TOP > 予想/馬券 > コース分析が出来れば馬券は当たる! 【中山芝1200m】
予想/馬券

コース分析が出来れば馬券は当たる! 【中山芝1200m】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
覆面馬主・データの8号監修
コース分析最新版は、競馬のカリスマ内にて無料公開中!
覆面馬主・データの8号監修「8ラボ」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


karisuma

GⅠスプリンターズSが行われる他、春のステップレース、オーシャンSなども行われる中山芝1200m。今回はこのコースを枠、血統、騎手、前走条件などから特徴を探り出しまとめてみた。データは過去10年のものに基づく。
馬キュレ

枠順別成績!内の偶数枠!

馬キュレ
中山は直線が短く追い込みが決まりにくいため、スタートしてすぐすんなり先行できるタイプの馬が好走しやすい。ゆえにゲートが後入れでスタートが切りやすく、無駄なく内側を走れる内枠の偶数枠番の馬が狙いとなる。

種牡馬成績!ここで登場マンカフェ!?

馬キュレ
マンハッタンカフェと言えば、菊花賞、有馬記念、天皇賞春を制した芝のステイヤーであるが、父に替わると全く異なる適性を示し始めた。真逆の条件とも言えるこのコースで堂々の3位。そしてその回収率も優秀である。これはかなり意外なイメージなので今のうちに頭に刻んでおきたい。

母父成績!サンデーのあとはフジキセキ!

馬キュレ
現在1位はサンデーサイレンスであるが、それに追随するのが直系のフジキセキである。単複ともに回収率が優秀で、今後さらに伸びていくと予想される。短距離血統フジキセキ!と覚えておきたい。

騎手成績!短距離はベテラン!?

馬キュレ
中山ダート1200mでも柴田騎手、横山騎手がワンツーに輝いており、芝ダート問わずこのコースと距離は得意としているようだ。また吉田隼人騎手はかつてこのコースで行われていたフェアリーSを11番人気のルルパンブルーで制しており、今でも単複回収率で優秀な成績を残しているので注目のジョッキーだ。

前走距離別成績!短縮馬が買い!

馬キュレ
前走から延長か短縮かを見るとその差は歴然。スタートの速い1200mに替わって一変する馬が多いようだ。また急坂もあるコースなので、単純な1200mだけのスピードでは乗り切れないということかもしれない。

前走コース別成績!共通点のあるコース!

馬キュレ
注目なのは新潟芝1400mと札幌芝1200mである。この二つは中山芝1200mと共通点を持っている。新潟は内回りコースのためテンの先行争いが激しい点が類似しており、そして1400mからの臨戦過程が上述と一致する。そして札幌は洋芝開催ということで、洋芝ではないものの時計のかかるコースとして有名な中山につながりやすい。これらの直結するコースを馬柱で見つけたら要チェックである。


中山競馬場には1400mという距離がなく、1200mか1600mかのどちらかに振り分けられる。それゆえ1400mを主戦場としてきた馬たちの取捨にはかなり悩まれるが、ここにある血統データや前走コースをチェックすることで篩に掛けて見るのが得策だろう。2歳戦も多く組まれ予想が難しいが、これらの武器を手にコースを極めれば当たり馬券は見えてくるだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line