TOP > 予想/馬券 > 勝ち馬は4枠まで!?【2014年マイルチャンピオンシップ】予想まとめ
予想/馬券

勝ち馬は4枠まで!?【2014年マイルチャンピオンシップ】予想まとめ

秋のマイル王決定戦【第31回 マイルチャンピオンシップ】の舞台は京都芝外回り1600m、秋のマイル王決定戦を制するのは昨年の覇者か?それとも重賞未勝利馬か?各予想ブログからデータ&好走馬を探ってまとめてみた。
馬キュレ

枠順

inyofu 1枠1番 ホウライアキコ(牝3、栗東・南井) 和田
1枠2番 エクセラントカーヴ(牝5、美浦・堀) R.ムーア

2枠3番 グランデッツァ(牡5、栗東・平田) 秋山
2枠4番 サダムパテック(牡6、栗東・西園) 田中勝

3枠5番 レッドアリオン(牡4、栗東・橋口) 小牧
3枠6番 ダイワマッジョーレ(牡5、栗東・矢作) 蛯名

4枠7番 エキストラエンド(牡5、栗東・角居) W.ビュイック
4枠8番 フィエロ(牡5、栗東・藤原英) 福永

5枠9番 ワールドエース(牡5、栗東・池江) P.ブドー
5枠10番 ロゴタイプ(牡4、美浦・田中剛) C.ルメール

6枠11番 クラレント(牡5、栗東・橋口) 田辺
6枠12番 ダノンシャーク(牡6、栗東・大久保龍) 岩田

7枠13番 トーセンラー(牡6、栗東・藤原英) 武豊
7枠14番 グランプリボス(牡6、栗東・矢作) 三浦

8枠15番 ミッキーアイル(牡3、栗東・音無) 浜中
8枠16番 タガノグランパ(牡3、栗東・松田博) 菱田
8枠17番 サンレイレーザー(牡5、高橋忠) 川田

過去10年の傾向

inyofu 実績馬が優勢!
過去10年のマイルチャンピオンシップで3着以内となった日本馬28頭中22頭は、JRAのGI・JpnI において3着以内に入った経験のある馬だった。一方、その経験がなかった馬は3着内率8.2%とやや苦戦している。また、同じく過去10年のマイルチャンピオンシップで3着以内に入った日本馬28頭中24頭は、同年のJRAの重賞で優勝経験のあった馬だ。なお、2009年と2011年に3着となった外国調教馬のサプレザも、それぞれ同年にサンチャリオットステークス(英G1)を制していた。基本的にはGI・JpnI や同年の重賞で好走経験のある実績馬が強いレースと言えるだろう。
inyofu 臨戦過程に注目!
過去10年のマイルチャンピオンシップで3着以内に入った日本馬28頭中22頭は、前走で「JRAのGI・JpnⅠ、GII・JpnII」に出走していた馬だった。一方、前走が「その他のレース」だった馬は3着内率9.5%とやや苦戦している。
inyofu 内枠が優勢!
過去10年の優勝馬10頭中8頭は「1~4枠」の馬だった。また、枠番別の連対率や3着内率を見ても「1~4枠」が「5~8枠」を大きく上回っている。このレースでは、内めの枠に入った馬が優勢となっているようだ。
inyofu △6~9番人気
(0-0-1-29)
×単勝100倍以上
(0-0-0-18)
×牝馬で当日6番人気以下
(0-0-0-20)
×前走天皇賞秋だった馬で当日6番人気以下
(0-0-0-11)
△前走10着以下
(0-0-1-35)
△前走着差1.0秒以上負け
(0-0-1-28)
×前走10番人気以下且つ当日5番人気以下
(0-0-0-32)
×間隔2週以内
(0-0-0-6)
×間隔10週以上
(0-0-0-8)

過去5年京都外回り1600mの騎手別成績

inyofu 岩田康誠(13-10-9-46) 46.7% 29.5% 41.0%
武豊  (11-8-3-39) 18.0% 31.1% 36.1%
浜中俊 (11-5-6-60) 13.4% 19.5% 26.8%
和田竜二(10-10-10-65)10.5% 21.1% 31.6%
福永祐一(8-12-11-50) 9.9% 24.7% 38.3%

小牧太 (7-4-7-59)  9.1% 14.3% 23.4%
池添謙一(6-11-2-45)  9.4% 26.6% 29.7%
川田将雅(5-6-7-61)  6.3% 13.9% 22.8%
ルメール(4-3-2-23)  12.5% 21.9% 28.1%
秋山真一(2-1-3-58)  3.1% 4.7% 9.4%

ビュイッ(1-0-0-4)  20.0% 20.0% 20.0%
田辺裕信(0-2-0-3)   0.0% 40.0% 40.0%
蛯名正義(0-1-2-2)   0.0% 20.0% 60.0%
三浦皇成(0-1-0-8)   0.0% 11.1% 11.1%
ブドー (0-0-0-1)   0.0% 0.0% 0.0%

ムーア (0-0-0-4)   0.0% 0.0% 0.0%
田中勝春(0-0-0-7)   0.0% 0.0% 0.0%
菱田裕二(0-0-0-10)   0.0% 0.0% 0.0%

前年以上のものがある トーセンラー

inyofu 昨年のマイルCSでは後方待機から最後の直線だけうまく外に出し、上がり3ハロン33秒3の瞬発力で突き抜けて優勝。待望のG1初制覇を飾った。マイル戦が初めてだったこともあり、位置取りは後ろになったが、それを京都適性でカバーした印象。過去、マイルCS連覇を果たした馬が5頭おり、昨年同様の力を出すことができれば本馬にも可能性があるだろう。京都大賞典3着からのステップは昨年と同じ。今年は58キロを背負っていた分、内容的も前年と同等かそれ以上のものがある。今回もいい状態で臨めそう。
今秋の始動戦に選択した京都大賞典は3着だったが、昨年秋にマイルチャンピオンシップで待望のGI初制覇を飾った時と同じ臨戦過程で着順も同じ。武豊騎手自身も未知の領域である同一GI3年連続連覇がかかっている。

期待の一頭 グランデッツァ

inyofu 京都は一戦ですが、その一線の都大路Sは復活の圧勝劇。 アグネスタキオン産駒で、 先行しつつもいい脚を持っているタイプですから京都は得意と言えるはず。 前走は毎日王冠でややキレ負けの5着。 -12kgでしたから、状態が整っていなかったと考えると評価できる内容。 期待の一頭です。
前走の毎日王冠で5着に敗れたが、勝ち馬のとのタイム差は0秒3。約2か月半の休み明けながら、馬体重はマイナス12kgと大幅な減少が響いた印象。潜在能力の高さは今回のメンバーの中でも引けを取らないので、良馬場で速い時計での決着になれば、勝ち負けに加わってくるだろう。

好勝負になって良いはず ワールドエース

inyofu もう少しましな騎手に出会えていればとっくにクラシックを勝っていたくらい能力は高い。前走はやや負け過ぎの印象もあるが、展開や枠順などを考えれば見直しの余地もあるか。13着といっても勝ち馬とは0.6秒差だった。能力的にはこのメンバーでもトップクラスのものがあるし、ブドー騎手の腕も込みで好勝負になって良いはず。
前走の毎日王冠は13着と大敗を喫したが、約4か月の休み明けに加えて、東京コースも合わなかった印象。これまでに左回りコースは4戦して結果が出ていないのに対して、右回りコースでは連対率100%の好成績。2012年のきさらぎ賞、読売マイラーズCと、重賞で2戦2勝と負けなしの京都外回りコースなら、巻き返しは可能なはず。

人気を落として狙い目 ダノンシャーク

inyofu 今年の安田記念でも4着に詰め寄り 去年はマイルチャンンピオンシップ、安田記念で3着に好走するなど 粘り強い競馬を大舞台で見せてくれいる1頭だと思います。 前走は、展開に恵まれず7着と敗れましたが その分人気を落とす今回は狙い目となるかもしれません。
前走の富士Sで7着に敗退したが、勝ち馬とのタイム差は僅かで、早めに先頭に立って後続馬の目標になった展開も響いた印象だ。GIで何度も上位争いを演じてきた実力は、今回のメンバーの中でも上位の存在だ。

軸としてはもってこい クラレント

inyofu この夏は一皮むけた印象で、関屋記念、京成杯AHを連勝。 安定して好位で競馬ができるので、軸としてはもってこいの馬です。 正直、キレる脚はなく、京都の相性はいいとは思えませんが、 これは展開次第。 ミッキーアイルが他の馬に押し出されて厳しいペースになれば、 この馬にもチャンスが見えてきそうです。
前々走の関屋記念に続き、前走の京成杯オータムハンデを制して今年のサマーマイルシリーズのチャンピオンに輝いたクラレント。重賞は6勝中5勝がマイル重賞で、現役を代表するマイル巧者と言える。残りはGIタイトルのみだ。

重賞を勝つ力がないわけではない フィエロ

inyofu 重賞制覇こそないが前走のスワンステークスでは休み明けで距離短縮の1400mでもよく対応しての3着と思わせるし、猛時計の決着になったマイラーズカップでも2着しているように重賞を勝つ力がないわけではない。 新春ステークスでは前日の京都金杯と遜色ない決着時計だった。先週の京都競馬でも時計は早かったのでそれはこの馬にはプラスになるのではないだろうか。
前走のスワンSで重賞未勝利ながら2番人気の高い支持を受けて3着に敗れたが、勝ち馬ミッキーアイルとは僅か0秒1差。上がり3ハロンは出走馬中最速タイムをマークと力は示したが、1400mのレースはこの馬には少し忙しかったようだ。4勝をマークしているマイルへの距離延長はプラス材料と言えるだろう。

みんなの予想

予想TV!馬キュン!

inyofu 今週のテーマは「マイルCS」です。昨年の覇者トーセンラーか、NHKマイルCの勝ち馬ミッキーアイルか、それとも流行りの“重賞未勝利馬”か……UMAJIN岡井やアンタッチャブル柴田さんらが下した結論とは!? もちろん現場関係者直送ネタ「馬キュンカード」も公開されていますので、お見逃しのないように!

覆面馬主のお二人!今週の予想は?

まずは2号の予想から!
inyofu ◎フィエロ!

という結論になりました。

◎フィエロ
〇トーセンラー
▲クラレント
☆ダノンシャーク
△ロゴタイプ
△エキストラエンド
△ミッキーアイル
穴グランデッツァ
inyofu 買い方は、

◎〇の馬連・ワイド各1点を大本線に、◎から▲以下の馬連。

3連単フォーメーションで

1着 ◎〇
2着 ◎〇▲☆△△△
3着 ◎〇▲☆△△△穴

の72点を押さえます。

2号のマイルCSの見解は以上です!
続いて1号の予想!
inyofu ◎グランデッツァ
〇クラレント
▲トーセンラー
☆グランプリボス
△フィエロ
△ミッキーアイル
△ロゴタイプ
△タガノグランパ

グランデッツァの最適距離は、マイルではないか、と思ってます。その上で、内枠を引けたので、ここは、間違いなくいい勝負かと思います。 馬券は、グランデッツァ軸一頭の相手は印に三連複。それと、馬単。

天皇賞(春)フェノーメノ、ヴィクトリアマイルはヴィルシーナ、宝塚記念ゴールドシップと続くように今年は連覇が多い年。そうなると不安材料がほとんどないトーセンラー中心の馬券を考えざるをない。うまきゅれ班も当然軸の1頭だ。ミッキーアイルもスムーズに逃げれれば、勝ってもおかしくないので2頭軸から人気薄の内枠を入れ配当に期待したいところだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line