TOP > 地方競馬 > 3着馬が人気薄のパターンあり!? 2014年【ゴールドカップ】
地方競馬

3着馬が人気薄のパターンあり!? 2014年【ゴールドカップ】

2014年12月11日(木)浦和競馬場で開催されるゴールドカップはリアライズリンクスとセイントメモリーの一騎打ちになるのか!?過去の傾向やネットの予想から検証してみたい。
馬キュレ

枠順確定

inyofu 1 ケイアイヘルメス 牡6 58.0 今野忠成 佐宗応和
2 セイントメモリー 牡7 58.0 本橋孝太 月岡健二
3 デュアルスウォード 牡6 58.0 森泰斗 出川克己
4 リアライズリンクス 牡4 56.0 左海誠二 小久保智
5 ジェネラルグラント 牡4 58.0 石崎駿 出川克己
6 ソルテ 牡4 58.0 吉原寛人 寺田新太
7 トラバージョ 牡4 58.0 繁田健一 佐藤賢二
8 ミラーコロ 牡6 58.0 御神本訓 八木仁
9 サトノデートナ 牡6 58.0 矢野貴之 川島正一
10 ハードデイズナイト 牝4 56.0 山崎誠士 佐々木仁
11 インサイドザパーク 牡4 58.0 山口達弥 林正人
12 ナイキマドリード 牡8 58.0 川島正太 川島正一

過去の傾向

inyofu 単勝の平均配当は440円。1人気も【4-1-0-1】とかなり優秀な成績。オッズ別なら1倍台の馬は連対率100%、4倍未満だと【5-2-1-2】 上位人気に支持された馬は堅実ですね。2-3着にはたまに人気薄の馬が絡んでます。
inyofu 58㌔の馬が◎ 人気薄で2-3着に絡んできた馬も全て58㌔の馬。
inyofu 前目の馬が中心で差しはなかなか決まっていません。第3コーナーで3番手以内→四角1位で押し切りというパターンがかなり多く見られます。
人気の馬が順当に来ることが多いのであまり荒れないレースである。58㎏の馬が調子がいいのが特徴的である。前目の馬が吉。

完全開花の【リアライズリンクス】

inyofu リアライズリンクスは3歳時から素質を垣間みせていたが、4歳になって完全開花。半年ぶりの実戦となった5浦和で千四1分25秒6という超抜タイムで駆け抜けると、6、8、10浦和A2下特別を3連勝。8浦和は同開催オーバルスプリントで地方最先着(4着)、トーセンアレスのタイムを0秒1上回り、2着マイネエレーナ(この後埼玉栄冠賞)以下に余裕を持っての逃げ切り勝ち、前走このゴールドCのトライアル戦でも千五1分33秒8のタイムで楽勝なのだから恐れ入る。昨年戸塚記念以来、古馬になってからは初の重賞挑戦といっても、スピード面で上回っている印象で、ここも自分の型ならあっさり通過となりそう。
inyofu 連下は、リアライズリンクス。 5連勝中ですし、侮れません。
inyofu 本命◎は逃げるリアライズリンクス 重賞実績はありませんが2走前に千切ったマイネエレーナがその後に埼玉新聞栄冠賞で9馬身差圧勝。時計面の裏付けもありますし、見劣る事は無い筈。コッチを本命に。
重賞の実績は無いが4歳になっての走りは圧倒的であり今回のレースも大いに期待が出来るリアライズリンクス。時計面の裏付けもあり今回も圧勝で6連勝なるか!?

実績一番【セイントメモリー】

inyofu 対するセイントメモリーは前走マイルグランプリで重賞5勝目。交流Gを勝った昨年時の勢いはないにしても、南関東限定の重賞なら今年3、1、1着と一枚上の地力があることは証明している。マイルグランプリでは59キロを背負っての勝利だけに、ごく普通に考えて58キロの斤量減は有利。追い切りも馬なりで好タイムをマークしており、デキに不安はなさそう。リアライズリンクスの挑戦を正攻法で受けて立つ立場だ。
inyofu セイントメモリーは浦和で3戦①⑥⑥着も 全てダートグレードだけに価値は高い。 枠も良く、人気でも中心に。
inyofu 相手は〇セイントメモリー 58㌔なら崩れる事は無い筈。
重賞5勝の実績はメンバーの中で一枚上手。昨年の勢いは無いにしてもここは大きく崩れることは無いだろう。また58㎏という斤量もプラス要素である。

9馬身差が印象的【ソルテ】

inyofu ソルテの浦和コース1勝は3歳時ニューイヤーCをひとまくり9馬身差で印象度がかなり濃い。以降重賞2着5回など勝ち切れないもどかしさはあるが、脚質自在で安定感のある走りはみせてきた。マイルグランプリもひと息後とすれば上々の内容で、叩かれた上積み見込めば前走セイントメモリーとの0秒5差は詰まる。
inyofu ソルテは休み明けの前走で前走4着。 上積みが見込め、好走必至。 浦和はニューイヤーカップで9馬身差圧勝がある。
inyofu 単穴は、ソルテ。 対戦比較上は上位ですし、休み明けの前走も好内容。
参考レース 2013年ニューイヤーカップ

浦和でのニューイヤーカップで9馬身差圧勝が印象深いソルテは休み明けの前走もいい内容だったので上積みが期待出来る。

新星VS古豪の行方は!?

今回のゴールドカップはやはり新星リアライズリンクスと古豪セイントメモリーの対決が見所である。ここに割って入る馬を予想出来るかが問題である。浦和で9馬身差の圧勝を見せたソルテの他にも、フジノウェーブ記念勝ち後あまり良くない結果が続くが能力は確かなジェネラルグラント、浦和で7戦5勝のミラーコロも侮れないだろう。3着争いが白熱しそうである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line