TOP > 競走馬 > 【2014年朝日杯FS】経験豊富なペイシャオブローが朝日杯Vを狙う!
競走馬

【2014年朝日杯FS】経験豊富なペイシャオブローが朝日杯Vを狙う!

新馬戦では力を発揮できず敗れてしまったペイシャオブロー。しかしその後は3勝を挙げ、朝日杯へと駒を進めた。前走の福島2歳ステークスでは圧巻のレコード勝ちを収め注目を集める今回の朝日杯、はたして勝機はあるのか。過去のレース、調教などを今から見ていきたい。
馬キュレ

経験豊富なペイシャオブロー!

ペイシャオブローの競走成績はこちら
ペイシャオブローの競走成績をみればわかるが、もうすでに当馬は6戦し、3勝を挙げている実力馬である。この時期の2歳馬は経験が不足している馬が多い。朝日杯において当馬の豊富なレース経験はプラスに働くに違いない。

デビュー戦では善戦も… 新馬戦

ペイシャオブローはデビュー戦ではなんと最下位人気。それでもレースでは果敢に先行すると、しぶとく粘り7着を確保した。周りからの人気がなかった割に善戦し、周囲の期待以上の成績を残した。

2戦目で未勝利脱出! そして500万も! 未勝利戦&すずらん賞2014

ペイシャオブローは新馬戦こそ敗れてしまったがその後は順調に勝ち上がった。未勝利戦では後続に4馬身差をつける快勝、すずらん賞ではクビ差の接戦をものにして勝利した。

圧巻のレコード勝ち! 福島2歳S2014

ペイシャオブローが圧巻のレコード勝ちで3勝目を挙げた。レースでは中団外目追走を強いられる展開。しかし4コーナーから直線へ向くと手ごたえ抜群で先頭に並びかけ、そのまま差し切るという王道競馬で勝利した。
inyofu 1着 ペイシャオブロー(柴山騎手)
「2勝馬だけのことはあります。道中、追走に手間取るところがありましたが、直線ではとてもいい反応でした。馬の状態が良く、いい時に乗せてもらいました」

朝日杯FSへ向け陣営は自信を見せる!

inyofu 角馬場→南A(ダート)で軽め調整を行ったペイシャオブロー。昇級後の2勝は1200メートルでのものだが、「1800メートルで未勝利勝ちしているように距離は問題ない」と菅原調教師は阪神マイルへの不安を全く見せていない。
ペイシャオブローが朝日杯制覇に向け順調に調整出来ているようだ。調教自体は軽めだが、それはおそらく当馬が好調が故のものであって心配はない。また菅原調教師が言うように、1800mのレースで以前勝利を上げているため距離の問題もない。これで準備は整った。

ペイシャオブローがGⅠ獲りへ順調に来ているようだ。当馬は前述したように、既に3勝を挙げている実力馬であり、能力的に劣ってはいないだろう。さらにデビューから6戦ものレースを経験し、そのなかで当馬は逃げ、差しどちら展開でも勝利を上げている。この経験が必ずプラスに働くだろう。距離の不安もなく、調子も好調をキープしているペイシャオブロー。これで態勢は整った。ペイシャオブローが朝日杯Vへ、挑戦が始まる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line