TOP > 競走馬 > 「ロゴタイプ」ストライドも大きくノビノビ!年齢の衰えなし【安田記念】
競走馬

「ロゴタイプ」ストライドも大きくノビノビ!年齢の衰えなし【安田記念】

朝日杯フューチュリティステークス、皐月賞、安田記念とGⅠ3勝馬のロゴタイプが安田記念に出走する。3歳時には皐月賞を制すると、その後はなかなか勝ち星に恵まれていなかったが、去年の安田記念ではマイル王者モーリスを破り、G1の大舞台で久々の勝ち星を挙げた。その後の秋GIは好走はするも勝利には届かずじまいであったが、前走の中山記念で3着に入り復調気配と共に連覇達成を狙うロゴタイプについてまとめてみた。
ロゴタイプ

【天皇賞(秋)】理想的にレースを進めるも5着に敗れる

3枠から好スタートを決めると、逃げ馬を目前に置く位置からレースを進める。道中はロスのない競馬で脚を溜めながら進め、最終コーナーでも終始内を回り直線へ。直線では、一時は逃げ馬を捉えて優勝争いに加わるが、モーリスやリアルスティールら後続馬の末脚の前には力及ばずに差されてしまい、5着に敗れた。
動画を見る
inyofu 5着 ロゴタイプ(田辺騎手) 「いい感じでしたし、脚をためられました。1度使ったことで馬はピリッとしていました。デキは上向いていました」

【香港マイル】出遅れるも掲示板は確保

スタート直後は馬が動かずに他の馬よりもワンテンポ遅れたため、すぐさま鞍上のデムーロ騎手は押して3番手の位置まで押し上げる。直線に向くと、進路が狭い中を強引に割って先頭へ躍り出る力を見せるが、スタート直後のロスが響いたのか最後は伸びを欠いて5着に敗れた。
動画を見る
inyofu 5着ロゴタイプ (田中剛調教師) 「ゲートで待たされてしまい、馬がリラックスし過ぎてしまいました。この大舞台で狭いところをこじ開け良い走りを見せてくれましたが、悔しいです。出遅れてこの差ですから、ロゴタイプの強さは証明できたと思います」
inyofu (M.デムーロ騎手) 「馬はすごく頑張りました。ゲートで長く待たされた影響がありました。直線はスペースがなく、スムーズならもっとやれていたと思います」

【中山記念】先行力を見せたが3着...

押していってハナに立つが、バックストレートでまくられ先頭を譲る形に。しかし道中の手応えは良く、直線の入口で先頭に立つと、坂下で完全に後続を突き放し勝ちパターンに持ち込んだように思えたが、坂を上がって差されてしまい3着。
動画を見る
inyofu 3着 ロゴタイプ(田辺裕信騎手) 「行ってもいいと思っていました。まくられても対応できました。まだ反応が良くなかったので、次はもっと良くなるでしょう」

【安田記念】追い切り 鞍上との一体感も抜群!

inyofu 昨年覇者ロゴタイプ(写真右)は南ウッドで併せ先着。追走状態から直線は外を回り、しなやかな走りで伸びた。鞍上・田辺との一体感も抜群だ(5ハロン65・4―36・9―12・1秒)。
inyofu 田中剛調教師「ダービー卿をフレグモーネで使えなかったが、すぐに対応して影響はない。やれることはやったし、まだ馬に衰えもないので」

昨年の安田記念での復活が記憶に新しいところであるが、一線級相手であった前走の中山記念の走りからも衰えは全く見られない。田辺裕信騎手がグレーターロンドンでは無くこの馬を選んだという事はかなりの自信があるように思える。昨年とは違い、今年はフルゲートとなりそうであるが、周囲をアッと言わせる好騎乗をまた見てみたいところである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line