TOP > 予想/馬券 > コース分析が出来れば馬券は当たる! 【中山芝1600m】
予想/馬券

コース分析が出来れば馬券は当たる! 【中山芝1600m】

荒れる中山のマイル戦!荒れるからこそ極めれば大勝ち!?今回はこのコースを枠、血統、騎手、前走条件などから特徴を探り出しまとめてみた。データは過去10年のものに基づく。
馬キュレ

枠順別成績!偶数枠が有利!

馬キュレ
中山マイルの外枠は不利、というのがよく聞く格言である。しかし実際にデータで見るとそこまで大きな差はない。ポイントは内外の差ではなく、ゲートが後入れでスタートの切りやすい偶数枠にある。奇数枠の複勝回収率が77%なのに対して、偶数枠は86%、単勝回収率は92%と優秀である。

種牡馬成績!ずぶいサンデー系

馬キュレ
ここではサンデー系の活躍が目立つが、その中でもダイワメジャー、ダンスインザダーク、マンハッタンカフェなどの比較的ずぶさが目立つ血統の馬たちは回収率がよく、穴をあけていることがわかる。サンデー系!だけでは今や絞れる時代ではないので、特にこの3頭を覚えておくといいだろう。

母父成績!ここでもサンデー!

馬キュレ
母父に関してはサンデー!と割り切って良いようだ。断然の勝利数に加え、その回収率も素晴らしく、母父サンデーサイレンスの馬を全て買うだけでもプラス収支になってしまう。このコースでは母父まで見ておきたい。

騎手成績!積極果敢なジョッキーが買い!

馬キュレ
中山マイルは枠別成績からもわかるように、スタートからの先行争いが重要で、かつ直線が短いので思い切って先行できるジョッキーが強い。そこで後藤、松岡、藤田、田辺騎手のような勝負強い面々が高い回収率を示しており、穴馬に乗ってたら注意が必要な存在だ。

前走距離別成績!中山は短縮が買い!?

馬キュレ
芝1200mに引き続き、距離短縮馬の活躍が目立つコースである。それだけ最後の直線の急坂は単なるスピードだけでは押しきれないということだろう。

前走コース別成績!中山マイスター!

馬キュレ
中山はトリッキーという声をよく聞くが、まさにその通りで、距離に関わらず、前走で中山を走っていた馬たちの好走が目立つ。特に上述したように短縮馬が強いため、中山芝1800m、2000mを使ってきた馬たちは複勝回収率100%を超える。中山は中山実績!


他場の1600m戦に比べると、スタートしてからの先行争いが激しく、直線が短いのが特徴的で、同じマイラーでもこのコースはまたひと味違うと言えるだろう。その距離のくくりより重要なのが中山実績で、かつてマツリダゴッホという馬がその有り余る適性からGⅠをも制したが、それは下級条件でも起こっていることで、それをつかむことがこのコース攻略への近道となりそうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line