TOP > エンタメ・雑学 > 2015年1月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2015年1月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2015年1月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
いよいよレース開幕となる東京競馬場でのイベントなど、様々なニュースを紹介!
馬キュレ

ジェンティルドンナのお相手決まる

2014年の有馬記念で7冠を達成し引退したジェンティルドンナの初年度の交配相手がキングカメハメハに決まった。
inyofu 有馬記念後はハービンジャーも候補に挙がっていたが「ジェンティルは長い距離が得意だったので、ハービンジャーで長い(距離が得意)同士になるのは避けたかった。初子だといろいろな危険も伴うし、より実績のあるキングカメハメハで。血を残したいので、できれば牝馬を望みたい」。
inyofu 早ければ2月下旬にも種付けが行われ、産駒はジェンティルドンナと同じサンデーレーシングの勝負服で走る予定だ。
有馬記念を制し、最優秀4歳以上牝馬と2度目の年度JRA賞代表馬に輝いたジェンティルドンナ。これからも楽しみが増えそうだ。

いよいよ今週末から東京競馬京開幕!

inyofu 2015年JRA GI第一弾・フェブラリーステークス開催!今年も東京競馬がいよいよ開幕。
寒い冬も熱く盛り上がれるイベントを多数ご用意しております。
皆様お誘いあわせのうえ、ぜひ今年も東京競馬場にご来場ください!
1月31日(土)から遂に開幕となる東京競馬場はイベントも盛りだくさん。ダートコースの砂プレゼント抽選会やカントリーミュージック生バンド演奏など、 レース以外でも来場者を楽しませてくれる。

今年も【さっぽろ雪まつり】にサラブレットの雪像登場!

inyofu 2月5日(木)から始まる「第66回さっぽろ雪まつり」において、昨年に引き続き雪像の制作及びプロジェクションマッピングの上映を行います。
雪像は、北海道で生まれたサラブレッドの力強くも美しい姿をモチーフとしています。
また、夜には雪像を舞台にプロジェクションマッピングを上映いたします。あたかも雪像が動き出すような躍動感を、光と音で表現します。さっぽろ雪まつりにお越しの際は、ぜひご覧ください。あわせて土・日曜日の競馬開催日には札幌競馬場にもぜひご来場ください。
inyofu <雪像>
(大きさ:幅12メートル、高さ6メートル)
北海道は、日本を代表するサラブレッドの産地です。数々の名馬が北海道の牧場から誕生していきました。今回の雪像は、北の大地で生まれたサラブレッドの、いまにも動きだしそうな勢いのある、そして力強くも美しい姿をサラブレッドの頭部で表現します。
inyofu <プロジェクションマッピング>
表現するのは、いきいきと動き出すサラブレッド。雪像に命が宿り、動き出したサラブレッドは、徐々に熱を帯びていき、札幌の街中を駆け抜け、最終目的地である競馬場へと向かいます。最後は、その使命として力の限り精一杯走り抜け、再び雪像へと戻っていきます。雪像を舞台に、幻想的な世界を表現します。サラブレッドの躍動感をお楽しみください。
去年に引き続き、今年も【さっぽろ雪まつり】にJRAが出展する。今年のテーマは「サラブレッドの息吹」、開催期間は2月5日(木)~11日(祝・水)まで、場所は、さっぽろ雪まつり 大通2丁目会場「道新 氷の広場」で行われる。

超良血馬【マテンロウハピネス】がデビュー戦にて圧勝!

inyofu 1月25日、中京競馬場で開催された第5R・3歳新馬(芝1400m)は、好スタートからハナを奪うとマイペースの逃げに持ち込み、直線では後続をグイグイ突き放し1番人気マテンロウハピネス(牡馬3、栗東・昆)が圧勝した。勝ちタイムは1分24秒3(良)で、鞍上は松田騎手。7馬身差の2着は2番人気レッドディザーブ、3着には11番人気のエクレールが入線している。
父【ダイワメジャー】×母【レディハピネス】、母父【Montjeu】母母はオークス馬である【レディパステル】という期待の良血馬【マテンロウハピネス】が1番人気に応え、後続に7馬身の差をつけて圧勝した。今後が楽しみな1頭である。

【サンデーサイレンス】の初年度産駒【ジェニュイン】死す!

inyofu 1995年の皐月賞、1996年のマイルCSを制したジェニュイン(牡23)が繋養先の社台スタリオンステーションで死んだことが明らかになった。死因は放牧中の怪我とのこと。
inyofu 同馬はサンデーサイレンスの初年度産駒として1994年にデビューし、1995年の皐月賞を制覇。父に初のクラシックタイトルをプレゼントした。日本ダービーでタヤスツヨシの2着に敗れた後は中距離路線に軸足を置き、同年10月の天皇賞・秋で2着、翌1995年の中山記念で2着と活躍。同年秋のマイルCSでGI級2勝目を挙げている。
inyofu 1997年、マイルCS(9着)をラストランに引退した後は種牡馬となり、国内ではドンクール(交流重賞・名古屋大賞典勝ちなど)やタマモグレアー(京都ハイジャンプ勝ち)らを輩出。また、シャトル種牡馬としてオーストラリアでも活躍し、同地でGI2勝を挙げたポンペイルーラーらを送り出した。2009年に種牡馬を引退した後は社台スタリオンステーションにおいて功労馬として余生を過ごしていた。

2015年1月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
今週末1月31日(土)から遂に開幕となる東京競馬場レース!翌日2月1日(日)には、GIII【根岸ステークス】が開催され、2月になると毎週重賞が催される。そして、2月末にはダートのGI【フェブラリーS】が開催される。関東在住の競馬ファンにとっては、待ち遠しい2月が遂にやってくる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line