TOP > 地方競馬 > 今年のクイーンはこの馬だ!2014年【クイーン賞】
地方競馬

今年のクイーンはこの馬だ!2014年【クイーン賞】

2014年12月3日(水)船橋競馬場で行われる今年で60回目の伝統の一戦、牝馬GDRでは唯一の牝馬限定戦のクイーン賞。例年1番人気が強いが今回もそうなのだろうか?気になる人気馬はどの馬か。
馬キュレ

枠順確定

inyofu 1 エイシンルンディー 牝4 51.0 花本正三 伊藤強一
2 トウホクビジン 牝8 51.0 中野省吾 笹野博司
3 シラヤマヒメ 牝5 51.0 坂井英光 鷹見浩
4 カチューシャ 牝5 55.0 岩田康誠 角田晃一
5 ブルーチッパー 牝4 54.0 幸英明 藤岡健一
6 クロスオーバー 牝3 51.0 小杉亮 別府真司
7 トロワボヌール 牝4 55.0 戸崎圭太 畠山吉宏
8 エミーズパラダイス 牝5 52.0 本橋孝太 川島正一
9 ボーラトウショウ 牝4 51.0 川島正太 雑賀正光
10 タッチデュール 牝5 51.0 横川怜央 笹野博司
11 レッドクラウディア 牝5 53.0 森泰斗 荒山勝徳
12 アスカリーブル 牝5 52.0 今野忠成 出川克己
13 アクティビューティ 牝7 56.0 内田博幸 柴田光陽
14 ゴールドソレイユ 牝3 51.0 東川公則 山中輝久

過去の傾向

inyofu 昨年は1番人気のアクティビューティが優勝。過去10年の1番人気馬の成績は【4.4.1.1】で、連対率80%・複勝率90%と高い。地方勢は09年ユキチャン(川崎)、11年クラーベセクレタ(船橋)の2勝だが、09年には上位3着までを独占した。また、近5年は伏兵馬の台頭が目立ち、09年パノラマビューティ(10番人気)、10年トウホクビジン(10番人気)、12年アドマイヤインディ(12番人気)と二ケタ人気の地方馬が3着に激走している。昨年も7番人気のサクラサクラサクラが逃げて2着と好走。前走レース別では近3年続けてJBCレディスクラシックJpnI組が3着以内に好走している。
1番人気の信頼の高さは特徴的である。近5年の伏兵の活躍が印象的なので3着馬の予想が鍵となる。

ダートの信頼感抜群【トロワボヌール】

inyofu トロワボヌールはダート【4-3-0-0】。4走前の三浦特別をレコードタイムで快勝している。前走は初のダートグレード競走出走となるJBCレディスクラシックに挑戦し、いきなりJpn1でワイルドフラッパーに先着の2着。上がり最速36秒3。初載冠はもう目前だ。南関東を良く知る鞍上は心強い。
inyofu トロワボヌールはダートで連を外していない。 JBCレディスクラシックで2着。 勝ち馬のいないここなら中心。
inyofu JBCレディスクラシックでは、最後追い込んでサンビスタを 脅かす場面があり、成長したところを見せています。 母はチューニーという良血馬ですので、このクラスなら 勝ち切ってくれるでしょう。
参考レース JBCレディスクラシック

ダートで2着以下のないトロワボヌールは今回のレースの主役候補筆頭であろう。成長も著しく期待出来る。

牝馬限定なら【カチューシャ】

inyofu カチューシャは今夏ダートグレード競走路線に参入し、スパーキングレディーカップ2着、レディスプレリュード3着。特に2走前のレディスプレリュードでは2着のサンビスタに最後交わされたが、その差はクビ差だから価値がある。前走の武蔵野ステークスは牡馬相手だけに、7着とはいえハイペースで逃げて0.9秒差なら健闘。岩田騎手との新コンビで進境見せたい。
inyofu カチューシャは前走武蔵野Sで7着も 勝ち馬からは0秒9差。 牝馬限定戦に戻れば巻き返し必至。
inyofu 前走の武蔵野ステークスでは、逃げてそこそこ見せ場を作っています。 川崎での好走経験もあり、地方の馬場も問題なくこなせますので、 高評価します。
参考レース スパーキングレディーカップ

近走勝ちは逃すも好走を見せているカチューシャ。牝馬限定戦なら可能性は大いにある。

一昨年の王者【レッドクラウディア】

inyofu レッドクラウディアはJRA所属だった一昨年の勝ち馬。当時1番人気のクラーベセクレタに4馬身の差を付け逃げ切った。3走前のしらさぎ賞勝利で復活かと思われたが、スパーキングレディーカップは勝ち馬から2秒離される6着、2番人気の前走千葉日報賞は伸びを欠き7着と調子の良さに結果が伴わない。レースの流れに乗れさえすれば。
inyofu レッドクラウディアは一昨年の勝ち馬。 当時は3歳で53kgだったが、今年も53kg。 実質的には斤量は減ったのと同じ。 前走は7着も、叩き2戦目で上積みは大きそう。
inyofu レッドクラウディア(大井)は12年のこのレースを制している。ただ、当時の状態と比較すると現状はひと息。前走も休み明けとはいえ精彩を欠いた。ひと叩きされてどこまで良化しているか。
参考レース しらさぎ賞

レッドクラウディアは一昨年の王者だが近走は生彩を欠いているか。ただレースの流れに乗りさえすれば。

今年のクイーンは!?

4走前の三浦特別をレコードタイムで快勝したトロワボヌールが主役のレースになるか!?それに待ったをかけられるかカチューシャ、そして一昨年の王者レッドクラウディア、昨年の王者アクティビューティも高齢ながら掲示板を逃さない堅実な走りに評価が高い。果たして今年のクイーンの栄冠は誰の手に!?

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line