TOP > エンタメ・雑学 > 2014年12月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2014年12月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2014年12月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
今週は、香港で行われた国際GIと有馬記念のニュースを中心に競馬界で起きた様々なニュースをまとめてみた!
馬キュレ 

GI【香港スプリント】ストレイトガールは惜しくも3着!

inyofu 12月14日(現地時間)、香港・シャティン競馬場で開催された香港スプリント(GI、芝1200m)は、2番人気に支持されていたエアロヴェロシティ(セ6、香・P.オサリバン)が先行策から直線でも良く伸びて勝利した。鞍上はZ.パートン騎手。クビ差の2着は1番人気だったペニアフォビア(セ3、香・A.クルーズ)。
inyofu 日本から参戦したストレイトガール(牝5、栗東・藤原英)は道中7番手から直線でいい脚を使い追い込んだが、勝ち負けには加われず2着から3/4馬身の3着に終わっている。同じく日本から参戦のスノードラゴン(牡6、美浦・高木登)は最後方から追い上げて8着、リトルゲルダ(牝5、栗東・鮫島)も後方からの競馬だったが最下位14着。
今年は日本馬が3頭出走したGI【香港スプリント】。日本馬は【ストレイトガール】が3着と健闘したが、去年の【ロードカナロア】の圧勝劇に続くことは出来なかった。

GI【香港カップ】日本馬アルキメデスは7着!

inyofu 12月14日(現地時間)、香港・シャティン競馬場で開催された香港カップ(GI、芝2000m)は、後方に待機していた1番人気デザインズオンローム(セ4、香・J.ムーア)が直線で鋭く伸び、先行勢を差し切って勝利した。鞍上はJ.モレイラ騎手。
inyofu 同レースに出走した唯一の日本馬、アルキメデス(牡5、栗東・藤原英)は道中ラチ沿いの6番手を追走していたが、直線で伸びあぐね後続に差し切られて7着に終わっている。
前走GII【中山記念】で、【ジャスタウェイ】についで2着を勝ち取った【アルキメデス】だが、GI【香港カップ】では、直線で伸びを欠いて7着に終わってしまった。

GI【香港マイル】グランプリボス3着、ワールドエースは4着!

inyofu 12月14日(現地時間)、香港・シャティン競馬場で開催された香港マイル(GI、芝1600m)は、圧倒的な1番人気に支持されていた地元エイブルフレンド(セ5、香・J.ムーア)が後方待機から4コーナー過ぎで早々に先頭へたち、直線では豪快に伸びる一方で他馬を置き去りにしての圧勝を収めた。
inyofu 2着から4馬身1/4差の2着はゴールドファン(セ5、香・R.ギブソン)。日本から参戦したグランプリボス(牡6、栗東・矢作)が中団から渋太く伸び、2着に1/4馬身差の3着、中団後方から鋭い脚を使い追い込んだワールドエース(牡5、栗東・池江)が僅差の4着、先行していたフィエロ(牡5、栗東・藤原英)は6着、後方待機のハナズゴール(牝5、美浦・加藤和)は8着に終わっている。
日本馬が3頭出走したGI【香港マイル】だが、日本勢の最高順位は【グランプリボス】の3着だった。【グランプリボス】はラストランで有終の美を飾ることは出来なかった。

GI【香港ヴァーズ】カレンミロティックは5着!

inyofu 12月14日(現地時間)、香港・シャティン競馬場で開催された香港ヴァーズ(GI、芝2400m)は、1番人気に支持されていたフリントシャー(牡4、仏・A.ファーヴル)が中団から鋭く伸びて勝利した。鞍上はM.ギュイヨン騎手。
inyofu 2着はウィリーカザルス(セ6、香・A.クルーズ)。日本から参戦したカレンミロティック(セ6、栗東・平田)は道中4番手から3コーナー過ぎで早めに進出したが、直線で伸び切れず5着に終わっている。
前走GI【宝塚記念】で【ゴールドシップ】の2着につけた【カレンミロティック】だが、直線で失速し、5着に終わった。勝ち馬【フリントシャー】は、GII【フォア賞】で2着、GI【凱旋門賞】で2着、GI【BCターフ】でも2着と惜しい結果で終わっていたが、今回のGI【香港ヴァーズ】では久々の勝利を勝ち取った。

第59回【有馬記念】ファン投票最終結果発表!

inyofu 1位 ゴールドシップ(牡5、栗東・須貝) 6万6796票
2位 ジェンティルドンナ(牝5、栗東・石坂) 5万5699票
3位 ハープスター(牝3、栗東・松田博) 5万4954票
4位 イスラボニータ(牡3、美浦・栗田博) 5万3745票
5位 ジャスタウェイ(牡5、栗東・須貝) 5万2324票

6位 フェノーメノ(牡5、美浦・戸田) 4万9520票
7位 ワンアンドオンリー(牡3、栗東・橋口) 4万5418票
8位 エピファネイア(牡4、栗東・角居) 4万1854票
9位 スピルバーグ(牡5、美浦・藤沢和) 4万764票
10位 トーホウジャッカル(牡3、栗東・谷) 3万1729票

11位 ウインバリアシオン(牡6、栗東・松永昌) 3万1252票
12位 メイショウマンボ(牝4、栗東・飯田) 3万698票
13位 ヌーヴォレコルト(牝3、美浦・斎藤) 2万6268票
14位 キズナ(牡4、栗東・佐々木) 1万9913票
15位 ラキシス(牝4、栗東・角居) 1万7638票

16位 トゥザワールド(牡3、栗東・池江) 1万2118票
17位 デニムアンドルビー(牝4、栗東・角居) 1万1800票
18位 トーセンラー(牡6、栗東・藤原英) 1万1694票
19位 ヴィルシーナ(牝5、栗東・友道) 1万354票
20位 サウンズオブアース(牡3、栗東・藤岡) 8119票
12月28日に中山競馬場で開催される第59回【有馬記念】のファン投票の最終結果が発表された。最終的に有効投票総数は95万7708票となり、1位は6万6796票を獲得した【ゴールドシップ】であった。

2014年12月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
去年は、【ロードカナロア】の【香港スプリント】連覇に沸いた、日本馬の香港遠征だが、今年は8頭出走したにも関わらず、最高順位は【ストレイトガール】と【グランプリボス】の3着と、鳴かず飛ばずの結果に終わってしまった。やはり、慣れていない海外の地で活躍するということは難しいのだろう。しかし、この結果にめげず、来年も日本馬の海外での活躍を期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line