TOP > レース > 【ジャパンカップ】過去のレースをプレイバック!
レース

【ジャパンカップ】過去のレースをプレイバック!

国内最高賞金を誇るジャパンカップ。外国馬VS日本馬はもちろん、国内最強馬を決めるにふさわしい一戦。そんなビッグレースを過去のレース動画や当時の背景とともに振り返る。
馬キュレ

2014年 乗り替わりでつかんだタイトル!エピファネイア

3連覇のかかる牝馬ジェンティルドンナ、凱旋門賞で上がり最速の6着だった3歳牝馬ハープスターの牝馬2頭が人気を集めた。続いて世界一のレーティングを与えられていたジャスタウェイは距離の不安もあり3番人気にとどまり、以下エピファネイア、イスラボニータ、スピルバーグ、デニムアンドルビー、ワンアンドオンリー、フェノーメノとかなりの好メンバーが集った。結果は折り合い難で思う存分に結果を出せていなかったエピファネイアがスミヨン騎手に乗り替わり圧勝。2着のジャスタウェイ、福永騎手はそれまでエピファネイアの主戦だったため悔しい結果となった。3着には天皇賞秋馬スピルバーグが入り、ジェンティルドンナは4着に敗れた。
動画を見る

2013年 史上初の連覇!ジェンティルドンナ

前年のジャパンカップではオルフェーヴルを破って3歳牝馬ながら頂点に輝いたが、この年はドバイ2着、宝塚記念3着、天皇賞秋2着と勝ちきれないでいたが、2.1倍の1番人気に推され見事人気に応え連覇達成。 2着には同じく牝馬のデニムアンドルビーが3歳ながら善戦。3着には11番人気トーセンジョーダンが入った。2番人気のゴールドシップは東京の高速馬場に泣き15着に破れた。
動画を見る

2012年 三冠馬VS三冠牝馬!ジェンティルドンナ

この年の目玉は凱旋門賞で2着に好走したオルフェーヴルの凱旋レースということであった。鞍上は再び池添騎手に戻り2.0倍の1番人気。2番人気は天皇賞秋3着のルーラーシップ。そして3番人気に3歳牝馬3冠を達成したジェンティルドンナが推された。最後の直線では牡馬3冠馬オルフェーヴルと牝馬3冠馬ジェンティルドンナのデッドヒートがゴールまで続いた。最後はわずかにジェンティルドンナが先着。狭いところをジェンティルドンナ岩田騎手がこじ開ける展開で、それが審議の対象となり議論を醸した。また3着にもルーラーシップが入り、1~3着馬全てが同一馬主という結果になった。
動画を見る

2011年 昨年の雪辱!ブエナビスタ

5歳牝馬ブエナビスタがついにその栄冠を手にした。前年のジャパンカップでは1位入線も進路妨害で2位降着。そしてこの年から鞍上には岩田騎手が迎えられたが、ヴィクトリアマイル2着、宝塚記念2着、天皇賞秋4着と歯がゆい競馬が続き、「もうブエナは終わった」と囁かれていた。そしてこの年はドイツの3歳牝馬にして凱旋門賞を制したデインドリームが来日し、ブエナビスタは初めて1番人気の座を譲った。しかしブエナビスタは終わっていなかった。内で我慢して最後の直線で先に抜け出したトーセンジョーダンを競り落とし優勝。ゴール後岩田騎手は渾身のガッツポーズと雄叫びをあげた。
動画を見る

2010年 まさかの降着!ローズキングダム

この年は、前走の天皇賞秋で休み明けながら並み居る牡馬を子供扱いしたブエナビスタが1.9倍の断然人気に推されていた。そして凱旋門賞で2着に健闘したナカヤマフェスタも出走し、2番人気。天皇賞秋で剛脚を見せ2着になったペルーサが3番人気。そして同じく3歳馬のローズキングダムが菊花賞2着からの臨戦過程で4番人気となった。レースでは予想通りブエナビスタが圧勝をおさめるも長い審議の結果、直線でローズキングダムの進路を妨害したということで2位へ降着へ。そして2着だったローズキングダムが1位繰り上がりとなった。武豊騎手はこの繰り上がりにより、デビューから23年連続JRAのGⅠ勝利記録をつないだ。
動画を見る

2009年 3度目の挑戦!ウオッカ

5歳となったウオッカはこの年度での引退を表明しており、これが最後のジャパンカップ挑戦となった。3歳時に4着、4歳時に3着と惜しいレースが続いており、一方で1600mでは強い競馬を見せており、距離が長いのではないかという声が聞かれた。さらに牝馬ということで、牡馬と違い種馬としての評判をあげる必要はそこまでなく、オーナーのウオッカにジャパンカップを勝たせてあげたいという思いがこの3度の挑戦に結びつけた。しかし前年ダイワスカーレットとの大接戦を制した天皇賞秋でも、この年は3着に敗れており、もうウオッカは終わったと言われていたが、陣営はここで、鞍上を武豊からルメールにスイッチ。異例の乗り代わりで挑んだジャパンカップとなった。2番人気には菊花賞馬オウケンブルースリ、他にもBC馬コンデュイット、ブエナビスタと死闘を繰り広げた3歳牝馬レッドディザイアなどが顔を揃えた。
そんな混戦を制したのはウオッカであった。後方一気のイメージから一変。先行策から抜け出すと、最後の力を振り絞り1着でゴールを駆け抜けた。
動画を見る


「世界に通用する強い馬作り」を目標に掲げ、それを試す場としてできたジャパンカップ。その2億5000万円という高額な賞金にふさわしく、世界、日本のトップホースが集結する。過去に制した名馬たちのあとを継ぐのはどの馬か。今年は3連覇の偉業に挑むジェンティルドンナ、世界1位の評価ジャスタウェイ、ダービー馬ワンアンドオンリー、凱旋門賞でも驚異の追い込みを見せたハープスターなど役者はそろった。今年の最強はどの馬か。目が離せない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line