TOP > 予想/馬券 > コース分析が出来れば馬券は当たる! 【中山芝2000m】
予想/馬券

コース分析が出来れば馬券は当たる! 【中山芝2000m】

GⅠ皐月賞が行われる舞台であり、その前哨戦ともなる京成杯、さらには重賞になったホープフルSも行われる、クラシックには欠かせない中山芝2000m。今回はこのコースを枠、血統、騎手、前走条件などから特徴を探り出しまとめてみた。データは過去10年のものに基づく。
馬キュレ

枠順別成績!内枠有利!

馬キュレ
皐月賞ではかつてヴィクトリー、サンツェッペリンが大穴をあけたように、とにかく前へ行き内にいる馬が残りやすい、ゴールドシップの皐月賞がまさに追い込み馬は内を突くしかない、ということを印象づけた。それだけ内をロスなく回ることが重要で、外枠の馬はスタート後、内に切り込む速さがあるかどうかを検討しなくてはならない。

種牡馬成績!トニービンの血が騒ぐ!?

馬キュレ
ジャングルポケットとハーツクライに共通するのがトニービンの血。ハーツクライは勝利数こそ少ないが、複勝率は50%に迫る勢い。ともに回収率も100%超えで完全にこのコースとマッチしていると言えよう。

母父成績!やっぱりトニービン

馬キュレ
父の項目でも取り上げたが、とにかくトニービンが強い。母父としても優秀で回収率はともに100%を超え数多くの穴馬を送り出している。父か母父にトニービン!というのがこのコースを攻略する血糖だ。

騎手成績!短距離とは真逆!

馬キュレ
中山の1200m、1600mでは柴田、横山騎手のワンツーが見られたが、この距離になると二人ともその成績はイマイチ。勝利こそあげるものの、その回収率は悪く、よほどの強い馬でないと厳しいようだ。どちらもよく騎乗しているだけに、思い切って消してみるのも手だ。

前走距離別成績!逃げ馬は消し!?

馬キュレ
上述の項目では逃げ、先行馬が残りやすいと記したが、それは疑いもない事実であるが、それを知ってか前走で逃げていた馬は回収率がひどく悪い。前有利ということが知れ渡り、ファンが過剰に買うためである。そのためポイントとなるのは、前走はハナこそ切っていないが逃げる可能性がある馬を探すことである。前走である程度先行する脚を見せ、このコースを得意としているジョッキーにエスコートされる馬が大穴をあける可能性は高いだろう。

前走コース別成績!セオリー通りの中山実績!

馬キュレ
これは距離にかかわず言えることだが、中山は距離にこだわらずその競馬場実績が生きてくる。ここでも前走で中山芝2200m、2500mを走っていた馬が穴をあける傾向にある。素直に中山実績を信頼すべきコースである。


中山は主要の東京、京都、阪神と比べてもかなりトリッキーなコースであり、能力だけでは押しきれないコースである。欠点が多い人ほど特徴が多い、という言葉があるが、それこそこの中山芝2000mを攻略するキーワードで、欠点が多く他場では大敗してきた馬でも、小回りで直線が短く、坂があるコースをこなす、という特徴を持つ馬がここで大金星を挙げられる。クラシックを楽しむにも欠かせないコースなので早めに攻略したいコースである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line