TOP > 競走馬 > 「マイネルミラノ」今度こそハナは譲らない!新コンビで新味に期待!【七夕賞】
競走馬

「マイネルミラノ」今度こそハナは譲らない!新コンビで新味に期待!【七夕賞】

2016年の函館記念を制したマイネルミラノが七夕賞に出走する。4歳で逃げに活路を見出し、6歳にして函館記念を制すと、昨年の福島民報杯でも早め先頭から押し切り勝利。その後は白星から遠ざかっているが、昨年のオールカマーでは大逃げを打って4着、今年のAJCCでは一線級相手に3着とまだまだやれる力があることを証明した。前走のエプソムCは斤量に泣かされたが、2年ぶりの重賞タイトルを手に入れたい。そんなマイネルミラノについてまとめてみた。
マイネルミラノ

【2016年 函館記念】地元函館出身の丹内騎手に導かれ重賞初制覇!

昨年同様、地元函館出身の丹内祐次騎手とのコンビで函館記念に臨んだ。今年も果敢に逃げると、3角では他馬の手応えが怪しくなるなか絶好の手応えで直線を迎える。直線ではそのまま押し切り、惨敗に終わった昨年のリベンジを果たすとともに念願の重賞初制覇となった。
動画を見る
inyofu 1着 マイネルミラノ(丹内祐次騎手) 「スタートも決まり、オツウが控えてくれたのも良かったです。4コーナーでも余力十分でこれなら勝てると思いました。去年は自分が失敗して8着でしたが、これでリベンジを果たすことが出来ました。中学生の時から、この地元函館で重賞を勝つのが夢でした。ファンの応援は嬉しかったです。勝ったらウイニングランをしようと決めていました。最高の気分でした」

【AJCC】積極策で粘って3着と健闘!

好メンバーが揃った一戦で、スタートから押して押して先頭に立つと、後続を引き付ける逃げで1000m通過が1分01秒3とスローな流れに持ち込む。3コーナーからさらにリードを広げて直線に向かうと、残り200mで捕まってしまうが、そこから粘りに粘って3着に食い込んだ。
動画を見る
inyofu 3着 マイネルミラノ(柴田大知騎手) 「よく頑張っています。偉いです。今後もこういうレースができればチャンスがありそうです。まだ力は衰えていないですね。距離は長いほうが良いでしょう」

【エプソムC】斤量に泣かされ11着大敗...

重馬場で行われたエプソムC。スタートから押していくも、スピードに乗らずに中団からの競馬となる。しかし、3,4コーナーで馬場の悪い内を通って徐々にポジションを上げていくと、2番手に浮上して直線に向かう。坂下でスタミナは切れてしまい、ズルズルと後退し11着という結果に終わった。
動画を見る
inyofu 丹内祐次騎手(マイネルミラノ=11着)「出ムチを入れても行けなかった。斤量も厳しかったですね」

【七夕賞】追い切り ひと叩きされ好時計をマーク!

inyofu マイネルミラノの1週前追い切りは南ウッド6ハロンから意欲的に追われて79・5―36・8―12・4秒のA級時計をマーク。年齢的なこともあり大幅上昇こそないがひと叩きの効果はある。
inyofu 相沢調教師「前走(エプソムC=11着)は58キロも響いて自分の競馬ができなかった。使って良くなりそうだし今回はハンデも多少は軽くなるのでは。田辺に手が替わるので新しい面が出ないかな」

七夕賞の傾向!大型馬より中型馬!

inyofu 過去10年の3着以内馬のうち前走が国内のレースだった延べ30頭中、2012年3着のミキノバンジョーを除く29頭は、前走が“国内のレース”、かつそのレースでの馬体重が「510キログラム未満」だった。なお、前走が“国外のレース”だった2013年2着のトレイルブレイザーも、“国内のレース”における最高馬体重は498キログラムだった。馬体重の重い馬は過信禁物と見るべきだろう。

前走のエプソムCは58kgのハンデ、4ヶ月半ぶりの実戦もあり陣営が思うようなレースが出来なかったのは残念だが、ひと叩きされて状態は上向きである。福島コースは6戦して2勝を挙げている舞台で、田辺裕信騎手との新コンビ、斤量1kg減も魅力的である。高齢馬不利のレースではあるが、ベテランの味のある走りで再び重賞タイトルを奪取して欲しい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line