TOP > 競走馬 > 2014年12月13日(土)新馬勝ち上がり馬まとめ
競走馬

2014年12月13日(土)新馬勝ち上がり馬まとめ

2014年12月13日(土)は中山競馬場、阪神競馬場の2場でメイクデビューが計4レース開催。勝ち上がった4頭をまとめてみた。
馬キュレ

3コーナーで抑えきれない手応えで押切V! トラストレイカ

13日、中山競馬場5R(ダート1200m)で行われ、横山典騎手騎乗の3番人気トラストレイカ(牝2=尾関厩舎、父ケイムホーム、母シャコージュノー)が、差し切り優勝。勝ち時計は1分14秒2。レースはイオが先頭に立ち後続を引っ張る展開に。その後ろにトラストレイカが続いて抜け出すタイミングをじっと待つ。ゴール直前では、外から伸びてきたスズダリアに1馬身1/4差をつけて優勝した。
inyofu ~レース後のコメント~ 1着 トラストレイカ(尾関知人調教師) 「横山典弘ジョッキーは、"3コーナーくらいで押さえ切れなくなって、終いは伸びないのではないかと思いましたが、何とか頑張ってくれました"とのことでした。6月にはデビューさせる予定だったのですが、骨折してしまい、その後30キロ増えて別馬のようになりました。芝かダートかどちらがいいかと思いましたが、調教の動きとブリーズアップセール出身の馬ということで、ダートを使いました。ただ、芝での感触も良かったですし、ジョッキーもそう言っていました。この先は芝で良さが出てくればいいですね。マイルを1回試して、長ければ短くしようというイメージです」
inyofu 3番人気のトラストレイカ(牝2歳、父ケイムホーム、母シャコージュノー、美浦・尾関)が直線で3頭横並びのたたき合いを制して初陣Vを決めた。  横山典は「もう少しリラックスして走れれば」と課題を挙げながら、「芝の方がいい」と感触を伝えた。尾関師も「次は芝へ。先々はマイルも試したい」と、クラシック戦線へ向けて意欲を示していた。

勝利後のコメントでもあった通り、芝でも楽しみな馬と期待する部分もあるが、ダートの短距離戦で3コーナーで抑えきれない部分は今後の課題であり、力だけで押し通したと考えれば来年からも楽しみな馬に成長してくれるのではないだろうか。

スニッツェル産駒が芝1600戦でデビュー勝ち! ヤングマンパワー

13日、中山競馬場6R(芝1600m)で行われ、松岡騎手騎乗の6番人気ヤングマンパワー(牡2=手塚厩舎、父スニッツェル、母スナップショット)が、直線で突き抜け優勝。勝ち時計は1分37秒9。レースはハーモニックソウルが先頭に立ち後続を引っ張る流れに。ヤングマンパワーは中団で脚を溜める展開。直線では、ハーモニックソウルを含めた先頭集団が横一線で混戦模様になっているところを、ヤングマンパワーが外から鋭く伸びて、一気に差し切り快勝した。
inyofu 人気を集めた良血馬を力強く撃破。6番人気のスニッツェル産駒ヤングマンパワー(牡、美浦・手塚)が急坂で豪快にライバルをのみ込んだ。タイムは1分37秒9。道中は中団後方を追走し、勝負どころから外を通って勢い良く進出。芝のマイル戦で切れ味を見せつけた。「馬を怖がる面があるが、アルフレード(11年朝日杯FS馬)に似ている。距離はマイルくらいが合う」と松岡正海騎手。なお、2馬身差の2着は8番人気のウォークロニクルで、さらに1馬身3/4差の3着が4番人気のディアエスタード。また、1番人気のロイヤルスピリッツは後方2番手から差を詰めたが4着、母が07年NHKマイルC馬ピンクカメオのピンクシャンパン(2番人気)は後方から伸びを欠いて14着に終わった。
inyofu ~レース後のコメント~ 1着 ヤングマンパワー(松岡騎手) 「調教で能力の高さを感じていました。アルフレードに似ていると思いました。レースでは馬を怖がるところを見せましたが、そのあたりは今後の課題でしょう。切れ味がすごいので、距離はマイルくらいがいいのではないでしょうか。来年が楽しみです」

今後の課題として鞍上の松岡騎手はレースでは馬を怖がるところを見せたとコメントを残しているが、その後にアルフレードを引き合いに出したコメント出しているので、本当は今週の朝日杯にも出走させたかったほどの馬だったのかもしれない!

父が得意とした舞台で、メイクデビュー勝利! セトノビーナス

13日、阪神競馬場5R(芝1200m)で行われ、幸騎手騎乗の2番人気、セトノビーナス(牝2=鈴木孝厩舎、父デュランダル、母ルヴァーガール)が、逃げ切り優勝した。勝ち時計は1分11秒1。レースはスタートダッシュを決めたセトノビーナスがそのまま先頭に立ち、そのまま逃げ切り勝利を狙う展開に後続馬が続いた。直線に入ってもセトノビーナスの脚色は衰えず、後続馬も並ぶこともできずに、結局そのままゴール板を通過し、レースの主導権を完全に握ったセントビーナスがデビュー戦を圧勝。鞍上の幸騎手は後続が近づくともうひと伸びを見せるその闘争心とレースのセンスを高く評価している様で、今後も話題になっていく馬に成長していくのではないだろうか。
inyofu  好発から危なげなく逃げ切った。2番人気のセトノビーナス(牝、父デュランダル、栗東・鈴木孝)がスピードを示して1分11秒1のタイムで快勝。トップスタートを決めて主導権を握ると、直線でも坂を上がってからもうひと伸びを見せて押し切った。1馬身1/4差の2着は好位から前を追った5番人気のカネトシスキーム。1番人気のルフナはさらに1馬身3/4差の3着。後方から脚を使ったが、前の2頭には及ばなかった。  幸は「最後は少しフワッとしたが、外から他馬が来るともうひと伸び。いい内容です」とセンスを高く評価。鈴木孝師は「マイペースで行けた分、余裕がありましたね」と初陣をVで飾り、安どの表情を浮かべた。
inyofu ~レース後のコメント~ 1着 セトノビーナス(幸騎手) 「スタートが良く、内枠なので揉まれるよりはと思い、ハナに行きました。直線では後ろから来るのを待つ余裕がありました。少しフラフラするところを見せましたが、後ろから馬が来たらもうひと伸びしてくれました」

13日一番の注目株が期待に応えてV! リアファル

13日、阪神競馬場6R(ダート1800m)で行われ、北村友騎手騎乗の1番人気リアファル(牡2=音無厩舎、父ゼンノロブロイ、母クリソプレーズ)が優勝。勝ち時計は1分56秒8。綺麗なスタートからリアファルは4番手につける展開。4コーナーから直線に入り、リアファルが外から先頭に並びにかけこのまま突き放すように思われたが、すぐ内から伸びた2段階の伸びを見せたバスタータイプが並びかける。2頭の激しい競り合いが最後の最後まで続いた直線となったが、最後はリアファルの粘り勝ちだった。
inyofu  血統通りの力強い走りで、交流G1馬クリソライトの異父弟リアファル(父ゼンノロブロイ、栗東・音無)が1番人気に応えた。好位の外で流れに乗って、直線に入ると堂々と先頭へ。好位のインで機をうかがっていた3番人気のバスタータイプ(2着)が追撃を図ったが、最後まで差を詰めさせずに半馬身差で振り切った。タイムは1分56秒8。ダートの1800メートルで初陣を飾って、北村友一騎手は「調教で能力があるのは分かっていました。心身ともにこれからもっと良くなりそう」と語った。母クリソプレーズの全弟が06年のJCダート馬アロンダイト。ダートで活躍馬を送り出す血筋で今後が楽しみだ。なお、2着馬から1馬身半差の3着は2番人気のジュンスパーヒカル。上位人気3頭での決着に落ち着いた。
inyofu ~レース後のコメント~ 1着 リアファル(北村友騎手) 「能力は秘めているとは思いましたが、大きな馬で緩さも残っていますから、どれだけ力を出せるかは確信はありませんでした。今日は砂を被らずスムースな分、力を出してくれました。まだフラフラ走っていましたし、まだまだこれからの馬です。それだけ今後の伸びしろは大きいと思います」

鞍上の北村騎手が述べるように、直線では思った以上に反応が鈍いと感じた方も多いのでは?しかしながら、良血の大物感は十分に伝わってきたレース内容ではないだろうか。

2014年12月13日(土)は中山競馬場、阪神競馬場それぞれで計4頭のメイクデビュー勝ち馬が誕生した。中でも、デビュー前から交流G1馬クリソライトの異父弟として注目されたリアファルも無事に勝ち上がり。キャロットで一口馬主を楽しんでいられるオーナーの方々もほっとしたのではないでしょうか。ほかにも阪神のメイクデビューを完勝したセトノビーナスも今後が楽しみな勝ちっぷりで、これからどんどん話題になっていく可能性もありますね。ブリーズアップセール出身の馬だから理由でダートデビューを飾ったトラストレイカも今後もダート路線なのか芝路線に挑戦するのか楽しみになりそうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line