TOP > 競走馬 > 「レッツゴードンキ」スプリンターの体形、ムダな力を出さない【高松宮記念】
競走馬

「レッツゴードンキ」スプリンターの体形、ムダな力を出さない【高松宮記念】

2016年の桜花賞馬レッツゴードンキが高松宮記念に出走する。桜花賞は鮮やかな逃げ切りで制したが、前向きな気性が仇となり桜花賞以降は精彩を欠く走りが続いた。1200mに転向してからはG3で3着2回など結果は残し、秋にはダートGIにも挑戦し2着。久しぶりのマイル戦だったターコイズSでも2着、前走の京都牝馬Sでは1着と今がまさに旬のレッツゴードンキについてまとめてみた。
レッツゴードンキ

【JBCレディスクラシック】ダートにも適性があることを証明!

ゲートの出は少し悪かったが、そこから持ち直して2番手につける。4コーナーに差し掛かったところで先頭に立つが、直線の手前でホワイトフーガに抜かされてしまう。しかし、最後まで粘り2着を確保した。
動画を見る
inyofu 2着 レッツゴードンキ(岩田康誠騎手) 「ズルッと滑るような形でスタートは良くありませんでしたが、スピードがあるので好位につけることができました。今後どこに行くかは分かりませんが、今日の結果で視野が広がったと思います。ダート向きの血統ですね」

【ターコイズS】新しいスタイルで2着に食い込む!

前半はこれまでの戦法と違い、最後方からレースを進める。4コーナーでは厳しい位置にいるように思われたが、馬群を捌いて伸びて最後は2着まで浮上した。
動画を見る
inyofu 2着 レッツゴードンキ(梅田智之調教師) 「まさか最後方から行くとは...。トップハンデでも良く捌いてくれていました。前走より今日の方が具合が良くて、よく頑張ってくれました。今後はリフレッシュ放牧に出します」

【京都牝馬S】1年10ヵ月ぶりの勝利!

前走ほどまではいかないが、中団馬群に入れるという控える競馬。鞍上の岩田騎手が少し手綱を引っ張るシーンが見られたが、持ち直して4コーナーで一気に外からまくっていき直線コースへ。大外から良く伸びて見事1年10ヵ月ぶりの勝利となった。
動画を見る
inyofu 1着 レッツゴードンキ(岩田康誠騎手) 「この馬の久しぶりの勝利だったので、嬉しく思います。今日は外が伸びる展開で、折り合いには苦労しましたが、何とか辛抱してくれました。力んでいましたが、馬の状態が良かったのでよく頑張ってくれました。だんだんと馬が充実してきたといいますか、中身が濃くなってきました。まだ荒削りですが、元気な女の子ですし、頑張ってほしいです」

【高松宮記念】追い切り 昨年よりパワフル!

inyofu レッツゴードンキ(牝5、梅田)は、坂路で4ハロン50秒4-12秒1をマークした。
inyofu 岩田騎手は「本当に元気で動きも良かった。去年と比べてパワフルになってきたし、楽しみ」と手応えを感じた様子。梅田師も「ずっと調子はいい。今日も折り合い面、全体の時計、しまいの伸びと合格点だったね」と好感触だった。

3走前ではダートをこなし、ここ2戦では差す競馬が定着して成績も安定し今が充実期と言ったところか。鞍上の岩田康誠騎手も今年はすでにもう重賞を3勝挙げており、クラシックでも有力馬に騎乗予定とこちらも充実期にある。このコンビでのGI制覇を待ち望んでいるファンは多く、是非ともその期待に応えてほしい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line