TOP > 競走馬 > 【2015年日本ダービー】不完全燃焼の前走の無念を晴らす! タガノエスプレッソ
競走馬

【2015年日本ダービー】不完全燃焼の前走の無念を晴らす! タガノエスプレッソ

前走の皐月賞では、勝負どころの4コーナーで致命的な不利を受けたタガノエスプレッソ。デイリー杯2歳S1着、弥生賞3着の実績があり、スムーズな走りができれば決して侮れない1頭だ。今回は巻き返すことができるか?タガノエスプレッソについてまとめてみた。
馬キュレ

【デイリー杯2歳S】しぶとく粘って重賞初V!

タガノエスプレッソは初勝利を挙げるまでに3戦を要したが、昇級初戦となったデイリー杯2歳Sではオルフェーヴルやドリームジャーニーの全弟であるアッシュゴールドにゴール前で迫られながらもしぶとく粘って重賞初制覇を挙げた。
inyofu 1着 タガノエスプレッソ 岩田康誠騎手 「道中、押し出される形で折り合いを欠きかけましたが、しっかり我慢して走ってくれました。素直でどんなレースでもできる馬です。今日は4コーナーまで無理せずレースを運んで、前は交わせると思っていました。本当に頭のいい馬です」
inyofu 五十嵐忠男調教師のコメント 「行きたがる馬をジョッキーがうまくなだめてくれて、直線では後ろから馬が来るともうひと伸びしていました。あらためて根性のある馬だと思いました。次はいろいろと調整しなくてはいけないので、ここですぐには決められませんが、一応朝日杯を目標にしたいと考えています」

【弥生賞】しぶとく脚を伸ばし3着確保!

暮れの朝日杯では6着に敗れたタガノエスプレッソ。陣営が選んだ始動戦は弥生賞だった。7,8番手のインを追走したタガノエスプレッソは直線で馬群を割って3着に健闘。10番人気と低評価だったが、皐月賞の優先出走権を獲得した。
inyofu 3着 タガノエスプレッソ(菱田裕二騎手) 「馬場が渋っていたのはよくないと思っていましたが、しっかりとこなしてくれたのは収穫でした。折り合いは終始つきました。追い出しをワンテンポ待たされたのが結果的によかったです。メリハリのあるレースができて、次につながると思います」

【皐月賞】4コーナーでの不利が響き13着

中段やや後ろから4コーナーで大外に進出し、前を伺おうとしたタガノエスプレッソ。しかし、その4コーナーで急に外に斜行してきたドゥラメンテに前をカットされる。勝ったドゥラメンテ以外は4コーナーで前にいた馬が上位を占めたレース展開も影響したため、13着に敗れた。
inyofu 13着タガノエスプレッソ(菱田)もう1列前と思ったが、行けなかった。最後も不利があり、イメージ通りの競馬ができなかった。

【日本ダービー】巻き返しへ!陣営は好感触!

inyofu 4コーナーで不利を受けた皐月賞では13着に敗れたタガノエスプレッソ。この中間は併せ馬を中心にハードに乗り込まれ、この日は坂路2本の登坂メニューをこなした。陣営は巻き返しに意欲をのぞかせた
inyofu 五十嵐助手「力を出し切っていないからか、皐月賞の後は弥生賞(3着)後より疲れた様子がありませんでした。2歳で重賞(デイリー杯)を勝ったころより、体もどっしりとしてきた感じです。距離については未知ですが、左回りは合うタイプだと思います」
inyofu 皐月賞で13着に終わったタガノエスプレッソが反撃の炎をメラメラと燃やしている。担当の山口助手は「先週の追い切りは霧で見えなかったけど、併走相手をちぎってましたね。乗った菱田も“凄い良かった”と言ってましたから」と気配の良さを伝える。
inyofu  1冠目は4角でぶつけられた不利が致命的。ダメージが懸念されるが、「精神面が強いので大丈夫。ダービーは悔いのないレースをしてほしい」と力強かった。

スムーズな競馬ができなかった朝日杯FS、皐月賞以外のレースでは常に3着以内に好走しているタガノエスプレッソ。力を出し切れば、あっと言わせる結果出すことも十分に考えらえる。恐らく当日は二ケタ人気が予想されるが、軽視しないほうがよさそうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line