TOP > 競走馬 > 「マイネルミラノ」反応も雰囲気よし!ハナを行く!【札幌記念】
競走馬

「マイネルミラノ」反応も雰囲気よし!ハナを行く!【札幌記念】

昨年の函館記念を制したマイネルミラノが札幌記念に出走する。昨シーズンは6歳にして函館記念を制するが、その後は芝の中距離の重賞レースを3戦し掲示板内も厳しく惨敗を続けた。しかし今年の福島民報杯で勝利し、復調気配を見せ始める。メンバーは前走より強化されるが、久しぶりの重賞勝利を目指すマイネルミラノについてまとめてみた。
マイネルミラノ

【2016年函館記念】地元函館の丹内騎手に導かれ重賞初制覇!

昨年同様、地元函館出身の丹内騎手とのコンビで臨んだ。今年も逃げると、3角では他馬の手応えが怪しくなるなか絶好の手応えで直線を迎える。直線ではそのまま押し切り昨年のリベンジを果たすとともに念願の重賞初制覇となった。
動画を見る
inyofu 1着 マイネルミラノ(丹内祐次騎手) 「スタートも決まり、オツウが控えてくれたのも良かったです。4コーナーでも余力十分でこれなら勝てると思いました。去年は自分が失敗して8着でしたが、これでリベンジを果たすことが出来ました。中学生の時から、この地元函館で重賞を勝つのが夢でした。ファンの応援は嬉しかったです。勝ったらウイニングランをしようと決めていました。最高の気分でした」

【エプソムC】7着も着差はわずか!

58kgの斤量を背負った1戦。道中は各馬が内を空けて進む中、1頭だけインを進む。4コーナーで最短距離を走り2番手まで浮上して長い府中の直線コースへ。しかし斤量もあってか伸びあぐねてしまい7着に終わった。
動画を見る
inyofu 7着 マイネルミラノ(丹内騎手) 「最初からインぴったりを走る作戦でした。直線もうまく外へ出せましたし、頑張ってくれていますが、58キロの斤量は厳しかったですね」

【2017年函館記念】連覇を狙うも馬場と斤量にやられる...

スタート後は外の馬の出方を見ながら3番手につける。3コーナーから徐々にペースアップしていき、最終コーナーで先頭に立つ勢いも、直線では手応えほど伸びることが出来ず11着でゴールインとなった。
動画を見る
inyofu 丹内騎手(マイネルミラノ=11着)「一生懸命頑張ってくれたが、4コーナーで手応えがなくなった。この馬場で58キロは厳しかった」

【札幌記念】追い切り 先着で気配は上々!

inyofu 函館Wコースでセイカエドミザカを2馬身追走。馬場の中ほどを通ったパートナーに対し、大外からあっさり1馬身先着した。気配は上々だ。
inyofu 荒木助手「状態はキープできている。持ち時計がある分、馬場がいいほうが力を出せるし、57キロでやれるのもいい」

今回は鞍上の丹内祐次騎手がハナを主張する構えであり、この馬本来の競馬が出来ることが期待されている。これまで逃げた14戦の成績は(5,0,2,7)と勝率35%、複勝率50%というものでこの馬の通算8勝の内、5勝が逃げ切りである。同型が1頭いるのは気になるが、鞍上の何が何でも行く姿勢でハナを切ってそのまま逃げ切ってもらいたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line