TOP > 予想/馬券 > 【2015年京都記念】穴馬の条件は?キズナVSハープも3連系で万馬券になる!
予想/馬券

【2015年京都記念】穴馬の条件は?キズナVSハープも3連系で万馬券になる!

2015年2月15日(日)京都競馬場で行われる京都記念。早くも春競馬へ向けてキズナVSハープスターの戦いが繰り広げられる。ビックネームが競うレースこそ大金星をあげる馬を見つけ出す!穴馬はどれだ!?
馬キュレ

穴をあけるなら5.6歳馬!

ここ3年を見ても6歳馬デスペラードが6番人気1着、5歳馬トーセンラーが5番人気1着、5歳馬トレイルブレイザーが5番人気1着と活躍している。明け4歳馬は過剰に人気になりすぎるところがあるので注意が必要だ。
ラブリーデイは5歳となり前走中山金杯を制覇!本格化の兆しで1着候補までありうる。

京都でまくれる脚!

京都では残り1000mを切ったあたりから下り坂が続き、そこでの加速が結果につながる。過去に4角1番手だった馬は(1.0.3.6)で複勝回収率も249%と穴パターンとなっている。
スズカデヴィアスは2走前の比叡Sでは、今回と同じ舞台でハナを切ってそのまま押し切り勝ち!人気馬が後方待機なら穴は先行馬!

当日は馬体重に注目!

過去10年での当日の馬体重別の成績を見ると、前走から体重が増えた馬が(9.9.8.53)と連対率90%を誇っている。ゆとりのある馬を要チェック!

適距離のアクションスター!

馬券内に入ったときは全て1800~2200mの距離であり、中距離型であることがわかる。近2走は2400m、1600mと苦手な距離であっただけに、今回2200mになることで一発を秘める。


今年も登録馬は少ないが、キズナ、ハープスターというビッグネームが並んでいる。その他の馬たちは混戦模様というところであるが、3着までに入れる席はもう一つ残っている。3連系の馬券でこそ穴馬を拾うチャンスがある。ここ数年は1着にも人気薄が入ってきており、有力馬がドバイ遠征などを控えて仕上がり途上だということを考慮することで万馬券をしとめることもできるだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line