TOP > 地方競馬 > 2015年一発目の南関東重賞! 【報知オールスターカップ】
地方競馬

2015年一発目の南関東重賞! 【報知オールスターカップ】

2015年一発目の南関東重賞、報知オールスターカップが行われる。このレースは傾向的に2番人気が不振気味か。馬場傾向が勝負の分かれ目でスタミナのある馬が有利の様だ。
馬キュレ

枠順確定

inyofu 1 バトードール 牡8 57.0 今野忠成 川島正一
2 ジャングルスマイル 牡9 56.0 平瀬城久 金田一昌
3 ファイヤープリンス 牡4 54.0 的場文男 小久保智
4 カキツバタロイヤル 牡9 57.0 中野省吾 函館一昭
5 ウインペンタゴン 牡9 56.0 山崎誠士 河津裕昭
6 アウトジェネラル 牡5 56.0 御神本訓 藤田輝信
7 プラチナタイム 牡9 55.0 佐藤博紀 佐々木仁
8 ニシノファイター 牡6 55.0 町田直希 堂山芳則
9 トーセンジャガー 牡7 56.0 張田京 小久保智
10 ナイトフッド 牡9 56.0 吉原寛人 内田勝義
11 インサイドザパーク 牡5 56.0 左海誠二 林正人
12 カリバーン セ8 57.0 矢野貴之 藤田輝信
13 トラバージョ 牡5 56.0 繁田健一 佐藤賢二
14 ドラゴンエアル 牡4 54.0 森泰斗 高月賢一

過去の傾向

inyofu 1人気は【4-1-1-2】と好成績。単勝平均配当も495円で1着は割と堅い印象です。平均オッズが12.3倍の3着馬よりは22.8倍の2着馬の方が波乱傾向にあるようです。
inyofu 好走率が高いのは57㌔の馬。55-56㌔の馬は好走率では見劣るものの馬券に絡むケースが多いようです。
inyofu 勝ち馬に多いのは第3コーナーあたりで既に3番手以内にいた先行馬。2-3着に多く見られるのがは徐々に前に進出して差してきた馬が食い込むパターン。
1番人気は割と堅いレースだが2着が波乱傾向のよう。好走率の高い57㎏の馬は今回はバトードール、カキツバタロイヤル、カリバーンの3頭。

南関東重賞初制覇へ!【カリバーン】

inyofu 5走前の大井記念の勝ち馬はサミットストーンで、その時のサミットストーンは2着に5馬身差をつける快勝を見せました。2着とカリバーンの差は0.3秒差と差ほど離れていません。そこから半年過ぎた前走勝島王冠では0.1秒差の2着。好走はしてくる1頭なので、ここでも軸本命という意味で言えばカリバーンでいいのではないかと見ています。
inyofu 早速ですがこのレースは12番の◎カリバーンが本命。この馬は東京大賞典にも登録がありましたが、確実に賞金を稼げるココに標準を合せたみたいですね。長めの距離にも実績がありますから小回りコースで上手く立ち回れば上位争いになりそうです。
inyofu カリバーンはトップハンデタイだが 左回りの2100mはいい条件。 南関重賞初制覇のチャンス。
参考レース せきれい賞

トップハンデタイのカリバーンは今回有力視されている。距離も問題なく、傾向的にも好走率の高い57㎏なので期待出来るか。

移籍初戦【トーセンジャガー】

inyofu 対抗にはトーセンジャガー。未知数な部分が多いのですが、ダート替わりの一変を見せてくれる方に期待したいと思います。
inyofu 相手はトーセンジャガー。 過去にはJRAダートで 2回出走して1着、3着の成績。 芝からのダート変わりは問題ない。
inyofu トーセンジャガーは移籍初戦。 JRA時代は◎と同等程度走っており 56kgは恵まれたともとれる。初戦の仕上がりがカギ。
移籍初戦で未知の部分もあるトーセンジャガーはここで仕上げてくるか。ダートは過去3着、1着と問題なさそうである。

ダービーグランプリ勝者【ドラゴンエアル】

inyofu 決め手は確かな馬ですが、コース設定がちょっと微妙。まぁそういう馬が3着に食い込んでくるレースですし、Jもコースなりのレースをしてくれるんじゃないかと。
inyofu ダービーGP快勝のドラゴンエアル。 別定戦で斤量2キロ減も恵まれた。 川崎は砂の入れ替えでスタミナが 問われるタフな馬場。 父タイムパラドックス、母父クロフネなら、 スタミナ勝負にはもってこい。 羽田杯ではハッピースプリントの3着など 南関屈指の実力で、ここでも中心視。。
inyofu ドラゴンエアルは末脚が魅力の馬。 古馬初対戦も54kgなら十分対抗可能。 川崎は3戦2連対と相性よし。
参考レース ダービーグランプリ

ドラゴンエアルは前走ダービーグランプリを含め近走好走率が高いので今回も期待出来るか。斤量2㎏減も魅力である。

今年最初の南関東重賞制覇へ!

1番人気のカリバーン、移籍初戦に期待のかかるトーセンジャガー、ダービーグランプリ覇者のドラゴンエアルの他にも昨年の2着アウトジェネラル、5歳の2014年は休み明けを除くと5着以下なしという安定感のあるニシノファイターも侮れない存在である。南関東重賞の一発目をとるのはどの馬か!?

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line