TOP > エンタメ・雑学 > 2014年11月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2014年11月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2014年11月4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
今週は、香港に旅立った【ハナズゴール】のレース結果や怪我をおったジョッキーのニュースを中心に競馬界で起きた様々なニュースをまとめてみた!
馬キュレ 

GII【ジョッキークラブマイル】惨敗!【ハナズゴール】

inyofu 11月23日(現地時間)、香港のシャティン競馬場で開催されたジョッキークラブマイル(GII、芝1600m)に出走したハナズゴール(牝5、美浦・加藤和)は後方から進んだが10頭立ての9着に終わった。勝ったのはエイブルフレンド(セ5、香・J.ムーア)。
inyofu 加藤和宏調教師は「結果は残念でしたが、到着して1週間後のレースであったこともあり、使いつつ良くなる馬なので、次のレースで良くなることを期待しています。3週間後は万全な状態で臨みたいです」と、JRAを通じてコメントしている。
香港に遠征した【ハナズゴール】の初戦、GII【ジョッキークラブマイル】だが、末脚不発で9着に終わった。やはり、遠征初戦は調整が難しいようだ。3週間後の本番GI【香港マイル】では好走を期待したい。

【ルメール騎手】が落馬事故で骨折!

inyofu 11月24日、京都競馬第12R・3歳上500万下においてファーガソン(牡3、栗東・松田国)が最後の直線で急に内側に逃避し、内柵に激突し転倒、落馬となった。ファーガソンは右副手根骨複骨折、騎乗していたクリストフ・ルメール騎手(35、仏)は右脛骨骨折、右第5指骨折の疑い、切創、および右上腕擦過傷と診断された。
ラチに激突するという衝撃的な落馬事故が起こった。【ルメール騎手】は1週間後のGI【ジャパンカップ】で【フェノーメノ】への騎乗が予定されていたが、この負傷により騎乗は事実上不可能となった。

【勝浦騎手】は落馬負傷のため乗り替わり

inyofu 11月23日、東京競馬第3R・2歳未勝利に出走したエースオブエース(牡2、美浦・小笠)は疾病を発症したため、最後の直線コースで競走を中止。同馬は右第3中手骨開放骨折(予後不良)と診断され、騎乗していた勝浦正樹騎手(36、美浦・フリー)は頭部打撲、脳震盪により府中市内の病院へ搬送されている。この負傷により、23日騎乗予定だった計7鞍が乗り替わりとなり、24日に東京競馬場で予定されていた以下5鞍の騎乗も取りやめ、乗り替わることになった。
【後藤騎手】が復帰したのもつかの間、今度は【勝浦騎手】と【ルメール騎手】が怪我で戦線を離脱する。1日も早い復帰を願いたい。

GIII【福島記念】を連覇した【ダイワファルコン】が引退

inyofu 2012年、2013年と福島記念(GIII、芝2000m)を連覇したダイワファルコン(牡7、美浦・上原)が11月20日付で競走馬登録を抹消となったことがJRAより発表された。現役引退となり、今後は茨城県稲敷市のユタカファームで乗馬となる予定とのこと。
【ダイワファルコン】ラストラン!GIII【福島記念】
http://youtu.be/1Irv26YC7jI
2009年11月にデビューし、GI【皐月賞】では勝ち馬【ヴィクトワールピサ】に0秒5差の8着に入った【ダイワファルコン】が引退を表明した。初の重賞制覇となったGIII【福島記念】をラストランに選び、3連覇を狙ったが16着に終わっていた。

2014年11月4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。 
今週は、落馬事故が目立った1週間だったと言えよう。11月23日は【勝浦正樹騎手】が、11月24日には【ルメール騎手】が、落馬による怪我のため戦線を離脱している。特に【ルメール騎手】は衝撃的な落馬をし、命に別状は無いものの、その後の動向が気にかかる。今週末に行われるGI【ジャパンカップ】では【フェノーメノ】に騎乗予定だったが、おそらく騎乗は絶望で、乗り換え騎手はいまだ発表されていない。怪我が絶えない騎手という仕事だが、両騎手のいち早い復帰を願いたいものだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line