TOP > 競走馬 > 【2015年根岸S】7歳にして遂に本格化か!?レーザーバレット
競走馬

【2015年根岸S】7歳にして遂に本格化か!?レーザーバレット

今年7歳を迎えたレーザーバレット、キャリアは17戦と年齢の割にそこまで多くはない。しかし、3歳時にドバイ遠征を敢行するなどキャリアの割に濃密な馬生を送っている。昨年再度オープン入りを果たすと、2015年初戦のジャニュアリーSを快勝しオープンクラス初勝利。今がまさに充実期のレーザーバレットのこれまでの走りをまとめてみた。
馬キュレ

【前走】差し切り勝ちで2015年始動!2015年ジャニュアリーS・1着

道中6番手で競馬を進める。直線では外に持ち出すと、先に抜け出したメイショウノーベルを危なげなく差し切り2015年最高のスタートを決めた。
inyofu 中団追走から、先に抜け出したメイショウノーベルを力強く差し切った。横山典騎手は「見ての通りです。馬の状態が良かったのが一番」と話した。3歳春にはUAEダービーへ挑戦(9着)した素質馬がうれしいオープン初勝利となった。

根岸Sに向けレーザーバレットの状態は!?

inyofu レーザーバレット(牡7、萩原)は28日、坂路で2馬身先行するミッキージョイ(新馬)を追いかけ、最後はステッキを入れていっぱいに追われた。4ハロン56秒6-14秒7で1馬身遅れたが、走りづらいコンディションを考えれば全体の時計は速い。
inyofu 萩原調教師「前走(ジャニュアリーS=1着)後も引き続き好調。距離を詰めた前走が好内容だったが、2走前と同じ東京千四なら条件替わりは心配ない。重賞で相手は強くなるが好結果を期待したい」
3歳時の平安S以来の重賞挑戦となるレーザーバレット。相手強化は楽ではないが9戦5連対と好相性の東京コースで初重賞制覇に挑む。

これまでのレーザーバレット

トップハンデも関係なし!2014年白嶺S・1着

トップハンデの57.5キロを背負わされたがレーザーバレットには関係なかった。5番手で折り合うと、直線力強く抜け出しゴール。2年越しのオープンクラス入りを果たした。

根岸Sと同じ東京1400メートルで2着!2014年霜月S・2着

道中インコースで脚を溜め、直線で追い出しを開始。内ラチ沿いからスルスルと伸びるレーザーバレットであったが前をカットされる不利を受ける。改めて追い出しを開始し、脚を伸ばすも勝ち馬に僅かに及ばず2着に終わった。

ここにきて軌道に乗り始めたレーザーバレット。3歳時にはUAEダービーに挑戦するためにドバイ遠征を決行するなど、レーザーバレットに対する期待が伺い知れる。2走前の霜月Sの内容からも東京1400メートルに不安はない。一気の相手強化に対して目下の勢いで太刀打ちできるだろうか。レーザーバレットの走りに注目したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line