TOP > レース > 【2015年京都記念】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年京都記念】過去5年のレースをプレイバック!

実力馬たちが始動!夢はドバイへ!?そんな京都記念の過去5年をレース映像をプレイバック!
馬キュレ

2014年 名手横山典弘に導かれ!デスペラード

1番人気は1.6倍の断然人気で、ドバイへの壮行レースとして挑んだジェンティルドンナ。ジャパンカップ1着からの臨戦で、今回は福永騎手に手綱が託された。2番人気は前年覇者の京都巧者トーセンラー、そしてエリザベス女王杯2着のラキシスが3番人気に推された。レースは少頭数でスローペースが予想されたが、そこで果敢にもハナを切ったのは横山騎手のデスペラード。今までは後方から鋭い差し脚を見せていた馬であったが、横山騎手が絶妙なペースで逃げていった。直線ではデスペラードは一旦交わされトゥザグローリー、トーセンラーが先頭に立つ。ジェンティルドンナは全く伸びない。その瞬間、もう一度デスペラードが盛り返す。ワンテンポ追い出すのを待った横山騎手の好判断が生き、1着で入線。2着にはトーセンラー、3着には4番人気アンコイルドが入り、断然人気のジェンティルドンナはまさかの6着に破れた。

2013年 京都巧者現る!トーセンラー

この年の1番人気は毎日王冠2着⇒天皇賞秋6着⇒中山金杯3着から挑んできたジャスタウェイが推された。2番人気は前年の宝塚記念3着以来の競馬となるショウナンマイティが続いた。トーセンラーは夏の新潟記念7着以来の競馬となり、この頃はまだ京都巧者だと知る人は少なかったこともあり6番人気に甘んじた。結果はトーセンラーが2年ぶりに、同じ京都のきさらぎ賞以来の勝利を挙げた。武豊騎手は前年のトレイルブレイザーに続き当レース連覇を達成。

2012年 天才の好騎乗!トレイルブレイザー

1番人気は天皇賞秋2着からの参戦のダークシャドウ、そして明け4歳馬で菊花賞2着、ジャパンカップ5着だったウインバリアシオンが続いて人気を集めた。3番人気は前年に当レース3着で春の天皇賞を制し、凱旋門賞にも挑んだヒルノダムール。しかし後方から競馬を進める人気馬を尻目に武豊とトレイルブレイザーが果敢に仕掛ける。道中ではあえて内目をあけて、後方の馬が仕掛けるに仕掛けられない展開を作り出す。そして直線手前では前にいる馬たちを交わしていき早めに先頭へ。直線半ばでダークシャドウ、ヒルノダムールが猛追も時既に遅し。まさに天才武豊が作り出したレースであった。

2011年 覚醒!トゥザグローリー

この年はダノンシャンティ、オウケンブルースリ、ビートブラック、ビッグウィークとGⅠ馬が4頭も集うという豪華メンバーであった。しかしそれらを差し置いて1番人気に推されたのが2010年の有馬記念で14番人気3着と激走したトゥザグローリー。2番人気も日経新春杯2着のヒルノダムール、さらに牝馬のメイショウベルーガも5番人気と役者がそろった。期待通り、それらのトゥザグローリー、ヒルノダムール、メイショウベルーガがGⅠ馬たちを交わしていき3頭の追い比べ。最後はリスポリ騎乗のトゥザグローリーが力強く抜け出し、前走の有馬記念がフロックでなかったことを証明した。

2010年 ドバイへ向けて視界よし!ブエナビスタ

圧倒的1番人気は1.5倍のブエナビスタであった。秋華賞では降着の3着、エリザベス女王杯は伏兵に一発やられ3着、有馬記念は古馬の壁にぶつかり2着と歯がゆい競馬が続いていた。しかしここではブエナビスタが1番人気に推され、有馬記念でブエナに勝利したドリームジャーニーは2番人気。鞍上の横山騎手も有馬記念に続き2回目の騎乗で、その乗り方に注目された。今まで追い込み一辺倒であったブエナビスタであったが、有馬記念に続き今回も好位での器用な競馬を見せ1着!それに迫ったのはジャガーメイル、その勢いのまま次走の天皇賞春を制している。そして3着にはドリームジャーニー、と強い馬がそのまま強いレースを見せたレースであった。


近年では日本馬のレベルが上がり、海外遠征へも積極的になっている。中でも2014年のドバイではジャスタウェイ、ジェンティルドンナが勝利を挙げるなど、日本馬が大活躍している。2015年の京都記念では、キズナが復帰戦を予定している他、ハープスターがそのドバイへ向けステップとして出走してくる。GⅡといは言え豪華メンバーが集う京都記念は今年も見逃せない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line