TOP > 競走馬 > 「ローマンレジェンド」気迫のある走りで申し分なし!【2015年チャンピオンズカップ】
競走馬

「ローマンレジェンド」気迫のある走りで申し分なし!【2015年チャンピオンズカップ】

掲示板内に好走する安定力のあるローマンレジェンドだが、ここ最近は勝ち切れないレースが続いている。しかし前走のみやこSでも好位から3着に踏ん張っており、まだまだ地力は健在だ。能力をフルに発揮できれば、豪華メンバーの揃ったこの舞台で久々の勝利を挙げても不思議はない。そんなローマンレジェンドについてまとめてみた。
馬キュレ

ローマンレジェンドの血統!母の父 Awesome Again はブリーダーズCクラシックの勝ち馬!

inyofu 母の父 Awesome Again はブリーダーズCクラシック(米G1・ダ10f)の勝ち馬で、Macho Uno(ブリーダーズCジュヴェナイル)の半兄にあたる良血。Deputy Minister 系は強力なダート適性を伝えており、前出のカネヒキリも母の父が Deputy Minister です。したがってローマンレジェンドとカネヒキリは「サンデー系×Deputy Minister 系」という配合のアウトラインが共通しています。サンデー系の最大の長所は柔らかさと瞬発力ですから、その系統でダートの天下を獲るには、Deputy Minister 系のような強力なパワー血統を入れる必要があるということでしょう。
inyofu 母パーソナルレジェンドはターンバックジアラームH(米G3・ダ9f)、ステージドアベティH(米G3・ダ8.5f)の勝ち馬で、ローマンレジェンドの前にミラクルレジェンド(クイーン賞、マリーンC、JBCレディスクラシック2回)を産んでいます。ミラクルとローマンの姉弟はいずれも藤原英昭厩舎に所属し、岩田康誠騎手が主戦ジョッキーを務めています。

【2012年東京大賞典】暮れの大井で初GI制覇!

動画を見る
ローマンレジェンドのGI初制覇は大井競馬場で行われた東京大賞典である。前走のGIジャパンカップダートでは1番人気に押されるも4着に敗れてしまったので、念願のGI制覇となった。
inyofu 1着 ローマンレジェンド(岩田康誠騎手) 「今日は勝ちに来ました。直線で並ばれて、かわされるかと思ったところから、もう一度頑張ってくれました。馬にありがとうと言いたいです。勝った後に岩田コールまでして頂いて、ありがたい限りです。
inyofu (藤原英昭調教師) 「強力なメンバー相手に勝てて、嬉しいですね。ジャパンカップダートが残念な結果でしたが、ここに向けてスタッフ一丸になってやってきましたし、自信を持って送り出しました。(馬体重がマイナス13キロだったことについて)馬体重がある程度減ることは予想していましたが、その中で勝てたことが大きいと思います。来年は、今年勝てなかったジャパンカップダートを勝ちに行くことを最大目標にしていきたいと思います」

【2014年エルムS】久々の復活勝利!

動画を見る
骨折による休養を経て7か月ぶりの実戦となったローマンレジェンド。好位から競馬を進め、抜群の手応えで直線へ。最後はクリノスターオーとの激しい追い比べを制し、約1年7か月ぶりの勝利となった。
inyofu 1着 ローマンレジェンド 岩田康誠騎手 「調教の段階から復活の手応えはありましたが、見事に復活してくれました。ここを目標に、厩舎一丸となってやってきたことが実を結びました。この馬にとっては大きな勝利、大きなアタマ差だと思います」

【みやこS】タイム差無しの3着と健闘!

動画を見る
約5カ月半ぶりのレースとなったみやこSでは、最後の直線でロワジャルダンとの叩き合いとなる。そこに鋭く追い込んできたがカゼノコを加えた3頭の競り合いでは、わずかに2頭に遅れての3着となった。
inyofu 3着 ローマンレジェンド(岩田騎手) 「元々一線級の馬ですから、これくらいのパフォーマンスは出来ます。この馬としては完璧なレースでしたが、1着、2着の馬にそれ以上にいいレースをされました。次に期待します」

【チャンピオンズカップ】1週前追い切り 中間もがたっと来ていないのが何より!

inyofu 1週前追い切りは岩田を背にウッド併せ馬で5ハロン66・1-38・0-11・8秒。先行する僚馬に最後はきっちり先着した。上昇ムード漂う。
inyofu 田代助手「前走(みやこS)は後ろの馬に有利なレースだったが、3着に粘って力のあるところを見せてくれた。中間もガタッときていないのが何より」

【中京ダート1800m】驚異の複勝率60%の藤原厩舎!

コース改修後の中京ダート1800mでは第2位タイの5勝を挙げている藤原厩舎。全成績は(5,5,2,8)で、複勝率は何と60%。複勝回収率も162%で、ローマンレジェンドも馬券からは外せない。

昨年のエルムS以来、長らく勝利を挙げられていないローマンレジェンド。しかし昨年のチャンピオンズカップでは3着、今年のフェブラリーSでも5着と7歳を迎えた今でも大きくは崩れてはいない。休み明けをひと叩きされ、上昇ムードの漂うローマンレジェンド。久しぶりの勝利をこのGIの大舞台で挙げたいところだ。



↓チャンピオンズカップ出走馬まとめはこちら↓
「ワンダーアキュート」衰えは感じない!走る気満々!!【チャンピオンズカップ】
「コーリンベリー」砂のスプリント女王が1800mでも軽快に逃げる!【チャンピオンズカップ】
「コパノリッキー」力強いフットワーク。去年よりパワーを感じる!【チャンピオンズカップ】
「サンビスタ」前走の疲れなし!安定した力【チャンピオンズカップ】
「ノンコノユメ」斤量が軽い分、さらに末脚が爆発する!【チャンピオンズカップ】
「ホッコータルマエ」叩いて良くなるタイプ!去年よりイイ!!【チャンピオンズカップ】
「ロワジャルダン」得意の1800m、今が充実期!【チャンピオンズカップ】
「サウンドトゥルー」前走の調子を維持!直線で末脚を炸裂させる!【チャンピオンズカップ】
「ナムラビクター」ゲート再審査も問題なし!間隔が空いても実戦タイプ【チャンピオンズカップ】



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line