TOP > 予想/馬券 > 【2015年きさらぎ賞&東京新聞杯】予想家ブログの的中まとめ
予想/馬券

【2015年きさらぎ賞&東京新聞杯】予想家ブログの的中まとめ

51年ぶりに牝馬の優勝で盛り上がったきさらぎ賞、その勝利を知っていたかのように1番人気で的中者も多かったきさらぎ賞。変わって底力を出して2着に入線した馬は9番人気と馬券が盛り上がるも的中者が少なかった東京新聞杯。うまキュレ班御用達の予想家ブログをまとめてみた。
馬キュレ

東京新聞杯はヴァンセンヌが優勝

inyofu 2月8日、東京競馬場で開催された第11R・東京新聞杯(GIII、芝1600m)は、中団に控えた3番人気ヴァンセンヌ(牡6、栗東・松永幹)が、大混戦の直線で抜け出すと大外を強襲してきたアルフレード、内から伸びてきたフルーキーの追撃をクビ差凌ぎ、4連勝で初の重賞タイトルを獲得した。勝ちタイムは1分35秒7(稍重)で、鞍上は福永騎手。クビ差の2着は9番人気アルフレード、2着にクビ差の3着は2番人気フルーキーが入っている。尚、1番人気に支持されたエキストラエンドは、最後方から伸びるも6着に敗れている。
inyofu 配当は単勝600円、馬連1万4690円、馬単2万1360円、3連複1万9820円、3連単15万5940円。

【少年は競馬場で推理する】

inyofu -指針- 自信度★★★★
本命はディープ産駒のヴァンセンヌ。
あとは東京マイルに適性がある馬を買うイメージで。

◎ヴァンセンヌ
○シャイニープリンス
▲マイネルメリエンダ
△サトノギャラント
△アルフレード
×エキストラエンド

◎ヴァンセンヌ
ディープインパクト×ニホンピロウイナーのSC系。
母のフラワーパークは精神構造のしっかりした馬で、同馬も似たタイプだろう。
前走1600万下組は過去15年【3-1-2-10】だが、2人気以内で1着した馬なら【3-1-2-3】になる。
メンバー中唯一の前走条件戦使用馬で、ディープの初古馬マイル重賞戦。
前走1着馬が同馬しかいない停滞したメンバー構成。完全異端の同馬に一発を賭ける。
inyofu △アルフレード
こちらもシンボリクリスエス産駒のM系。シンボリクリスエスは東京芝1600m合う。
前走は激走後の反動。こちらも○×○のタイミングで、東京替わり。
Mの法則(競馬予想家である今井雅宏氏が発見した競走馬の法則)をメインに馬券を組み立てるブライト氏のブログ。今回注目予想家の中で唯一東京新聞杯を的中した予想家。的中率だけでなく回収率も非常に良く予算2000円で 単勝&馬連で2万4000円の払い戻し。2着馬アルフレードがエキストラエンドより評価が高く予想センスの高さを感じさせられる。

今週の馬キュン!は?

ゲストにギャオス内藤を加え予想を展開した馬キュンメンバーで唯一的中はUmajin岡井社長だけ。先週の根岸Sに続き2週連続本命と波にのってきた。また、馬キュンカードでもヴァンセンヌの勝ちきれる可能性を示唆。

きさらぎ賞はルージュバック

inyofu 2月8日、京都競馬場で開催された第11R・きさらぎ賞(GIII、芝1800m)は、道中3番手を追走していた1番人気ルージュバック(牝3、美浦・大竹)が、直線半ばから1頭だけ違う脚いろで末脚を伸ばし、鮮やかに差し切って人気に応えた。勝ちタイムは1分48秒6(良)で、鞍上は戸崎騎手。2馬身差の2着は2番人気ポルトドートウィユ、2着に1馬身差の3着は3番人気アッシュゴールドが入っている。
inyofu 配当は単勝170円、馬連260円、馬単390円、3連複420円、3連単1270円。

【中穴狙いの競馬予想】

inyofu ◎ ルージュバック
〇 レガッタ
▲ ポルトドートウィユ
△ ネオスターダム

詳細は時間があれば…。

馬券は

◎単複
◎馬連 相手〇▲△
◎〇三連複 相手 ▲△
◎▲三連複 相手 △
◎〇1着2着 三連単 相手 ▲△
inyofu 2戦2勝馬のルージュバック。
注目すべきは2戦目の東京芝2000mでの百日草特別で、 現世代トップクラスであり、京成杯を強い勝ち方をしたベルーフを一蹴しています。 ベルーフが4戦して負けたのはこの馬にだけ。 そう考えると必然的にこの馬の価値は高くなります。 勝ちっぷりも見事で、最後方からほとんど追わずにスッと抜け出す瞬発力。 マンハッタンカフェ産駒でここまでキレのある馬は珍しいです。 ただただディープインパクト産駒ではないことが引っ掛かるてんですが、 それでも血統適性も高く、十分ダントツの本命候補だと思います。
豊富な展望予想なおかつ的中率も高いたいせー氏のブログ。中穴予想がメインだが、今回は逆らいようがないルージュバックを本命に馬連的中。2週連続で重賞的中で常に好調をキープしている。

【専ら軸馬・穴馬 2015 データ 血統 予想】

inyofu 軸馬は、気持ち変わらずルージュバック。 ダービーを目指しているという話もあがっており、わざわざ牡馬と戦わなくてもと思いつつも、これまでの走りからは無視できない1頭となりますね。勝利馬展望で見ていった注目点をクリアできている点からもここは前走のような走りを見せてもらいたいですね。
inyofu ◎軸馬:3ルージュバック
◯対抗馬1:5ポルトドートウィユ
▲対抗馬2:F人気ブログランキング(※アッシュゴールドでした。)
△穴馬:F人気ブログランキング(※ネオスターダムでした。)
☆流し:6レガッタ

まずはきさらぎ賞からさらっと。 こちらは1~3着までキレイに印通となりましたが、これまで挙げてきたデータ通りでした。勝利馬はキャリア2戦以上の掲示板内率100%の馬ということで、ルージュバックとポルトドートウィユ。レガッタを残したものの、やはり新馬戦組はまだ1頭も馬券に絡んでいないというマイナスデータがありました。
軸馬は穴馬からをモットーに予想を展開するもっぱら氏のブログ。今回データを駆使してグリグリ本命馬を軸にして印予想はパーフェクト。こちらも2週連続重賞的中となった。

【天童なこオフィシャルブログ】

inyofu ◎3ルージュバック
○6レガッタ
▲5ポルトドートウィユ
△8グリュイエール

本命は、ルージュバック
今年の注目3歳馬でも、1位にあげた馬で相当強い馬だと思います
前走楽勝しているべルーフがその後、2連勝で重賞を勝っていることからも単純に強いということがわかります
エンジンが掛かってからは、素晴らしい瞬発力で加速してどこ までも伸びていきそうなイメージ!
それは調教にもあらわれていて、今週の馬場で、楽に12秒台前半で上がってきています
3歳牝馬の初輸送ですが、3週前からしっかりやっていますし、先週は強めに追って速い時計を出していて最終追い切りも、馬なりですが、時計はかなり優秀
決して輸送を考慮して緩めの調教をしているわけではないので、しっかりとした状態で、出走出来そう
能力の高さ、調教内容、状態から考えて、本命はこの馬以外に考えられません
少頭数ですが、1着固定で少点数なら十分プラスになるレース

馬単1着固定
3-5、6、8
3連単1着固定
3-5、6、8
競馬好きタレントと思いきやガチの調教女子天童なこの予想ブログ。独自の好走調教データを持っていて、2014年何度も万馬券をGETした。女子予想家の中でも屈指の的中率だ。彼女の中でルージュバックは今年一番注目していただけあって本命で馬単的中。
しかし、東京新聞杯では追い切りで時計をしっかり出していたシャイニープリンスを本命にするも4着に敗れた。

【こりゃ深すぎるww覆面馬主の馬券談義!】

3号の予想
inyofu 推奨馬=ポルトドートウィユ、ルージュバック

推奨馬は以上の2頭。馬連1点勝負!にて購入したいと思います。
2号の予想
inyofu ◎ルージュバック
〇ポルトドートウィユ
▲グリュイエール
△アッシュゴールド
△レガッタ
穴ムーンクレスト

といった評価になるのかな・・・と。

そして、これをどう買いますか?という点で、リスクと配当を照らし合わせると、非常に買いづらいレースだな・・・と。

3連単で

◎→〇→▲
◎→▲→〇

この2点を本線に、

◎→〇→△△穴
◎→△△穴→〇
1号の予想
inyofu ◎ルージュバック
〇グリュイエール
▲ポルトドートイユ
☆アッシュゴールド
△ネオスターダム
△レガッタ

の順にしました。
が、2号同様、馬券を買うというより、将来を推測するレースですので、馬券は、ルージュバックとグリュイエールの2頭軸の三連複、と、ルージュバックからの馬単にします。
うまキュレ班が要注目している覆面馬主達の予想ブログ。現在確認されているだけで4号(別ブログ)までいる。今週は1~3号が本命的中。ガチガチの馬券だが少点数でプラスならそれで良しだろう。
2号の東京新聞杯予想はチャレンジカップと京都金杯でも◎で推していたフルーキーは3着、▲にヴァンセンヌと印を打っていたが買い方を馬単を本線に3連複フォーメーション言っているので馬券のほうは…?1号はダービー以降ずっと買い続けているタガノグランパを推すも10着に終わった。

毎回、予想根拠を熱く語ってくれている予想家ブログをまとめている。参考になるとともに、そのまま乗っかってしまいたい気持ちにもなるうまキュレ班。今回、東京新聞杯の的中者を見つけるのに苦戦・・・。
来週の予想もまた楽しみである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line