TOP > 地方競馬 > 距離延長で最長ダート競走に! 2015年【金盃】
地方競馬

距離延長で最長ダート競走に! 2015年【金盃】

今年から2600mと昨年から600mも距離が延び、国内で最も長い距離で争われるダート重賞となった金盃。約1周半を駆け抜ける戦いは、ペース配分や位置取りが勝敗を分けるケースも多々ある。ジョッキーたちの腕比べも見逃せない!
馬キュレ

枠順確定

↓ 出走表はこちらから ↓

過去の傾向

今年から2600mのレースになったため過去の傾向は当てにならないが過去10年の傾向としては人気馬以外が上位に食い込むことも多いレースである。

重賞連勝【ドラゴンエアル】

inyofu 重賞での好走は目立つもあと一歩の成績が続き、ハイセイコー記念2着、ニューイヤーカップ3着、京浜盃2着、羽田盃3着、東京ダービー4着と涙を呑んできました。勝ち切れないまでも大崩れがほとんどないのも素質の片鱗を覗かせていたと思います。  休み明け以降、水沢競馬場への遠征競馬だったダービーグランプリを優勝して念願の初タイトルを手にすると、前走の報知オールスターカップは初古馬を相手に完勝。
inyofu 重賞連勝中のドラゴンエアル。 完全に一皮むけた印象でもう一丁。 56kgなのも良い。
inyofu 連下は、ドラゴンエアル。 前走が優秀ですし、押さえる必要がありますね。
参考レース 報知オールスターカップ

好走が続くも勝ちきれなかったが、近走で重賞連勝中のドラゴンエアルはこの勢いで今回も期待がかかる。距離的にも問題がなさそうである。

地力の高さで勝負【プレティオラス】

inyofu プレティオラスもハブアストロールも当初から東京大賞典を使ってこの金盃を目標のレースに置いてきました。2頭の調教をつけるのは瀬戸健太厩務員で、「(プレは)調教では、徐々に加速していってゴール板から1~2コーナーに流していく走りが、力まず伸びのある感じで、この馬のいい時の走りだと思います。状態は上がってきていますね。
inyofu 相手はプレティオラス。 昨年はJRA移籍などもあり結果を残せなかったが 一度使われて、地方馬相手に戻れば 本来の力を発揮できるはず。 ちょっと怖いが妙味は高そう。
inyofu 近走の着順だけを見れば物足りない印象を受けるが、休養後の3走は中央に転厩してのもので、前走はダートの一線級が集ったGI・東京大賞典だった。そこでもメンバー中2位の末脚を繰り出して、ダート中長距離路線の実力馬であるクリソライトには0秒6差まで迫った。さかのぼれば2400メートルの東京記念(SII)でも上がり3ハロン37秒9という豪脚で追い込み、3馬身半差の勝利を挙げている。母父ダンスインザダークならこの距離でも不安はなく、再転入後に一度使われたことで上積みは必至。人気落ちしそうな今回は馬券的妙味も十分で、東京ダービー馬の意地に期待したい。
参考レース 2013年 東京記念

近走はあまり結果の出ていないプレティオラスだがそもそも相手が違う。格上と戦っていた地力の差を見せつけることができるか注目したい。

勢いに乗っている【ジョーラプター】

inyofu 移籍後は一気に6連勝を飾り、2走前は惜しくも2着に敗れてしまいましたが、前走の金盃トライアル・ガーネット賞を完勝。道中は3番手から進めていき最後の直線でしっかり差し切りました。  「前は精神的に弱くて下痢をよくしていましたが、ゆったりリズムよく使ってあげて精神的にも強化してきました。スタミナがすごくあって、平均ペースでいっても、その後にギアが何段階あるんだろうっていうくらい。逃げにはこだわっていませんが、自分のペースで走った時は計り知れないものがあると思います」(小久保調教師)。
inyofu ジョーラプターは逆に浦和移籍後8戦7-1-0-0。 54kgなら十分好走できそう。
inyofu 勢いならジョーラプター(浦和・小久智)だ。中央では1勝しただけだったが、南関東転入後にその能力が開花。転入後は浦和で6連勝を飾り、大井初参戦となった前走では好位追走から抜け出して快勝した。これまでは短距離を中心に使われていたが、2000メートルでも結果を出したことでここに向けてもいいステップになったといえるだろう。今回は一気に相手が強化されたが、別定戦で斤量が54キロとなるのはプラス。昨年の南関東リーディングトレーナーである小久保師が送り出す1頭で、ここでも警戒しないわけにはいかない。
参考レース ガーネット賞

移籍後8戦7勝のジョーラプターは今回1番勢いがある馬である。トライアルのガーネット賞も完勝しており初重賞挑戦での勝利も十分にあり得る。

スタミナ比べの行方は!?

ドラゴンエアル、プレティオラス、ジョーラプターの他にも52キロの斤量が魅力のドゥフトライネンにも注目である。アドマイヤボス×ジェネラスという血統も期待出来る。またMotivator産駒で母父はブラッシンググルームというとんでもないスタミナ血統のサーマウントも侮れないか。今年の距離延長でますます面白くなった金盃。新たな歴史の一ページに名を刻むのは誰だ!?

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line