TOP > 地方競馬 > 水沢の姫を決めろ! 2014年【プリンセスカップ】
地方競馬

水沢の姫を決めろ! 2014年【プリンセスカップ】

GRANDAME-JAPAN2014、2歳シーズン第5弾であるプリンセスカップの主役はネガティヴか?それに待ったをかける実力馬達との熾烈な争いに期待したい。
馬キュレ

枠順確定

inyofu 1 コウギョウタイム 牝2 54.0 坂口裕一 菅原右吉
2 フロムミートゥユー 牝2 54.0 村上忍 桜田康二
3 ユヅルノオンガエシ 牝2 54.0 吉原寛人 田中淳司
4 ラブディーバ 牝2 54.0 高松亮 菅原勲
5 コウギョウポケット 牝2 54.0 陶文峰 菅原右吉
6 ランデックハナコ 牝2 54.0 斉藤雄一 桜田浩樹
7 トーホクフェアリー 牝2 54.0 関本淳 桜田浩三
8 パシコペンネッタ 牝2 54.0 菅原俊吏 広森久雄
9 ネイチャークルーズ 牝2 54.0 佐藤友則 笹野博司
10 ティープリーズ 牝2 54.0 尾島徹 笹野博司
11 ミラクルフラワー 牝2 54.0 松井伸也 斉藤正弘
12 ネガティヴ 牝2 54.0 井上俊彦 鈴木義久

過去の傾向

inyofu 過去5年の結果からデータをみていく(2011年以前は岩手所属馬限定戦)。連対馬はすべて単勝4番人気以内で、3着内馬は5番人気以内だが、単勝1番人気馬は2勝のみで2着と3着がゼロとなっている。2走前までに勝利していた馬が1頭以上連対。通算の勝率が3割以下の馬が好成績を残している。地方全国交流となった最近2年は、キャリア6戦以下の馬と8戦以上の馬とで決着している。
毎回単勝4番人気以内が連対しているので固めのレースではあるが1番人気が好調とも言えないので注意が必要。

主役の器十分【ネガティヴ】

inyofu ◎ ネガティヴ(川崎)…ローレル賞4着は馬体減りが響いたか。なんと言っても素質馬そろったエーデルワイス賞3着の成績はここに入れば一歩リード。大外枠を苦にしなければあっさり。
inyofu ネガティヴは川崎・鈴木厩舎への移籍初戦だが、 エーデルワイス賞3着、ローレル賞4着なら、 十分に主役を務められる。
inyofu ◎12 ネガティヴ(川崎・鈴木義久厩舎)は芝1600メートル・ジュニアグランプリ(3着)に続いて2度目の岩手参戦。またエーデルワイス賞JpnIIIでも見せ場を作って3着に粘りました。その後、川崎のローレル賞4着。常に強豪相手に善戦を続けてきました。前走、馬体重が大幅に減っていたのが気になりますが、回復方向とのこと。仮にプリンセスカップを制すれば15ポイント加算され、トップのジュエルクイーンと同じ30ポイント。その意味でもネガティヴには重要な一戦となりました。
参考レース エーデルワイス賞

実績で一歩リードしているネガティヴは今回のレースの主役になる器は十分にある。あとは転厩初戦であることと大外枠であることが不安要素ではあるが問題ないだろう。

抜群の安定感【ユヅルノオンガエシ】

inyofu ○ ユヅルノオンガエシ(北海道)…前走はエーデルワイス賞の好走組も出走のなかで直線並ぶ間もなく突き抜けた。上昇度ならここで一番と言えそう。再度、吉原騎手が手綱を取るのは心強い材料に。
inyofu ユヅルノオンガエシは8戦7連対と堅実。 前走の重賞は若干メンバーに恵まれたが スピードは魅力で引き続き注目。
inyofu ○3 ユヅルノオンガエシ(北海道・田中淳司厩舎)は着外に沈んだのは3カ月の休養明けのデビュー2戦目のみ。ほかはオール連対と抜群の安定感を誇っています。前走、牝馬重賞・ブロッサムカップを快勝し、弾みがついたのは間違いありません。
参考レース ブロッサムカップ

8戦7連対の抜群の安定感はかなりの強みであるユヅルノオンガエシ。スピードを活かしてブロッサムカップに続き今回も期待。

知床賞1着【ミラクルフラワー】

inyofu ▲ ミラクルフラワー(北海道)…ローレル賞8着でも果敢に攻めた内容は悪くなく、長距離輸送をこなして馬体増加は成長の表れ。知床賞を制したスピードは記憶に新しく、巻き返してくるだろう。
inyofu ミラクルフラワーは2走前に盛岡で重賞初制覇も メンバーは楽だった。ただコースは向きそう。
inyofu ▲11 ミラクルフラワー(北海道・齊藤正弘厩舎)は北海道、岩手の交流・知床賞を驚異のタイムで完勝。脚質から小回り水沢は望むところでしょう。
参考レース 知床賞

知床賞での驚異的なタイムでの勝利はかなりいい印象のミラクルフラワー。小回りの水沢の相性も良く外せない存在。

グランダムジャパン、重要な一戦

世代別牝馬重賞シリーズ、グランダム・ジャパンの2歳シーズン第5戦である今回はネガティヴがしっかりとポイントをとりにきたと見るとネガティヴに期待したい流れである。それに対するユヅルノオンガエシやミラクルフラワー等の強豪がどう出るか。メンバー最多の4勝馬ティープリーズも要チェックである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line