TOP > 競走馬 > 「ダノンリバティ」内目の枠で攻め駆けしたい【京成杯AH】
競走馬

「ダノンリバティ」内目の枠で攻め駆けしたい【京成杯AH】

マイル路線で息の長い活躍を見せるダノンリバティが京成杯オータムハンデに出走する。3歳時は芝・ダートの二刀流で活躍していたが、その後は芝のマイルを中心に使われ、昨年の六甲ステークスを制した。その後は昨年の関屋記念2着、今年に入っては中京記念でも5着、関屋記念では3着と堅実な走りをしているダノンリバティについてまとめてみた。
ダノンリバティ

【谷川岳S】うまく立ち回って2着!

バックストレートでは好位の内3番手を進んでいく。直線ではなかなか進路が無かったが、相手からは良い脚を使いクビ差まで追い詰めたところでゴールインとなった。
動画を見る
inyofu 2着 ダノンリバティ(松若騎手) 「内枠でロスなく立ち回れました。ソラを使う部分があって仕掛けを待った分は良かったと思います」

【中京記念】良い脚を使うが掲示板内まで...

レース前半は中団馬群の外目を追走し、有力馬を前に見る形。4コーナーから一気に外に持ち出して直線コースへ向かうと、ジリジリと脚を使い最後は5着にまで食い込んだ。
動画を見る
inyofu 5着 ダノンリバティ(松若風馬騎手) 「テンが速く、置かれる形になりましたが、この馬のリズムで終いまでしっかり走ってくれました。内容は悪くありません。使って良くなると思います」

【関屋記念】前々で粘って3着!

好スタートから逃げ馬を見るようにして4番手の位置で進めていく。じっと我慢して直線では残り500m辺りから追われて、内目から懸命に差を詰めていき、最後は2着のウインガニオンにクビ差迫ったところがゴールであった。
動画を見る
inyofu 松若騎手(ダノンリバティ=3着)「4コーナーの進路の取り方を迷ったのが最後に響いた。ラストはよく伸びていた」

【京成杯AH】追い切り 軽快な脚さばきを見せる!

inyofu 中京記念5着、関屋記念3着と、昨夏((5)(2)(10)着)同様にシリーズ皆勤賞となるダノンリバティ。最終追いは栗東坂路でセネッティを相手に馬なりで1馬身先着と、攻め駆けするタイプらしく軽快な脚さばきを見せた。先週の坂路で4F50秒8をマークしており、疲れは感じられない。
inyofu 「先週、クリソライトとしっかり(併入で)やったので、これでいい。動きは悪くなかった。ただ、中山は去年のこのレースも走っていないし、難しい。内枠がほしい」と音無調教師。勝つには運が必要か。

昨年も中京記念5着、関屋記念2着というローテーションで挑むも、14番枠という不利な外枠で力を発揮することが出来なかった。今年は是非とも内枠が欲しいところである。ここで上位に食い込めば、サマーマイルシリーズ優勝も見えてくるのでここは一つでも上の着順を狙いたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line