TOP > 地方競馬 > 大井、今年最初の重賞! 2015年【TCK女王盃】
地方競馬

大井、今年最初の重賞! 2015年【TCK女王盃】

大井年明け最初の重賞レースTCK女王盃。8頭立てという少ない中で争われる女傑達の真冬のダート戦。女王の座を得るのは果たして!?
馬キュレ

枠順確定

inyofu 1 クロスオーバー 牝4 54.0 畑中信司 別府真司
2 トロワボヌール 牝5 56.0 戸崎圭太 畠山吉宏
3 レッドクラウディア牝6 55.0 森泰斗 荒山勝徳
4 アクティビューティ 牝8 56.0 内田博幸 柴田光陽
5 サンビスタ 牝6 57.0 C.デム 角居勝彦
6 エスメラルディーナ 牝4 55.0 北村宏司 斉藤誠
7 ソーミラキュラス 牝5 54.0 柴山雄一 鹿戸雄一
8 タッチデュール 牝6 54.0 横川怜央 笹野博司

過去の傾向

inyofu 【3-5-1-1】と1人気が優秀。勝率が高いのは2人気の馬。いずれにしても上位人気馬の信頼度はかなり高めです。
inyofu 4歳馬は勝率・連対率がイマイチ。好走率ではあまり差がありませんが6歳馬の活躍が目立ちます。
inyofu 好走率が高いのは56㌔以上を背負った馬。率はイマイチでも54㌔の馬は優勝馬の半数を占めるなど侮れません。
人気馬が信頼度の高いレース。4歳馬はクロスオーバーとエスメラルディーナ、6歳馬はレッドクラウディアとサンビスタとタッチデュールである。56㎏以上背負っているのはトロワボヌールとアクティビューティとサンビスタである。

7連勝中!【ソーミラキュラス】

inyofu ソーミラキュラスは現在7連勝中。 スピードとスタミナがあり、今後重賞戦線で どんな活躍をするか楽しみな馬。 まずは重賞初制覇に期待。
inyofu 3番手にソーミラキュラス。今の勢いなら、あっさり優勝があってもおかしくないでしょう。
inyofu 大井競馬ファンにも馴染みのある馬でしょう。中央未勝利から大井の堀千亜樹厩舎<小林>に所属し3戦3勝の圧勝で中央へ再転厩しました。現在7連勝中と最大の上がり馬。
参考レース 咲花特別

ソーミラキュラスの7連勝の勢いは止まらないか!?このまま一気に重賞制覇をして成り上がっていくことが期待されるレースである。

クイーン賞制覇!【トロワボヌール】

inyofu トロワボヌールは前走で重賞初制覇。 ダートでは連を外しておらず、ここも注目。
inyofu トロワボヌールを対抗にしました。こちらも56.0kgを背負うものの、恐らく前走の雰囲気ならば1.0kg程度の斤量増はさほど影響はなそうだなと思います。比較的に内枠に入ったのもこの少頭数ならプラス材料と見て良さそうですね。
inyofu ダート重賞初挑戦だったJBCレディスクラシックはサンビスタの2着で、前走のクイーン賞はテン乗りの戸崎圭太騎手背に重賞初制覇を飾りました。引き続き戸崎騎手が騎乗。
参考レース クイーン賞

トロワボヌールは前走クイーン賞で重賞を制覇している。今回のレースは傾向的にクイーン賞優勝馬が多く勝っているので期待出来る。

7連勝中!【ソーミラキュラス】

inyofu サンビスタは昨年のJBCレディスCの覇者。 前走のチャンピオンズCも僅差4着で 力は最上位。57kgでも問題無いだろう。 少ないウィークポイントを探すとすれば鞍上か。 クリスチャンって下手ではないけど、 超スゴイとも思えなくて、隙はありそう。
inyofu サンビスタは堅いんじゃないのかなと思います。斤量57.0kgを背負うところで紛れも十分考えられますが、軸として考えればサンビスタでしょう。ちとばかり抜けている存在だし、ダートグレード競走では先行していくので、前残りに警戒したいという今日のレースでは展開もバッチリと合うはずです。
inyofu 昨年のJBCレディスクラシックを完勝してJpnⅠホースに輝くと、前走のチャンピオンズカップは強豪牡馬たちに挑戦し4着でした。今回はどんな強さを見せるか楽しみです。
参考レース JBCレディスクラシック

実力的に一つ抜けた存在のサンビスタ。57㎏の斤量もモノともしない走りを見せてくれるだろうと期待がかかっている。

真冬の女王はワタシ!

大方の予想は7連勝中のソーミラキュラス、クイーン賞制覇のトロワボヌール、JBCレディスクラシック制覇のサンビスタで占められているであろう今回のTCK女王盃。他には過去にクイーン賞で1着と2着をとった経験のあるアクティビューティも一発があるかもしれない。8頭立てと少ない中で争われる今回のレースはしっかり予想を絞って臨みたいところである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line