TOP > 競走馬 > 「マイネルミラノ」具合よし!道悪は歓迎【エプソムC】
競走馬

「マイネルミラノ」具合よし!道悪は歓迎【エプソムC】

2016年の函館記念を制したステイゴールド産駒のマイネルミラノがエプソムCに出走する。2016年は6歳にして函館記念を制すると、その後は芝の中距離の重賞レースを3走するも、持ち前の粘りこむ競馬が不発に終わり掲示板に載ることもできずに惨敗を続けた。しかし、復活を期して出走した前走のOPレース、福島民報杯では重賞馬の貫録を見せつけて1着となった。そんなマイネルミラノについてまとめてみた。
マイネルミラノ

【函館記念】地元函館の丹内騎手に導かれ重賞初制覇!

昨年同様、地元函館出身の丹内騎手とのコンビで臨んだ。今年も逃げると、3角では他馬の手応えが怪しくなるなか絶好の手応えで直線を迎える。直線ではそのまま押し切り昨年のリベンジを果たすとともに念願の重賞初制覇となった。
動画を見る
inyofu 1着 マイネルミラノ(丹内祐次騎手) 「スタートも決まり、オツウが控えてくれたのも良かったです。4コーナーでも余力十分でこれなら勝てると思いました。去年は自分が失敗して8着でしたが、これでリベンジを果たすことが出来ました。中学生の時から、この地元函館で重賞を勝つのが夢でした。ファンの応援は嬉しかったです。勝ったらウイニングランをしようと決めていました。最高の気分でした」

【中山記念】リズム良く走れず9着に沈む...

スタートから押して先頭を奪いにかかるが、田辺騎手のロゴタイプに逃げを許してしまう。想定通りに苦手なスローペースを作られると、マイネルミラノは道中1000mあたりで自分から動いて先頭へ一気に躍り出る。しかし、先頭のまま直線を迎えるが、前半リズム良く走ることができなかったこともあり、伸びを欠いて9着に敗れた。
動画を見る
inyofu 9着 マイネルミラノ(柴田大知騎手) 「ペースが遅く、途中で動いて行って自分の形で競馬は出来ましたが、他も楽をしていましたから......」

【福島民報杯】斤量57.5㎏を背負いながらも貫録の1着!

OPレースでの復活を期した一戦。8枠15番からスタートすると、今回も最初から押して先行する。軽快に飛ばす逃げ馬を見る3番手につけてレースを進めると、3コーナー前で前2頭がばててきた瞬間を狙って一気に進出。早めに先頭に躍り出て直線を迎えると、追い込んでくる後続馬を1/2馬身差退けて見事1着となった。
動画を見る
inyofu 1着 マイネルミラノ(丹内祐次騎手) 「57.5キロのハンデで外枠。好位からの競馬になりましたが、こういう競馬で勝てたのは大きな収穫です」

【エプソムC】最終追い切り情報 好時計で好調キープをアピール!

マイネルミラノは7日、美浦CWコースで最終追い切りを行った。
inyofu 美浦Wコースで外キーネットワークを3馬身追走。未勝利馬とは脚力が違うとばかり、直線半ばで内から捕らえると、最後まで気を抜かさずにしっかり追われ、2馬身先着した。
inyofu 「最後まで(馬体を)合わせられなかったね」と単走状態でのフィニッシュに苦笑いの相沢調教師だが、ミラノ自身の仕上がりには「時計的にもいいし、具合は引き続きいいね」と納得の様子。

【エプソムCの傾向】3代以内にDanzigの血を持つ馬に注目

昨年はこのレースで3着と好走したマイネルミラノ。血統を紐解くと母父父がDanzigなのであるが、このDanzigの血が入っていることが今回も好走を呼ぶかもしれない。ここ3年間の3着内に入った馬の血統を見てみると、3代以内にDanzigの血を持ってる馬が2014年は2頭、2015年は1頭、2016年は2頭来てることが分かる。また、昨年は4着馬も4代前ながらもDanzigの血を持っており、この血が濃く出たとき、好走率がいかに高くなるかを窺い知ることができるだろう。
inyofu フルーキー、マイネルミラノ、そしてマイネルラクリマは父か母父がダンジグ系、そしてディサイファも母母父がダンジグ系だった。この3年は3代以内にダンジグの血を持つ馬が必ず3着以内に入っている。

前走の福島民報杯でも示したように、7歳馬でありながらステイゴールド産駒特有の成長力と丈夫さで今だ衰えを見せないマイネルミラノ。得意な夏競馬に向けて、また昨年は不本意に終わった秋競馬に向けてもエプソムカップでしっかり弾みをつけたいところだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line