TOP > エンタメ・雑学 > 当たるも八卦、当たらぬも八卦【オカルト予想】サイン理論特集
エンタメ・雑学

当たるも八卦、当たらぬも八卦【オカルト予想】サイン理論特集

競馬界では、血統や実績、適性などを基にした通常の予想とは別に、非科学的なものを根拠にしたオカルト予想というものも存在する。特に有名なオカルト予想に【サイン理論】というものがある。そこで今回は様々な【サイン理論】を取り上げてみた。
馬キュレ

【サイン理論】とは?

inyofu いわゆるタカモト式(詳しくはwikiの高本公夫さんの項目も参考に)などに代表されるサイン理論ですが現代ではちょっと面白い、真面目に予想をしている人には不謹慎(!?)にも思われることが多いのがこのサイン理論です。
始めにまったくサイン理論に触れたことがない人にごくわかりやすく説明すると、JRAの各レース結果はあらかじめ台本があって決められておりその結果を関係者がひそかに外部に発信している、その発信の軌跡を捉えていこうというのがサイン理論のおおまかな内容です。
inyofu 競馬における「サイン」の例

たとえば日本ダービーが2−5で決まったとします。
そうするとそのダービー前に流れていたCMの中でやたらと2や5に関係するものが出ていた、あれは中の人から今年のダービーは2−5で決まるという「サイン」だったのだ!と主張するようなのがサイン理論になります。
サイン理論の多くはこのようにあらかじめ決められたレース結果がなんらかの形で告知されているという前提になっています。
inyofu ついでにもうひとつ例をあげると競走馬の名前の組み合わせなどをサインと考える場合もあります。
有馬記念のプレゼンターに今年のJRA宣伝担当だった明石家さんまさんが出る。
ふと有馬の馬柱をみると8、9、10番の馬名を斜めに下って読んでみるとサ、ン、マの読みになる。
今年の有馬記念は8−9−10の馬で3着まで決まり!
などといった感じです。
「メインレースの多くはレース前から既に勝ち馬や勝利する騎手が決まっており、特定の者に主催者または競馬の神様がサインを出して教えている」という発想の下で予想を行い、馬券を購入する手法が【サイン馬券】である。人気馬では配当面でおいしくないため、基本的には穴馬を探すための手法であるが、人気馬を本命視する根拠の補強のために用いられることもしばしばある。

競馬【サイン】に繋がる項目一覧

サイン理論にはいくつか定番と言える形がある。
inyofu ほとんどが連想(口さがない人はこじつけともいいますが)をもとにしている妄想力第一の予想になっています。
inyofu 出走する競走馬名の組合せ(アナグラム)による予想
馬主の社会的立場や主としている生業から連想する予想
出走馬の関係者の冠婚葬祭にもとづいての予想
JRAがその時々に行っている宣伝や広告にあるフレーズ、映像に映り込んだ物などから予想
レース当日競馬場にゲストとして来る有名人から連想する予想
時事ネタ(社会的なニュース・事件・事故)から連想する予想
このように【サイン理論】には、いくつかの定番があり、連想ゲームに近い発想で予想をする訳である。

具体的な【サイン】

inyofu ちょっと古いですが、2001年9月11日といえば?
そうですね、米国同時多発テロがあった年です。これはあまりに有名な話しですが、その年の有馬記念ですよね。

1着マンハッタンカフェ
2着アメリカンボス
馬連486.5倍というレースです。
「たまたまでしょう?」という人が多いでしょう。そう、たまたまでもいいのです。
マンハッタンは人気の一角でしたが、サイン競馬をやっている人でないと、アメリカンボスは
なかなか買えません。
もう一度言いますが、「たまたま」でも何でもいいのです。
このレースをゲットできたのですから・・・
inyofu 2004年10月と言えば、イチロー選手がアメリカで最多安打の記録を破ったニュースが世界中を駆け巡りました。
やっぱりこんな時にもJRA様はとっておきの馬券を用意してくれていました。その週のスプリンターズステークスで、なんと結果が「馬単05→01」で決まったのです。
イチロー選手の背番号で決まった馬単は40倍!
このように、【サイン理論】で馬券を的中させた人は確かに存在する。
有名人のサイン予想としては、爆笑問題の田中裕二氏が有名である。
東京スポーツの連載【爆笑問題田中裕二の爆勝予想】において、時々世相を反映したサイン予想を披露することがあり、以下のような的中例がある。

2007年【皐月賞】では、【ヴィクトリー】と騎乗している【田中勝春】の【勝】が重なったのはサインだとして、【ヴィクトリー】に本命印を打ち、結果【皐月賞】は【ヴィクトリー】が優勝、田中裕二氏は馬連と三連単の高額配当を的中させた。

2012年に行われたロンドンオリンピックでは、閉会式中にスクリーンでジョン・レノンが『イマジン』を披露して話題となった。
田中裕二氏はこの出来事を、サイン的な形で話題として取り上げており、その直後に開催された第48回【札幌記念】では、【フミノイマージン】を本命に推し、単勝1240円と3連単10590円を的中させている。

今週末のGI【チャンピオンズカップ】のサインは、テレビCMから読み取る!?

inyofu チャンピオンズカップ2014のCMでは結婚式のスピーチ上でチャンピオンズカップの事を話してます
CMの中に登場するのは2001年ジャパンカップダートの様子
勝ち馬は武豊騎手騎乗のクロフネでした
inyofu 竹野内豊さんのCM【チャンピオンズカップ】篇から読み取れるサインを考えてみます
やっぱり気になるのはまずクロフネ
今回クロフネの子供は走りませんのでクロフネと似た戦績と馬となるとクロフネと同じ武蔵野Sを勝ったワイドバッハでしょうか?
inyofu あとは先週のジャパンカップのCMとのセットも考えてみたいですよね
ジャパンカップのCMの中で竹野内さんは
「近年では日本は世界と互角の走りを見せている」
と言ってました
でもこれっておかしいですよね?
近年は日本馬が強すぎて外国馬の出番がまったくないジャパンカップなのにわざわざ互角と言っている
互角という事は先週来なかった分今週は外国馬が来ると言ってるのではないか?
だからクロフネ
黒船ペリーの来航
アメリカのインペラティヴが気になります
【サイン理論】によると、今週末のGI【チャンピオンズカップ】では、【ワイドバッハ】と【インペラティヴ】が来る!・・・のだろうか?

オカルト的な要素も用いる【サイン理論】であるが、普通の予想と同じく、当たる時は当たり、外れるときは外れるのである。しかも、ほとんどの場合、サインを発見するのはレースが終わった後のようだ。普通の予想では分からないような、意外なかたちで決着したようなレースの場合は、特にサインに結びつけたくなるのだろう。予想を外した時に、心を慰め、納得させる為の処世術と考えれば、【サイン理論】も悪くない。ただ、【サイン理論】で的中させてるケースも確かに存在するので、極めてみるのも面白いかもしれない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line