TOP > 予想/馬券 > 若駒達の躍動を見逃すな【第66回 朝日杯フューチュリティステークス】全18頭最終追い切り映像&情報まとめ
予想/馬券

若駒達の躍動を見逃すな【第66回 朝日杯フューチュリティステークス】全18頭最終追い切り映像&情報まとめ

【第66回朝日杯フューチュリティステークス】は、2歳チャンピオンを決めるのGIレース。先週の阪神JFと同じくデータが少ない馬が多いので、是非追い切りを参考にして予想を組み立てて欲しい。今回も最終追い切り映像&情報を各記事からまとめてみた。(携帯では映像が再生されない可能性があります)
馬キュレ

1枠1番 ネオルミエール

inyofu 新重賞いちょうSで2着になったネオルミエールは、栗東坂路でスペースクルーズを追いかけ徐々にラップを速めると、ラスト1F地点では半馬身ほどリード。そこからスペースが巻き返せる手応えを見せたが、抜かせずにクビ先着した。力の要る馬場でラスト1F12秒8は優秀だ。思ったより落ち着きがあり、動きもいい。初戦で気難しさを見せフラフラしていたので、前走は迷いがあった。もっとインにこだわっていれば…。それでも前走で狭いところを割れる根性があることが分かったし、阪神の外回りはレースがしやすいと思う」と柴山騎手。

1枠2番 ダノンプラチナ

inyofu 未勝利、ベゴニア賞を連勝しているダノンプラチナは11日から栗東で調整。追い切りはブライトエンブレムとラスヴェンチュラス(1000万下)の2頭を最後方から追いかけ、直線は最内へ。外の2頭は仕掛けられたが、こちらは馬なりのままスーッと加速して6ハロン83秒1、3ハロン39秒4-12秒5で、ブライトにクビ、ラスヴェンチュラスに1馬身先着した。見届けた国枝調教師は「本番でもこれぐらいスッと先着してほしいね」と満足げな笑み。

2枠3番 コスモナインボール

inyofu 未勝利から500万下特別、OP特別と3連勝中のコスモナインボールは、Wコースで5ハロン67秒9-12秒8を馬なりでマーク。僚馬ハッピーチャート(500万下)の外で手応え優勢に併入した。「順調にこれて何よりです」と手綱を取った柴田大騎手。先週、今週と調教にまたがり、仕上がりのよさを実感している。「オンとオフがはっきりしていて、どんな競馬でもできる馬。道悪適性も高いので馬場がしぶればさらに」と、十分な手応えを感じている様子

2枠4番 ケツァルテナンゴ

inyofu ケツァルテナンゴ・笹田師 「サッと流す感じでやったが、変わりなく順調。デビューから2連勝で能力があるのは間違いない。あとは展開が向けば」

3枠5番 タガノアザガル

inyofu タガノアザガル・千田師 「中1週なので、馬が気分良く走れるようにしたが、動きは良かった。初距離は何とも言えないが、完成度は高いからね」

3枠6番 アルマワイオリ

inyofu アルマワイオリは、美浦から勝浦騎手が駆けつけてCWコースで3頭併せ。先行するホッコーベンヌ(未勝利)をメイショウリンクス(新馬)とともに追走し、直線の追い比べでは大外からホッコーに4馬身、メイショウにクビ差の最先着。6ハロン84秒7-12秒3としっかり動いた。勝浦騎手は「前走(デイリー杯2歳S4着)は行きたがって負けたが、あれが本番でなくてよかった。調教も乗りやすく仕上げてくれていたし、一瞬の切れはGIでもヒケをとらないと思う」

4枠7番 セカンドテーブル

inyofu セカンドテーブルの最終追いはCWコース単走で6F90秒3~1F14秒5と馬なり調整。「先週(CWコース6F77秒7~1F12秒6)しっかりと時計を出しているので軽めに。いい状態を維持できているよ」と崎山師。今回は1F延長。「距離が課題だが、前々でスムーズに運べれば楽しみはある」と期待を寄せた。

4枠8番 ナヴィオン

inyofu デイリー杯2歳Sで3着だったナヴィオンは福永騎手を背に栗東坂路で併せ馬。序盤はゆったり入り、先に進んでいた古馬1000万下との差をジワジワ詰めると余力十分のまま併入に持ち込んでいる。時計は4F55秒5-1F12秒9(馬なり)と渋い馬場コンディションを考えれば抜群の伸び。前走からしっかり上積んできているようだ。

5枠9番 アッシュゴールド

inyofu デイリー杯2着のアッシュゴールドは栗東坂路で池添騎手を背に併せ馬。先行した準オープン馬に取り付き、ラストの追い比べでは手応え優勢で1馬身抜け出しての先着フィニッシュを果たしている。時計は4F53秒5-1F13秒0(強め)で、渋いコンディションだったこの日の馬場状態を考えれば上々。先行した相手を目標に行きたがるところを見せ早めに並んだが、そこでグッと我慢がきき鞍上とのコンタクト十分で併走できていたのは収穫。体調面、精神面ともに上積んで大一番に向かえそうだ。

5枠10番 ジャストドゥイング

inyofu ジャストドゥイング・川田騎手 「しまい重点でしっかりやりました。実戦で乗ったことはありませんが、体の使い方からも、1600メートルの方がいいのかなと思います」

6枠11番 ワキノヒビキ

inyofu ワキノヒビキ(清水久師)前の馬を追い掛けて最後もいい動きだった。レースでモタれるので、スムーズに運べれば。

6枠12番 アクティブミノル

inyofu アクティブミノルは武豊を背にCWコース単走。6F85秒3~1F13秒2で馬なりのままフィニッシュ。「悪い馬場だったので目いっぱいに走らせられない。それでもスピードがあっていい動きだった」と鞍上。前走はスタートを決めるも、控える形でチグハグな競馬になって6着に終わった。「馬のリズムで運べれば折り合いはつきそうです」とイメージした。

7枠13番 ペプチドウォヘッド

inyofu ペプチドウォヘッド・吉村師 「しっかり負荷をかけられたし、体調面は心配ない。バリバリのダート馬って感じはしないし、試してみる価値はある」

7枠14番 クラリティスカイ

inyofu クラリティスカイの最終追い切りは岩田を背にCWコース。稽古駆けするジェラルド(5歳1000万)との併せ馬。前半は3馬身追走。7F97秒6~1F12秒4とテンからしまいまで力強く動いて、1馬身先着でゴール。岩田は「けさは走りづらそうな馬場だったけど、しっかり動いていました。この馬は2歳じゃないような走りをする。落ち着きがあって乗りやすい」と手応え。

7枠15番 タガノエスプレッソ

inyofu デイリー杯2歳Sを勝ったタガノエスプレッソは、CWコースで前にカネトシマーシャル(1600万下)、後ろにタマモユウトウセイ(500万下)の3頭併せ。直線は機敏な反応でラスト1ハロン12秒6の伸び。カネトシに1馬身差劣ったが、ブレのない確かな動きだった。菱田騎手は「動きはよかったですよ。いい追い切りができたと思います」と満足そう。

8枠16番 ブライトエンブレム

inyofu 同厩のラスヴェンチュラス(1000万下)を先導役に、後ろには同じ朝日杯出走予定のダノンプラチナを引き連れてCWコースを走り出した。直線は真ん中に入ってゴーサインが出るとグイッと伸びたが、内のダノンが馬なりでスッと前に出てクビほど遅れ。6ハロン83秒4、3ハロン39秒8-12秒5の時計

8枠17番 ペイシャオブロー

inyofu レコードで福島2歳Sを制したペイシャオブローはWコースで5F68秒4~1F13秒6。道中3馬身前にいたトーセンプラチナ(5歳障害オープン)に余力を持って併入した。 菅原師は「順調だね。馬に幅が出て、あらゆる面で成長している」と目を細める。前走は鮮やかな差し切りV。「前走は切れたね。ハナにも行けるし、好位差しや中団からのレースもできる。どんな競馬でもできるのが強み

8枠18番 メイショウマサカゼ

inyofu メイショウマサカゼ・中井助手 「しまい1ハロン追う感じで、いい動きでしたね。具合はかなり良さそう。瞬発力はあるのでためが利けば」

最終追い切りタイム一覧

inyofu メイショウマサカゼ 12/17 栗東 CW 稍重 - 84.6 67.6 51.6 37.8 - 11.7
アルマワイオリ 12/17 栗東 CW 稍重 - 84.7 68.1 52.9 38.6 - 12.3
クラリティスカイ 12/17 栗東 CW 稍重 97.6 80.9 65.6 51.5 37.8 - 12.4
タガノエスプレッソ 12/17 栗東 CW 稍重 - 83.5 67.6 52.8 39.2 - 12.4
ダノンプラチナ 12/17 栗東 CW 稍重 - 83.1 67.7 53.1 39.5 - 12.5
ブライトエンブレム 12/17 美浦 CW 稍重 - 83.3 67.9 53.3 39.7 - 12.5
ジャストドゥイング 12/17 栗東 坂路 稍重 - - - 54.4 39.5 25.3 12.6
ペプチドウォヘッド 12/17 栗東 CW 稍重 - 84.3 68.1 53.2 39.1 - 12.6
レンイングランド 12/17 栗東 坂路 稍重 - - - 54.5 39.3 25.3 12.6
ナヴィオン 12/17 栗東 坂路 稍重 - - - 55.5 40.3 26.0 12.9
アッシュゴールド 12/17 栗東 坂路 稍重 - - - 53.5 39.8 26.0 13.0
タガノアザガル 12/17 栗東 坂路 稍重 - - - 55.2 40.1 26.0 13.0
コスモナインボール 12/17 美浦 南W 重 - - 69.0 53.7 39.8 - 13.1
アクティブミノル 12/17 栗東 CW 稍重 - 85.3 68.9 54.3 40.1 - 13.2
ケツァルテナンゴ 12/17 栗東 坂路 稍重 - - - 53.3 39.2 25.9 13.2
ワキノヒビキ 12/17 栗東 CW 稍重 - 83.4 66.5 51.8 39.4 - 13.2
ペイシャオブロー 12/17 美浦 南W 重 - - 68.4 53.3 38.6 - 13.6
セカンドテーブル 12/17 栗東 CW 稍重 - 90.3 73.3 57.0 42.2 - 14.5

みんなの評価は


うまキュレ班がよく見えた馬は、クラリティスカイ、ダノンプラチナ、セカンドテーブル、メイショウマサカゼ。特にクラリティスカイはこの日の栗CW5F全体で5番時計の好タイム。回転が良くキレる脚ではないが、長く良い脚を使えそうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line