TOP > 競走馬 > 「クラリティスカイ」瞬発力強化で行きっぷりよし!【関屋記念】
競走馬

「クラリティスカイ」瞬発力強化で行きっぷりよし!【関屋記念】

2015年のNHKマイルカップの勝ち馬のクラリティスカイが関屋記念に出走する。NHKマイルカップ勝利後はダートに挑戦も大敗し、二桁着順が続いていたが、昨年の秋から成績が安定し始める。今年の中山金杯で2着、小倉大賞典3着とGI勝利時の良い頃に着実に戻ってきているクラリティスカイについてまとめてみた。
クラリティスカイ

【NHKマイルカップ】絶好調の横山騎手に導かれてGI制覇!!

1週間前の天皇賞春でゴールドシップを完璧にコントロールしてファンに存在の大きさを改めてアピールした横山典弘騎手が手綱を取った。レースでは先に抜け出したアルビアーノを残り100mで捕まえて、横山騎手は2週連続のGI勝利を手にした。
動画を見る
inyofu 1着 クラリティスカイ(横山典弘騎手) 「道中はずいぶん引っかかってしまい、しんどかったのですが、がんばってくれました。ペースが遅かったので、4コーナー手前では我慢するのに一苦労でした。位置取りは狙っていた通りです。レコード勝ちもしていますし、具合だけよければと思っていました。弥生賞、皐月賞とデキに関していまひとつピンと来ませんでしたが、スタッフの皆さんがしっかりと仕上げてくれました。返し馬の感じから、真っ向勝負に出られると思いました。状態だけよければと思っていたので、スタッフと馬に感謝したいです。まだ若いですし、まだよくなる余地がありながら、こういうレースができました」

【メイS】粘りに粘って3着!

スタート後は2番手につけるかと思われたが、3コーナー手前で先頭に立つ。直線の残り300mでタイセイサミットに並ばれると苦しくなってしまい、じりじりと差をつけられてしまう。しかし、最後まで粘り3着を確保した。
動画を見る
inyofu 3着 クラリティスカイ(田辺裕信騎手) 「休み明けとしては動けていましたが、斤量を背負っているのは不利でした。それでもその中でよく頑張ってくれました」

【エプソムC】スタートで出遅れ先行できず...

スタートで出遅れてしまい、後方からの競馬を強いられてしまう。道中も掛かり気味で追走し、その結果直線ではスタミナ切れを起こしてしまい、最終的に15着でゴールインとなった。
動画を見る
inyofu 田辺騎手(クラリティスカイ=15着)「出負けした。自分の形にならず、不完全燃焼」

【関屋記念】追い切り 好時計で先着!

inyofu クラリティスカイ(牡5、斎藤誠)は坂路で52秒1、しまい12秒9の好時計。大きく先行した馬をとらえて先着した。
inyofu 斎藤誠師も「昨年の関屋記念からうちの厩舎にやってきた馬。この1年の中では一番良い状態」と言う。

「東京・芝1600mのGI」で好走したことのある馬に注目

inyofu 過去5年の優勝馬5頭は、いずれも「東京・芝1600mのGI」で6着以内に入った経験がある馬だった。今回と同じ左回りコースのマイルGIで上位に食い込んだことがある馬は信頼できるようだ。

前走は力を出し切れずに終わってしまい残念な一戦となった。掛かっていたシーンからも1600mという距離がやはりベストのように思われる。昨年の関屋記念では後方から上がり3F2位の脚を使って8着とスランプながらも頑張っていた。今年は好調の中での参戦で昨年以上の着順は当然ながら期待できることであろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line