TOP > レース > 【きさらぎ賞】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【きさらぎ賞】過去5年のレースをプレイバック!

西の出世レースきさらぎ賞!そんなきさらぎ賞の過去5年のレース映像をプレイバック!
馬キュレ

2014年 無敗馬対決制す!トーセンスターダム

この年は無敗の2頭が人気を集めた。1番人気は2戦2勝の逃げ切りを見せた和田騎手騎乗のバンドワゴンで1.5倍。続いてこちらも2戦2勝でディープインパクト産駒の武豊騎手騎乗トーセンスターダムが2.5倍。3番人気サトノルパンは11.5倍と離された人気となった。結果は逃げるバンドワゴンに、最後トーセンスターダムが追い詰める2頭のマッチレースに!最後は武豊騎手が測ったかのような差し切り勝ちを収めた。バンドワゴンはこのレース後に故障し、残念ながらクラシックへの夢は潰えてしまった。

2013年 距離の壁を克服!タマモベストプレイ

小粒なメンバーとなったこの年は新馬戦を勝ったばかりのリグヴェーダが、兄にゴールドアリュールやゴールスキーがいる血統背景から人気を集め、続いてラストインパクト、アドマイヤドバイと割れた人気となった。8頭立てとなり、結果的には6番人気であったタマモベストプレイがレースを制した。1400mで2連勝し、1600mのシンザン記念では3着に敗れているだけに、1800mの今回は厳しいという見解、その背景に兄弟のタマモホットプレイ、タマモナイスプレイ、チャームポットなど全て短距離での活躍という血統面から人気を落としていた。2着に初勝利まで4戦を要した5番人気のマズルファイヤーと少頭数ながら波乱となった。

2012年 いざ世代のエースへ!ワールドエース

新馬戦を1.4倍の断然人気で制し、前走の若駒Sでは前残りの流れで差し届かず2着だったワールドエースが2.1倍の1番人気に推された。続いて未勝利勝ちのベールドインパクトに東スポ杯4着のジャスタウェイ。結果的にはワールドエース、ヒストリカル、ベールドインパクトとなり、ディープインパクト産駒の1~3着独占となった。後に世界最強の称号を得るジャスタウェイはこの時は4着に敗れていた。

2011年 父ディープを彷彿!トーセンラー

この年はクラシックを賑わすメンバーが集った。三冠最終章の菊花賞の1~3着馬が全て出走していたのである。1番人気はオルフェーヴルのライバルとなるウインバリアシオン、そして2番人気にオルフェーヴル、トーセンラー、コティリオン、メイショウナルトと続いた。レースでは伏兵のリキサンマックスが大逃げをうつ。あわや逃げ切り!というギリギリのところでM.デムーロ騎乗のトーセンラーがとてつもない末脚で強襲!最後わずかに交わし1着。2着には粘ったリキサンマックス、オルフェーヴルはこのとき3着に敗れていた。

2010年 京都1800は大得意!ネオヴァンドーム

1番人気は良血馬レーヴドリアンが2.1倍で支持された。兄弟にはすみれS勝ちのナイアガラ、阪神JF2着のレーヴダムール、青葉賞勝ちのアプレザンレーヴと早い時期からの活躍が目立つ一族であり、妹にもレーヴディソール、レーヴドスカーと活躍馬が多数の血統である。続いて朝日杯3着のダイワバーバリアン、桜花賞馬キョウエイマーチの子インペリアルマーチが人気を集めた。しかし勝利したのは5番人気のM.デムーロ騎乗のネオヴァンドーム。追い込んだレーヴドリアンは2着。ネオヴァンドームはその後、皐月賞で17着に大敗し、スランプに陥るが、その後引退まで挙げた2勝はどちらもきさらぎ勝と同じ舞台の都大路Sであった。よほど、この京都芝1800mに適性があったのだろう。


毎年少頭数ながら精鋭が集うのがこのきさらぎ賞である。京都芝1800mの重賞は意外にもこのレースだけであり、ディープインパクト産駒が席巻している。またここで好走した馬が後に活躍することが多く、二冠馬メイショウサムソン、菊花賞馬アサクサキングス、ダービー2着馬リーチザクラウン、スマイルジャック、三冠馬オルフェーヴル、世界チャンピオンのジャスタウェイなどを輩出している。今年も未来の競馬界を担う若駒たちに注目だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line