TOP > エンタメ・雑学 > 2015年1月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2015年1月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2015年1月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
今週は名馬が続々選出された、JRA賞受賞馬ニュースを中心に、様々なニュースを紹介!
馬キュレ 

【JRA賞】2014年の年度代表馬は!?

inyofu 2014年度のJRA賞の受賞馬選考委員会が1月6日に行われ、各部門の受賞馬が発表された。年度代表馬は春にドバイシーマCを勝ち、引退レースの有馬記念でも勝利を収めたジェンティルドンナ(牝6、栗東・石坂正)で、同時に最優秀4歳以上牝馬としても受賞している。同馬は2012年度も年度代表馬に選出されており、これが2度目の選出となった。
年間でもっとも活躍した競走馬に送られる称号である、2014年の年度代表馬は、GI【有馬記念】で有終の美を飾った【ジェンティルドンナ】に決まった。【ジェンティルドンナ】は、2012年度も年度代表馬に選出されており、これが2度目の選出である。ちなみに、2度の 選出を果たしたのは、日本競馬史上8頭目の快挙である。

【JRA賞】各部門の受賞馬は!?

inyofu ■最優秀2歳牡馬 ダノンプラチナ

■最優秀2歳牝馬 ショウナンアデラ

■最優秀3歳牡馬 イスラボニータ

■最優秀3歳牝馬 ハープスター

■最優秀4歳以上牡馬 ジャスタウェイ

■最優秀短距離馬 スノードラゴン

■最優秀ダートホース ホッコータルマエ

■最優秀障害馬 アポロマーベリック
【JRA賞】各部門の受賞馬は、GI【朝日フューチュリティステークス】を1番人気で制した【ダノンプラチナ】や、GI【ドバイデューティフリー】をレコード勝ちし、世界最強馬に選出された【ジャスタウェイ】など、名だたる名馬が選ばれた。

GI馬が続々種牡馬入り!

2012年GI【マイルCS】制覇!【サダムパテック】が引退・種牡馬に!
inyofu 2012年のマイルCS(GI、芝1600m)などを制したサダムパテック(牡7、栗東・西園)が1月7日付けで競走馬登録を抹消、現役引退となることがJRAから発表された。今後は北海道新冠郡新冠町の優駿スタリオンステーションで種牡馬となる予定とのこと。
inyofu 同馬は2010年10月にデビュー。デビュー3戦目の東京スポーツ杯2歳Sで重賞を初制覇し、翌年3月の弥生賞も制覇すると皐月賞では1番人気に推され、オルフェーヴルの2着に入った。翌2012年春からはマイル中心の重賞路線に専念し、同年のマイルCSでGIを初勝利。以降も渋太く活躍を続け、昨年2014年の中京記念ではハンデ58キロを克服し重賞5勝目を挙げていた。ラストランは昨年暮れの阪神C(11着)。
2013年GI【マイルCS】を制した【トーセンラー】が引退・種牡馬入り!
inyofu 2013年のマイルCS(GI、芝1600m)などを制したトーセンラー(牡6、栗東・藤原英)が昨年12月28日付けで競走馬登録を抹消、現役引退となったことがJRAから発表された(※年齢は抹消時のもの)。今後は、北海道日高郡新ひだか町のレックススタッドで種牡馬となる予定とのこと。
inyofu 同馬は2010年11月に新馬戦勝ち。翌2011年2月、デビュー4戦目のきさらぎ賞で重賞初勝利を挙げ牡馬クラシック3戦すべてに出走し、菊花賞では3着に入る好走を見せた。古馬となってからは芝中長距離の重賞路線に軸足を据え、2013年には京都記念で重賞2勝目、続く天皇賞・春では2着に入っている。そして同年秋、キャリア初のマイル戦となるマイルCSへ挑み、見事に勝利。同年3200mのGIで連対を果たした馬がマイルGIを制覇するという異例の活躍で、京都外回りコースにおける無類の強さを証明してみせた。以降もコンスタントに活躍、昨年暮れの有馬記念8着を最後にターフを去った。
共に芝の中距離路線で活躍した【サダムパテック】と【トーセンラー】が引退・種牡馬入りを発表した。両馬とも父の父が【サンデーサイレンス】という共通点を持つ良血馬で、種牡馬としての活躍も楽しみである。

2015年1月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
今週は名馬が続々選出された、JRA賞受賞馬をピックアップした。競馬界のMVPとも言われる年度代表馬は、春にGI【ドバイシーマクラシック】を制し、引退レースのGI【有馬記念】でも勝利を収めた【ジェンティルドンナ】が2度目の選出を受けた。【ジェンティルドンナ】は、既に引退・繁殖入りが決まっており、初年度の種付けは【キングカメハメハ】を予定している。それが実現したら、両親合わせGI9勝の超良血馬が生まれることになり、今後が楽しみである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line