TOP > 予想/馬券 > コース分析が出来れば馬券は当たる! 【中山ダ1800m】
予想/馬券

コース分析が出来れば馬券は当たる! 【中山ダ1800m】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
覆面馬主・データの8号監修
コース分析最新版は、競馬のカリスマ内にて無料公開中!
覆面馬主・データの8号監修「8ラボ」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


karisuma

中山のダートコースと言えば1200mと1800mが主流となっている。今回はこのコースを枠、血統、騎手、前走条件などから特徴を探り出しまとめてみた。データは過去10年のものに基づく。
馬キュレ

枠順別成績!意外や外枠!?

馬キュレ
「スタートしてすぐコーナー」のコースだけに内枠が有利な印象を受けるが、意外にも内枠は回収率が悪く、対して外枠は100%を超えるところも見られる。毎回頭数のそろいやすい条件だけに多頭数になることが多く、内枠の馬はスムーズに運びにくいことが考えられ、ゆえに外枠が買い、となる。

種牡馬成績!ダートでもネオユニヴァース!

馬キュレ
芝の小回りではこの中山競馬場でもヴィクトワールピサ、アンライバルドがGⅠを制しており、それはダートに替わっても健在のようだ。さらにスペシャルウィークなども活躍しており、サンデー系の種牡馬とは言ってもこのあたりはダートでの適性を見せてきているので覚えておきたい。

母父成績!王道の血脈!

馬キュレ
こちらはかつて一世を風靡した種牡馬たちが顔をそろえ、サンデーサイレンスとブライアンズタイムに関してはその回収率もよく、母父に替わってもまだまだ狙えるようだ。

騎手成績!積極的な騎手が買い!?

馬キュレ
このコースは直線が310mと短く先行が有利である。そのことをわかっているのか、積極策を取りやすい後藤騎手や北村騎手が好成績を残している。

前走距離別成績!先行馬は過剰人気!?

馬キュレ
前走の距離別に差はないが、脚質では先行馬が成績はいいものの、回収率は悪く、これはファンが前にいく馬を過剰に買っているからだと思われる。つまり狙いは「前走では前にいっていなかったが、今回前に行きそうな馬」である。それこそ馬を操る騎手の重要性が増すので、上述の騎手と合わせて覚えておきたい。

前走コース別成績!同舞台適性は生きる!

馬キュレ
どのコースからの臨戦過程でも大きな差はないのだが、勝利数では前走同コースが圧倒。回収率も平均以上で、コース適性の重要さを裏付けているので、中山コース適性はチェックすべき項目であろう。


中山競馬場のダートコースでは、1200mに続く距離がこの1800mとなっており、東京と比べると1400mや1600mの間がなく、その前後を得意としている馬たちの陣営は難しい。そこでこの距離に挑んできた馬を見極めるときこそ、この血統データなどを活用してみるといいかもしれない。1日にこのコースとダート1200mは複数回行われることが多いので、このコースを制することで中山開催を制すると言っても過言でない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line