TOP > 予想/馬券 > 本命馬より対抗馬が重要か!?【第56回AJCC】予想まとめ
予想/馬券

本命馬より対抗馬が重要か!?【第56回AJCC】予想まとめ

古馬中長距離の実力馬が集まるGII【第56回アメリカジョッキークラブカップ】の予想記事をまとめてみた。
馬キュレ

過去10年の傾向

inyofu 内寄りの馬番が優勢だが
過去10年の馬番別成績をまとめてみると、「3~6番」に連対馬が集中している。しかし、その内側の「1、2番」はいまひとつで、昨年2着のサクラアルディート(2番)が、過去10年で唯一の連対例である
inyofu 単勝オッズ別の成績が特徴的
過去10年の優勝馬10頭は、すべて単勝オッズが10倍未満だった。ただし、「2.0~2.9倍」だった4頭がすべて4着以下に敗れているというのは気になるデータだ。そして、2着には10倍以上の馬が6頭入り、3着馬は10頭中9頭が「3.0~19.9倍」と、特徴的な分布になっている。
inyofu 臨戦過程にも特徴あり
このレースには毎年様々な臨戦過程の馬が参戦しているが、好成績となっているのは前走が「前年秋の芝2000m以上のGI・JpnI」だった馬。これに該当する馬で当レースを優勝したのは、すべて前走が「有馬記念」だった馬となっている。また、前走が「中山金杯・京都金杯」だった馬も好成績。それに対し、前走が「オープン特別」や「1600万下」だった馬の成績は、いまひとつだ。
inyofu ×単勝50倍以上
(0-0-0-38)
×関東馬で単勝オッズ30倍以上且つ6番人気以下
(0-0-0-35)
△追込
(0-1-0-36)
○前走有馬記念
(4-2-1-9)
△前走OP特別
(0-1-3-19)
×前走条件戦で2着以下
(0-0-0-9)
×間隔10週以上で当日6番人気以下
(0-0-0-14)

過去5年の中山芝2200m種牡馬別成績

inyofu ステイゴールド  (8-6-4-53) 11.3% 19.7% 25.4%
ネオユニヴァース (5-6-4-21) 13.9% 30.6% 41.7%
ディープインパクト(5-4-3-27) 12.8% 23.1% 30.8%
シンボリクリスエス(4-5-5-44) 6.9% 15.5% 24.1%
ジャングルポケット(4-3-3-35) 6.9% 15.5% 24.1%

ハーツクライ   (3-2-4-27) 8.3% 13.9% 25.0%
タニノギムレット (2-2-1-22) 7.4% 14.8% 18.5%
ダンスインザダーク(2-1-2-16) 9.5% 14.3% 23.8%
キングヘイロー  (1-2-0-14) 5.9% 17.6% 17.6%
デュランダル   (1-0-1-3) 20.0% 20.0% 40.0%

タイキシャトル  (0-0-1-6)  0.0% 0.0% 14.3%
ブラックタイド  (0-0-0-1)  0.0% 0.0% 0.0%

ほぼ間違いなく勝ち負け ゴールドシップ

inyofu ある程度、スタートを失敗しても押していけば先行できるコースであり、形状としては阪神芝2200mにかなり似ているコースだ。ゴールドシップはこのコースを走ることは初めてになるが、向かない理由が特に見つからない。 岩田騎手は有馬記念の敗因を「スローなのに早く動けなかったこと」と述べている。まず間違いなく今回は自分でレースを作るべく、序盤から前目につける競馬をするはず。重い芝の中山コースで、ロングスパート勝負になりやすい中山芝2200mで、GI5勝のゴールドシップが先行策をとったとしたら、、、ほぼ間違いなく勝ち負けするだろう
現役では最多となる5つの芝のGIタイトルを保持しているゴールドシップ。前走の有馬記念は、約3か月ぶりの実戦で3着。本馬以外にGIホースが不在の今回、主役の座は譲れないだろう。

マイナスポイントは見当たらない フェイムゲーム

inyofu ハーツクライ産駒は中山芝中距離を得意にしている。2200mは2000mや2500mに比べてやや適正が落ちるものの、2013年にはアドマイヤラクティが、昨年はフェイムゲーム自身が3着になっている。先週の京成杯では近親のベルーフ(父ハービンジャー)が快勝。馬場は合っているはずだ。そもそもフェイムゲーム自身が京成杯やAJCCで好走していることから、この時期の中山の芝は得意と判断して良い。
inyofu しかもハーツクライ産駒は2番人気以下で力を発揮する。今回、ゴールドシップという絶対的な1番人気がいる環境は、ハーツクライの好走条件に合致する。有馬記念を除外されて予定に狂いが生じたこと以外、大きなマイナスポイントは見当たらない。
主な勝ち鞍は2013年の京成杯、2014年のダイヤモンドS、アルゼンチン共和国杯と重賞を3勝。GIでは昨年の天皇賞(春)と宝塚記念の6着が最高着順だが、その天皇賞(春)ではゴールドシップに先着を果たしている。

エンジンの掛かりの速さはこちらが速い エアソミュール

inyofu ゴールドシップを目標にしながら要所でその直後を狙う、或いはゴールドシップが迷って動けずにいるところに外から押し上げて蓋をするような格好になればなお面白い。特に仕掛けの意識は薄い岩田なので、前に壁を置いているところに外から被せれば確実に出し抜ける。そういった競馬も必要になる相手だろうと思う。ポテンシャルに関してはゴールドシップが一枚上手だとは思うが、エンジンの掛かりの速さはこちらの方が速い。上手くその点を活かしながらシップの良さを削ぎつつ、この馬のポテンシャルを引き出す競馬に持ち込めれば十分勝負できるだろう。
好メンバーがそろった前々走の毎日王冠で重賞2勝目をマーク。GIのビッグタイトルを狙えるところまで力をつけてきている。前走の金鯱賞も、コースレコードで優勝したラストインパクトから0秒3差の3着。以前よりも安定感が格段に増しており好走が期待できる。

前々で競馬できれば勝ち負け狙える クリールカイザー

inyofu ここの所オールカマー、アルゼンチン共和国杯、ステイヤーズSと、 トップクラスの中長距離G2ですべて馬券に絡む活躍。 先行力がありますし、オールカマーでの3着もあり、 中山芝2200mも勝利経験あり、中山自体も全体的に成績がよく、 いかにも狙い目の馬。 前々で競馬できれば十分この馬も勝ち負けを狙えるところにいると思います。
まだ重賞のタイトルは獲得していないものの、安定感のある走りを続けている。昨年春の湾岸Sを3馬身差で快勝した中山2200mに舞台が替わるのは歓迎材料。今回も上位争いは必至だろう。

馬場がタフでも能力落ちないのが強み ディサイファ

inyofu ◎ディサイファは馬場が高速ではないだろうと見ての本命。まあ頭数は揃うけど先行するメンツは多くないしここ2戦不満だったポジショニングはマシにはなるかなと。それと総合力の高いタイプで外回りの中山とはいえゴールドシップは流れて前が潰れないと動きにくいだろうし主導権は奪えるのと、この馬の場合高速馬場ではややパフォーマンスはしんどくて、馬場がタフになっても能力が落ちない点は強み。ここは距離も微妙で人気もないだろうし積極的に狙いたい。
前走のジャパンカップは15着と手も足も出ず。前走後は放牧には出されず厩舎で調整。約2か月ぶりの実戦でも抜群の好気配を見せており、GIIに戻る今回はその実力を見直す必要がありそうだ。

3着なら十分あり得る ユニバーサルバンク

inyofu 穴っぽいところならユニバーサルバンク。 2012年にオールカマーで3着の実績があり、 2013年にはステイヤーズSで2着という実績がある中長距離での活躍が目立つ馬。 なかなか結果には結びついていない苦労馬ですが、 安定した先行力がありますし、 ネオユニヴァースはこのコースの好走血統。 3着なら十分あり得ると思います。

みんなの予想


このレースの中心はもちろんゴールドシップ。戦ってきたメンバーが違いすぎる。ここで負けるとすれば極端に高速馬場となり、出遅れでもしない限りは3着は固い。問題は相手探しだがフェイムゲーム、エアソミュールが本線。オッズ狙いたいならクリールカイザー、ディサイファまで。簡単なようで難しい1戦になりそうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line