TOP > 競走馬 > 【2015年キーンランドC】タフさが持ち味!得意の洋芝で反撃したいレンイングランド
競走馬

【2015年キーンランドC】タフさが持ち味!得意の洋芝で反撃したいレンイングランド

3歳馬のレンイングランドは今年すでに6戦を消化。古馬初対戦となった5戦目の函館SSでは、低評価に反発し3着に好走。しかし次走のアイビスサマーダッシュは直線競馬が合わなかったのか、8着に負けてしまった。ただ、札幌コースで1勝している実績や、涼しい北海道や冬で勝利を挙げているので、新潟から札幌コースに代わるのはプラスに働くはずだ。2007年クーヴェルチュール以来の3歳馬の勝利を目指すレンイングランドについてまとめてみた。
馬キュレ

【キーンランドC】1週前追い切り情報 巻き返しに自信あり! 

レンイングランドはすでに函館入りし、滞在で調整している。1週前追い切りはWコースで馬なり単走を行った。前走後は夏負けをしてしまったようだが、すぐに回復したそうだ。函館SSの時と同じ出来に戻っているとのことなので、巻き返しは必至だろう。以下、陣営のコメントを掲載する。
inyofu 最終追いはWコース単走で5F71秒0―13秒0。馬なりのまま余力十分にシャープな伸び。

渋田助手は「しまい重点で動きは良かった。前走の千直(アイビスSD8着)は忙しすぎた。レース後は少し夏負けしていたが、2、3日ですぐに回復。いい状態だった2走前と同じぐらいの出来にある。得意の距離に戻してどこまでやれるかですね」と巻き返しへ力を込めた。

【クリスマスローズS】先手主張で逃げ切り勝ち!

好スタートから果敢に先手を奪う。前半3ハロン33,5の厳しい流れも、直線コースに入ると後続に一気に差をつける。最後は一杯一杯になるが粘り切って先頭でゴールを駆け抜けた。
inyofu レンイングランド(松岡正海騎手) 「ゲートを出た感じで、行けたら行って、渋太さを生かす競馬をして欲しいと言われていました。その通りの競馬ができてよかったです。物見したりと、まだ集中し切れていないところはありますが、粘ってくれたので能力があると思います。(矢作調教師が)リーディングを獲れるといいですね。願うばかりです」

【函館SS】馬群を割って波乱演出!

2歳オープン特別の勝利実績はあったが、重賞ではいまいちの成績が続いていたためここでも12番人気と評価は低かった。今までは先行策をとっていたが、ここでは後方から差す競馬を選択。これが功を奏し、直線で馬群を縫いながら伸びて3着を確保。古馬と通用することを証明した。
inyofu レンイングランド(菱田裕二騎手) 「行ってほしいという指示でしたが、周りの馬が速くて行けませんでした。今日は展開がハマった感じです」

【アイビスサマーダッシュ】直線競馬が合わなかったか… 8着に敗退

母マリンフェスタが同レースで2着に好走していることからこのレースでは3番人気の高評価を得た。前走とは違い再び前目のレース運びをする。しかし初めての直線競馬に戸惑ったのか、勝負所でも反応せず8着に敗戦した。
inyofu レンイングランド(北村宏)前半の手応えは悪くなかったが、途中から馬体が伸びてスピードダウンした。

芝1200m戦は4戦して2勝3着2回と馬券圏内に100%入っており、ここでもまた好走できれば1200mのスペシャリストになれる資質があるということになるだろう。昨年のデビューから一度も3か月以上の休養がないにも関わらず、オープンで堅実に走っているのを見ると、かなりタフであることが伺える。今回もそのタフさを生かし結果を残して、3歳スプリント路線の代表を担える存在となれるか、注目である。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line