TOP > 予想/馬券 > コース分析が出来れば馬券は当たる! 【中京ダ1800m】
予想/馬券

コース分析が出来れば馬券は当たる! 【中京ダ1800m】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
覆面馬主・データの8号監修
コース分析最新版は、競馬のカリスマ内にて無料公開中!
覆面馬主・データの8号監修「8ラボ」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


karisuma

中京競馬場のダート1800mでは2014年よりGⅠチャンピオンズカップの舞台にもなり、よりその重要度が上がっている。今回はこのコースを枠、血統、騎手、前走条件などから特徴を探り出しまとめてみた。データは新コースとなった2012年以降のものに基づく。
馬キュレ

枠順別成績!内か外か!

馬キュレ
スタートして数百メートルでコーナーに入るため、すんなり前に行けば経済コースを通れる内枠か、不利を受けない外枠に成績が集中している。8枠でも十分勝負になる、という点は覚えておいて損はないだろう。

種牡馬成績!大型馬の多いロベルトの血!

馬キュレ
1位のシンボリクリスエスを筆頭に、ブライアンズタイム、そしてその子供のタイムパラドックスの回収率が素晴らしい。これらに共通するのがロベルトの血で、大型馬が出やすく反応が鈍いところがあるので、この長い直線が合うようだ。この舞台ではさすがのディープインパクトも太刀打ちできない。

母父成績!ここでもロベルト!

馬キュレ
母父を見てもブライアンズタイムの名前があり、上記の憶測を裏付け形となっている。今後は母父にもシンボリクリスエスなどの名前が並ぶので、同じ系統の血統が出てきたら迷わず狙いだ。

騎手成績!関西の一流騎手!

馬キュレ
ローカル競馬場らしい騎手たちが並んでいるが、武豊、福永といった一流騎手たちが乗りに来た時は、関西の競馬を捨ててローカルの中京に来ていることがあるので、それなりの勝負気配だと睨んだ方がいいだろう。勝利数もさる事ながら、その率も高く、馬券的にも買い続ければプラスになるレベルなので、相当勝てる自信があると考えられる。

前走距離別成績!距離延長組は不振

馬キュレ
前走の距離別成績を見ると、同距離か短縮してきた馬の台頭が目立つ。一方で延長してきた馬は不振で、中京の急坂が待ち構える舞台では並ならぬスタミナが要されるようだ。

前走コース別成績!同コースに勝る適性なし!

馬キュレ
通常のローカルでは、前走で中央場所の東京、中山、京都、阪神で走っていた馬たちが出走してくれば、実力的に一枚上で勝っていくのが通例であるが、このコースは違うようだ。前走で同コース、または1900mで走っていた馬たちが穴をあけており、回収率がいい。普通は前走で同じコースを走っていたら人気になりやすく回収率は悪くなるものだが、それ以上にその経験は生きるようだ。


新コースとなって今年で4年目となるが、コースごとに見るとその施行回数も多くなく、馬券的にはまだまだ検討していく余地がある。特にこのコースはダートの中では最も番組が組まれており、攻略してしまえばドル箱コースと化ける。そしてその集大成が冬のチャンピオンズカップにつながれば幸せこの上ないだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line