TOP > 競走馬 > 「ブライトエンブレム」馬体はスッキリ!首の張りも大丈夫!【2016年中山金杯】
競走馬

「ブライトエンブレム」馬体はスッキリ!首の張りも大丈夫!【2016年中山金杯】

2015年は弥生賞で後の日本ダービー3着のサトノクラウンに大外を回りながら1馬身半差まで詰め寄った2着、皐月賞ではダービー馬ドゥラメンテ、ダービー4着のリアルスティール、菊花賞馬のキタサンブラックに次ぐ4着と世代のトップクラスとして戦ってきたブライトエンブレム。2014年の札幌2歳S以降1年4か月勝ちがないが中山の2000mは結果を残してきた舞台。初の古馬との戦いになるが実績は劣らない。そんなブライトエンブレムについてまとめてみた。
馬キュレ

ブライトエンブレムの血統!

inyofu ブライトエンブレムは『ネオユニヴァース×ウォーエンブレム』という組み合わせ。母ブラックエンブレムは現役時代に秋華賞とフラワーCを制した。母はアワエンブレム≒ヘクタープロテクター2×2という特殊な凝縮を持っている。父ネオユニヴァースはやや鈍重なところが見られるので、母のミスタープロスペクター3×4はフィットするはず。また、父ネオユニヴァースとニックスの関係にあるマキアヴェリアンは『ミスタープロスペクター+ホイストザフラッグ』で、本馬の母の父の父アワエンブレムも同じ構成。配合的に見どころがある。」

【弥生賞】大外をまわりながらも2着に健闘!

まずまずのスタートから控えて後方で脚を溜めてレースを進める。3角から大外を回って進出すると直線では横一線での追い比べ。最後は内をついたサトノクラウンをかわせなかったが3着には2馬身半差をつけて上々の内容だった。
動画を見る
以下はレース後の田辺騎手のコメント
inyofu 2着 ブライトエンブレム(田辺裕信騎手) 「今日は折り合いに気をつけていましたが、クリアしてくれました。馬場が渋ったのもよかったです。良馬場でも時計がかかればいいと思います。4コーナーで内から寄られる不利がありましたが、最後は勝った馬と脚色が一緒でした。ただ、ゴールをすぎて1~2コーナーの感じがよかったです。賞金を加算してくれましたし、この結果は自信になります」

【皐月賞】瞬発力勝負に対応できず4着

好スタートを決めると控えて中団の内で脚を溜める。4角では内から5番手まで位置をあげると直線ではうまく外に持ち出される。しかしそこからの瞬発力勝負に対応できず4着。
動画を見る
以下はレース後の田辺騎手のコメント
inyofu 4着 ブライトエンブレム(田辺裕信騎手) 「イメージ通りの競馬で初めて内を縫って伸びてきましたが、切れ味では分が悪いです。東京なら直線が長い分、余裕を持って乗れますからね。今日はゲート内でもおとなしかったですし、折り合いもつきました。いい感じに成長していると思います」

【菊花賞】不利を受けながらも上がり2位タイを記録!

スタート後行き脚がつかず後方からレースを進める。向こう正面から3角にかけてレースが動き出すと内によって来たサトノラーゼンに前をふさがれる不利がありスピードを落としてしまう。直線でもしぶとく伸びてきたが7着まで。
動画を見る
以下はレース後の田辺騎手のコメント
inyofu 7着 ブライトエンブレム(田辺裕信騎手) 「内でリラックスして走っていました。3コーナーで不利があったのが痛かったですが、また盛り返してくれました。状態がよかったですし、最後もしっかり来てくれました。これからが楽しみです」

菊花賞後の不安はほぼ消えた!

inyofu 中山金杯で始動するブライトは、菊花賞は3角手前で前をカットされ、急ブレーキをかける不利があった。その時の影響で首に張りが出たが、丁寧なケアで解消に向かっている。「年末の追い切りでは首を気にして反応がワンテンポ遅れた。たぶん金杯には間に合いそうぐらいの感じだったけど、今朝の調教はハミ受けも良かったし安心できた」。今日3日の最終追い切りを前にして、不安はほぼ消えた。  中山2000メートルは弥生賞2着、皐月賞4着と世代トップレベルのレースで好走した舞台。「年明けから金杯を使えるのはありがたい。もちろん使うだけでなく、勝ちたい気持ちが強いですね」。初の上の世代との対戦に闘志が高まっていた。

【中山金杯】追い切り

inyofu 3日の朝は自らが騎乗して美浦Wで軽快なフットワークを披露。4F53秒4-39秒9-13秒3をマークした。既に年末(30日)に併せ馬(美浦W=4F57秒3-13秒3)を消化しており、昨年10月の菊花賞7着以来となるが、馬体はすっきりと仕上がっている。

【中山金杯】好走条件に多く合致!

過去10年の中山金杯の結果を振り返ると前走で5着以内の馬が複勝率28%と活躍しているが6着以下に敗れた馬でもGⅠに出走していた馬は複勝率25%と見劣りはしない。さらに、前走で先行していた馬の成績が悪く、馬券に絡んだ延べ30頭中24頭が前走5番手以下を追走していた馬で差し競馬になりやすい。ハンデ別の成績を見てみると過去10年で馬券に絡んだ延べ30頭中26頭は、ハンデ55kg以上で実績馬が活躍していることがわかる。

2015年は勝利こそなかったものの世代のトップクラスとしてクラシック路線を盛り上げてきた。今年からは古馬との戦いになるが持っている力を出し切れれば互角以上に渡り合える。日本ダービーを右前脚の裂蹄で回避せざるを得なかった悔しさを晴らす1年にしてもらいたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line