TOP > 予想/馬券 > 【2014年ジャパンC】国内最高峰の舞台でも穴馬の出番あり!
予想/馬券

【2014年ジャパンC】国内最高峰の舞台でも穴馬の出番あり!

GIを制している強豪馬を迎え、さらにはGIホースが集まるという最高のメンバーで行われる今年のジャパンカップ。抜けた実力馬がいないため、わずかな条件の違いで大逆転も!?穴で買える条件は?まとめてみた。
馬キュレ

やはり内枠!

ダービーで1枠が激走しているように、穴は内枠にあり!14番人気ジャガーメイル3着、5番人気アドマイヤムーン1着など、ラチ沿いをロスなく回った馬の台頭が目立つ。

グレイソヴリン系が大穴!

過去に穴をあけた11番人気トーセンジョーダン、14番人気ジャガーメイルなどは父ジャングルポケットで、それを筆頭にこれらハーツクライ、タニノギムレットなどのグレイソヴリン系は複勝率27.3%、複勝回収率170%と穴でおさえておきたい。
母父タマモクロスはグレイソヴリン系。今年になってGⅠレースでも好走しているだけに穴で一考。

上がり5位以内の馬が大活躍!

前走で上がり6位以下だった馬は(3.3.4.96)で複勝率9.4%で単複回収率も26%。対して前走で上がり5位以内だった馬は(7.7.6.40)で複勝率33.3%、単複回収率も105%と優秀だ。
今年該当するのはエピファネイア、スピルバーグ、デニムアンドルビー、ヒットザターゲットの4頭のみだ。特にデニムアンドルビーは昨年も2着に好走しておりフロックではない。

穴で外国馬は!?

今年はアイルランドのトレーディングレザーが穴馬候補で、レコードだった昨年のキングジョージでノヴェリストの2着に好走。馬主はかつてファンタスティックライトを送り込み3着だった世界のゴドルフィンだけに注意が必要だ。


今年は例年になく豪華メンバーで行われるジャパンカップ。さらに今年は前走が海外だった馬も多く難しいが、過去のデータ的に、内枠有利、グレイソヴリン系の血統、前走で上がり5位以内の脚を使っていた馬など、狙いは絞れてくる。ヒットザターゲット、デニムアンドルビー、トレーディングレザーは大穴候補として面白い存在かもしれない。


↓東京芝2400mのコース分析はこちら↓

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line