7着に敗退

4回目の出走になった2015年の安田記念。過去の成績は3着、4着、10着と年々成績を落としてしまっている。今年は後方からレースを進めるが、逃げたロゴタイプが逃げ切る展開で7着に流れ込む形になった。
動画を見る

【毎日王冠】追い切り情報 年齢の衰えはない!

inyofu 安田記念(7着)以来となるダノンシャーク(牡8、大久保)は、坂路でラバピエス(2歳500万)を2馬身追走し、3馬身先着。8歳とは思えない迫力ある動きで4ハロン53秒0-12秒7をマークした。
管理する大久保調教師のコメントはこちら↓
inyofu 「いい動きでしたね。目標はあくまでG1なので、余裕を持たせた仕上げ。それでも年齢をまったく感じさせないし、自分の仕事を分かっている馬」

今年の毎日王冠は14頭登録しているが、GⅠ馬はダノンシャークを含めて3頭。格で見れば上位の成績で、ここでも能力は通用するはず。久々を国苦にしないタイプだけに、年齢を感じさせない走りを期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line