TOP > 地方競馬 > 年明けマイル伝統の一戦 2015年【ニューイヤーカップ】
地方競馬

年明けマイル伝統の一戦 2015年【ニューイヤーカップ】

好メンバーがそろいオッズも割れている今回のニューイヤーカップ。例年人気馬が強いが今回は予想が割れるかも知れない。そんなニューイヤーカップの有力馬をピックアップしてみた。
馬キュレ

枠順確定

inyofu 1 ラッキープリンス 牡3 56.0 吉原寛人 小久保智
2 コスモグリズリー 牡3 56.0 真島大輔 宗形竹見
3 ノースノース 牡3 56.0 繁田健一 林正人
4 ハタノガイスト 牡3 56.0 石崎駿 佐藤賢二
5 ウインバローラス 牡3 56.0 今野忠成 河津裕昭
6 パーティメーカー 牡3 56.0 御神本訓 小久保智
7 コールサインゼロ 牡3 56.0 本橋孝太 佐藤裕太
8 オウマタイム 牡3 56.0 左海誠二 林正人
9 コンドルダンス 牡3 56.0 的場文男 斉藤敏
10 ビービーキャリバー 牡3 56.0 町田直希 武井栄一
11 ルコンポゼ 牡3 56.0 楢崎功祐 的場直之

過去の傾向

inyofu 上位人気馬の信頼度は高め。1人気は【1-3-3-3】 イマイチ勝ち切れていないものの複としての信頼度は〇 1着は3-4人気の馬が多く、1・2人気の馬は2-3着に終わるケースが多いので対抗視されているようなタイプから買ってみるのが面白そう。
inyofu 前目の馬が中心。 四角1番手・2番手の押し切りがかなり多く、3着以内に残るケースが殆ど。 差し決着というのは全く見られません。
inyofu 勝ち馬は5-8枠に集中。トータル実績で2-3枠は好成績ですが、最内の1枠がかなりの不振傾向です。
上位人気馬の信頼度は高いが1人気がそのまま1着はあまり無い。前目の馬が有利なレースのようである。

ダートでも重賞を【パーティメーカー】

inyofu パーティメーカーは芝で重賞を勝っているが ダートもJpnⅠ5着が最下着と走っている。 浦和替わりはプラスとなりそうで本命。
inyofu 門別でのデビューは【1-0-3ー0】と順調な滑り出し、そのまま挑戦した札幌のコスモス賞(芝1800)では4着。その後2戦芝で試すも、中央の強豪相手では分が悪いと判断され南関のダート路線へ。転厩初戦の浦和マイル戦では4~5番手につけ、逃げた2頭を測ったように差し切り勝ち。続く全日本2歳優駿(川崎1600)でも地方所属馬として最先着、地力の高さをアピールしたわ。 ウインバローラス、さらにはラッキープリンス含め、前走からは一気に相手が下がる今回。条件がピッタリなパーティメーカーを、3頭の中では強く推したい。本命よ。
inyofu 前開催よりはパーティメーカーに走りやすい馬場になってきたと思う。実際前走川崎で合わない馬場に見えたけど割とやれてたところに成長を感じる
参考レース 全日本2歳優駿

前走の全日本2歳優駿で地方所属馬として最先着した時よりメンバーも下がるのでパーティメーカーには十分に制覇の可能性がある。

移籍初戦【コールサインゼロ】

馬主はあの演歌の大御所
inyofu コールサインゼロの所属は 昨年開業した元騎手の佐藤裕太調教師。 サブちゃんが北海道から有力馬を転厩させた。 距離がちょっと微妙かもしれないが 何としてもサブちゃんの心意気に応えたいところ。
inyofu デビュー戦こそ勝ったものの、そこから5連敗で内容も散々でした。ただ、9月になると徐々にスピードが出るようになった印象を受ける1頭です。課題といえば距離延長、これまでのレースは全て1200mではありますが、父カネヒキリは言わずと知れたダートレースで強さを発揮していた競走馬でしたし、母キタサンエージャンも1800m辺りでも結果を残している点を考えてみても、距離延長は期待の方が大きいのではないかなと見ています。
inyofu 一発ならコールサインゼロ。道営からの移籍初戦となりますが、サッポロクラシックカップを勝っており道営でも力は上位。距離が延びてさらに良さが出そうな血統だけに一発があっても不思議ではありません。
参考レース サッポロクラシックカップ

距離延長が吉と出るか凶と出るかが気になるコールサインゼロ。サッポロクラシックカップを制している実力は発揮されるか。

実績上位【オウマタイム】

inyofu オウマタイムは船橋移籍後 3戦2勝2着1回で重賞1勝。 流れも向きそうでここも有力。
inyofu 暮れの全日本2歳優駿の出走権がありながらパスして、ここを使う!鎌倉記念勝ちに加えハイセイコー記念では2着!でこのメンバーの中では格が一枚上の存在!脚質も先行して抜け出しを狙うんで浦和コースはバッチリ合いそう!人気を集めるとは思うけど逆らえないのでは?軸はここからでいいでしょう
inyofu 前走のハイセイコー記念では、抜群の手応えで直線に入り抜け出したものの、目標にされた分と馬体を離して追い込まれたため抵抗できず2着。それでも早め先頭から3着馬を競り負かした内容は力がある証拠。ここも有力。
参考レース 鎌倉記念

近走が1着二回、2着一回とノっているオウマタイム。先行馬なので今回のレースもかなり向いているのでは。

伝統の一戦制するのは!?

パーティメーカー、コールサインゼロ、オウマタイムの他にも船橋移籍後3戦2勝2着1回のコンドルダンス、重賞3戦で振るわなかったが侮れないラッキープリンスもニューイヤーカップを制する可能性は大いにある。果たして年明けのマイル伝統の一戦を制するのは!?

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line