TOP > 競走馬 > 「ロゴタイプ」先行力ある!気合い入れ十分!【中山記念】
競走馬

「ロゴタイプ」先行力ある!気合い入れ十分!【中山記念】

朝日杯FS、皐月賞、安田記念とG1を三勝した実績馬のロゴタイプが中山記念に出走する。3歳時には皐月賞を勝つと、その後はなかなか勝ち星に恵まれていなかったが、去年の安田記念ではマイル王者モーリスを破り、G1の大舞台で久々の勝ち星を挙げた。秋に出走した天皇賞(秋)と香港マイルでは結果が振るわなかっただけに、今年の初戦となる中山記念では勝ってG1四勝目への弾みとしたいところだ。そんなロゴタイプについてまとめてみた。
ロゴタイプ

【安田記念】逃げてマイル王者モーリスを完封!

逃げ馬不在の中、鞍上田辺騎手はスタート後押してハナを奪う。道中明らかなスローペースを刻み、スムーズに内を回り直線へ。直線でもしっかりと伸びて後続に差をつけると、追う一番人気のモーリスを11/4馬身差退けて、3年2ヶ月ぶりのG1を手にした。逃げてスローペースに持ち込むという、田辺騎手の手綱さばきが光るレースであった。
動画を見る
inyofu 1着 ロゴタイプ(田辺裕信騎手) 「素直で乗りやすい馬なので、こちらのためしたい指示に忠実に反応してくれます。ですから今日の作戦にも対応してくれました。相手がいるので逃げられないかもしれませんでしたが、ハナを主張しようと思っていましたし、中途半端は良くないと、思い切って、ただ一頭、最短距離を通ることにしました。そして、最後までしっかりと脚を使いきってくれました」
inyofu (田中剛調教師) 「ここまで、ロゴタイプも、私たちもがんばっていたのですが、結果が出ず、色々言われたりもしましたが、今日勝てて本当に良かったです。前走時も、状態は本当に良くなり、斤量差などで負けはしてしまいましたが、ロゴタイプらしい走りをしてくれました。その後はここを目標に、牧場もしっかり調整してくださり、厩舎に戻ってからも順調にやってこられました。戦前、田辺騎手から、逃げることも考えていると言われ、とにかく思い切った競馬をして欲しいと思っていましたから、思惑が一致しました。レースも、この馬の良さを出す騎乗をしてくれましたし、直線は、力が入りました。今のロゴタイプは東京なら1600m、中山なら2000mまで適性があると思います。この後のことはこれから考えます」

【天皇賞(秋)】理想的にレースを進めるも5着に敗れる

3枠から好スタートを決めると、逃げ馬を目前に置く位置からレースを進める。道中はロスのない競馬で脚を溜めながら進め、最終コーナーでも終始内を回り直線へ。直線では、一時は逃げ馬を捉えて優勝争いに加わるが、モーリスやリアルスティールら後続馬の末脚の前には力及ばずに差されてしまい、5着に敗れた。
動画を見る
inyofu 5着 ロゴタイプ(田辺騎手) 「いい感じでしたし、脚をためられました。1度使ったことで馬はピリッとしていました。デキは上向いていました」

【香港マイル】出遅れるも掲示板は確保

スタート直後は馬が動かずに他の馬よりもワンテンポ遅れたため、すぐさま鞍上のデムーロ騎手は押して3番手の位置まで押し上げる。直線に向くと、進路が狭い中を強引に割って先頭へ躍り出る力を見せるが、スタート直後のロスが響いたのか最後は伸びを欠いて5着に敗れた。
動画を見る
inyofu 5着ロゴタイプ (田中剛調教師) 「ゲートで待たされてしまい、馬がリラックスし過ぎてしまいました。この大舞台で狭いところをこじ開け良い走りを見せてくれましたが、悔しいです。出遅れてこの差ですから、ロゴタイプの強さは証明できたと思います」
inyofu (M.デムーロ騎手) 「馬はすごく頑張りました。ゲートで長く待たされた影響がありました。直線はスペースがなく、スムーズならもっとやれていたと思います」

【中山記念】最終追い切り情報 ハードに仕上げる!

ロゴタイプは22日、美浦ウッドチップコースで最終追い切りを行った。
inyofu ウッドコースを長めから加速し、直線はステッキが2発飛ぶハードな内容。しまいはしっかり反応して、6ハロン82秒5-12秒9(いっぱい)の時計を出した。
inyofu 鞍上は「休み明けの感じだったので、けっこう攻めた。このひと追いで良くなれば」と本番での上積みに期待した。

前走香港マイルから休養を挟んでの休み明け初戦となるが、中山記念は過去3年連続で出走して2度好走と得意の舞台であり、追い切りでもハードに仕上げていたりと不安は少なそうだ。また、鞍上は今年に入ってさらに勝負勘の冴え渡っている田辺騎手と、実績馬の揃う今回の中山記念でもロゴタイプは怖い存在だろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line