TOP > 競走馬 > 史上最強のサラブレッドはなんだ?【国内編】
競走馬

史上最強のサラブレッドはなんだ?【国内編】

無敗の三冠馬や、年間無敗、驚異のレコード勝ちを修めた馬など、最強馬に関する議論は尽きない。今回はファンに史上最強と称えられた競走馬をまとめてみた。
競馬場

ディープインパクト

無敗で三冠を制し、GIを7勝した。
inyofu ディープインパクト(英: Deep Impact、2002年(平成14年)3月25日 - )は日本の元競走馬、種牡馬。史上6頭目の中央競馬クラシック三冠馬(史上2頭目の無敗での三冠馬)である。2005年(平成17年)、2006年(平成18年)JRA賞年度代表馬、2005年(平成17年)JRA賞最優秀3歳牡馬、2006年(平成18年)JRA賞最優秀4歳以上牡馬。 2008年(平成20年)には顕彰馬に選出された。
動画を見る

サイレンススズカ

大逃げという脚質で多くのファンを興奮させ、夢を与えた悲劇の馬。
inyofu サイレンススズカ(Silence Suzuka、香港表記:無聲鈴鹿)は日本の競走馬。おもな勝ち鞍は1998年の宝塚記念。同年6連勝で臨んだ天皇賞(秋)において故障を発生し、予後不良と診断され安楽死処分された。大逃げというレーススタイルで注目された馬である。
動画を見る
動画を見る

オルフェーヴル

凱旋門賞2年連続2着など国内だけでなく、海外でも活躍した三冠馬だ。
inyofu オルフェーヴル (Orfevre)[4]は日本の競走馬。 中央競馬史上7頭目のクラシック三冠馬。おもな勝ち鞍は皐月賞、東京優駿、菊花賞(2011年)、宝塚記念(2012年)、有馬記念(2011年、2013年)、馬名はフランス語で「金細工師」[4](仏:Orfèvre)。
動画を見る
現代の日本競馬で史上最強馬を決めることは難しい。今回紹介した、ディープインパクト、サイレンススズカ、オルフェーヴルだけにかぎらず、ナリタブライアンやテイエムオペラオーなども最強馬と取り上げられることもある。しかし、それらの馬に共通することは誰もが目を疑うほどの走りを見せ付けている。今後もそんなファンの心を魅了するような馬が現れるのだろうか。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line