TOP > 予想/馬券 > 【2014年有馬記念】今年の負けを全て取り返す!?有馬記念で大穴を獲る!
予想/馬券

【2014年有馬記念】今年の負けを全て取り返す!?有馬記念で大穴を獲る!

中央競馬の総決算、有馬記念!スターホースの活躍が多いレースだがその裏に数多くの大穴馬の激走が隠れている。果たして今年息を潜めている大穴馬は!?
馬キュレ

1番人気は仕方なし!?

1番人気の成績は(6.3.0.1)とメイショウサムソンを除いては全馬連対を果たしており、馬券から外すのは難しいと言わざらをえない。
今年の1番人気はジャスタウェイかエピファネイアかゴールドシップあたりが予想されている。

穴は内枠!

過去に6番人気以下の人気薄で馬券に絡んだのは12頭いるが、そのうち9頭が1~7番の馬であった。逆に外枠に入った人気馬はダイワスカーレットやゴールドシップといった超GⅠ馬たちのみで、内枠有利のコースだということを物語っている。

今年は枠順希望制!

今年は陣営が好きな枠を選べる制度を採用されるだけに、各陣営の枠へのこだわりを重視してみると良いかもしれない。
第59回有馬記念枠順はこちら↓

ステイゴールド産駒の庭!

ステイゴールド産駒は(4.1.1.5)と50%以上の確率で馬券に絡み、ドリームジャーニーやオルフェーヴルといったスターホースばかりでなく、10番人気2着のオーシャンブルーなどもおり、ステイゴールドの底力が発揮されている。
有馬記念初参戦となるフェノーメノであるが、同じ舞台の日経賞なども制しているだけに父ステイゴールドの血が爆発する可能性を秘めている。

前走GⅠ出走組に穴も潜んでいる!

前走でGⅡの金鯱賞やアルゼンチン共和国杯を使っている馬は、大舞台の天皇賞やジャパンカップを避けている馬たちで実力は一枚劣る可能性が高い。対して強豪と戦ってきたGⅠ出走馬たちは適性や展開の差で敗れており、ここで巻き返す可能性を秘めている。

さらに絞ると、前走GⅠ出走の中でも黄金の条件は!!?

前走GⅠ出走馬の中でも最も成績が良いのが、天皇賞秋、菊花賞、エリザベス女王杯、マイルCS組。この3レースは有馬記念までゆとりのあるローテーションで、その成績は((5.3.4.15)で複勝率41.4%、単複回収率も180%とこれぞ大穴馬の条件!
今年エリザベス女王杯から直行するヴィルシーナは春の宝塚記念でも3着に好走しており、前走は休み明けで状態もイマイチだったことを考えると、ここは大金星があっても不思議でない。

有馬記念 出走馬の最終追い切りまとめはこちら↓ 有馬記念 中山競馬場芝2500mのコース分析はこちら↓
秋古馬の王道路線として天皇賞⇒ジャパンカップ⇒有馬記念という流れがあり、かつてはその前に前哨戦を使うことで、有馬記念まで状態が持たず波乱が数多く起きていた。しかし近年ではジャパンカップ、有馬記念の賞金が増額になり天皇賞秋を前哨戦として使う馬が増えてきてその傾向は変わってきた。今後の穴トレンドとしては強い馬と戦ってきて、かつ有馬記念に照準を合わせジャパンカップを見送ってきた馬たちになるかもしれない。そのトレンドを先どるために、今年データに該当するメイショウマンボ、ラキシス、ヴィルシーナ、トーセンラーなどを狙ってみると面白いだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line