TOP > レース > 【AJCC】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【AJCC】過去5年のレースをプレイバック!

これぞ中山のGⅡ!中山巧者量産のAJCCの過去5年をプレイバック!
馬キュレ

2014年 中山巧者!ヴェルデグリーン

1番人気は1600万条件を勝ったばかりのレッドレイヴンがおされるも、2番人気は中山4勝のヴェルデグリーンとなった。さらには4歳馬ケイアイチョウサン、前年の覇者ダノンバラードと続いた。レースは最終週らしく外目を通ったヴェルデグリーンが田辺騎手に導かれて1着。そして大接戦の末2着には11番人気のサクラアルディートが入線。鞍上のベリー騎手は前年の当レースでもダノンバラードで1着だった。そして3着には中山巧者バランスオブゲームの弟フェイムゲームが入った。

2013年 審議になるも!ダノンバラード

アルゼンチン共和国杯を制し、有馬記念8着からの参戦のルルーシュが1番人気に推され、続いてアドマイヤラクティ、ダノンバラードが人気を集めた。この歳から降着制度が変更になり、その変更の矢先に議論を醸し出すレースとなってしまった。またそれが短期での騎乗の外国人騎手だったこともあり、さらに議論が白熱した。結果的に裁決では2着だったトランスワープは不利がなくてもダノンバラードを交わすことはできなかっただろう、と判断されたが、ファンや評論家から抗議の声が出るほどの事態となり、苦いレースとなった。

2012年 良血開花!ルーラーシップ

前走で半年ぶりのレースながら有馬記念4着に好走したルーラーシップが1.4倍の断然人気に推された。馬場は不良馬場であり、かなり重い馬場となった。内外がかなりの差となり広がった展開となったが、断然人気のルーラーシップは力が違ったのか、大外からごぼう抜き!実力の違いを見せつけた。2着にはナカヤマナイト、3着にはゲシュタルト、そしてスランプに陥っていたオークス馬サンテミリオンが4着に好走した。

2011年 本格化の兆し!トーセンジョーダン

この年は脚に不安を抱え、故障続きだったトーセンジョーダンが前年の夏から復活し、アルゼンチン共和国杯ではトップハンデを背負い優勝。有馬記念こそ5着に敗れたが、ここでは1.9倍の断然人気に推された。続いて中山金杯1着のコスモファントム、3連覇のかかるネヴァブションと続いた。終始馬群でラクに追走していたトーセンジョーダン&内田騎手は直線でラクラクと抜け出し優勝。そして2着には前走シンガリ負けからの巻き返し、ミヤビランベリ、3着に8歳馬ネヴァブションが入った。

2010年 古豪の連覇!ネヴァブション

1番人気は皐月賞馬キャプテントゥーレ、2番人気には兄にシックスセンスを持つデルフォイ、そして前年3着のトウショウシロッコ、天皇賞春を制したマイネルキッツ、連覇のかかるネヴァブションは5番人気であった。レースは逃げるシャドウゲイトに、名手横山典弘がネヴァブションを道中から少しずつポジションをあげて射程圏内へ。人気薄の逃げということで後方勢は仕掛けが遅れ、前2頭の争いに。しかしネヴァブションの横山騎手の手応えは余裕で、最後は計ったかのようにきっちり捉え優勝。2着シャドウゲイト、3着トウショウシロッコと7歳、8歳、7歳馬たちの1~3着となり、2009年に引き続き、ネヴァブション、トウショウシロッコの1.3着となった。


有馬記念が終わり1ヶ月後の重賞ということもあり、GⅠの大舞台へこそ立てなかったが、GⅡを地道に歩む馬たちが毎年顔をそろえる。特に中山を得意とする中山マイスターたちが集まり、エアシェイディ、マツリダゴッホ、ネヴァブション、トウショウシロッコ、ナカヤマナイト、ヴェルデグリーンなど決してGⅠでは主役と言えない馬がスポットを浴びるレースとなっている。今年その中山マイスターの頂きに立つ馬は誰だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line