TOP > 予想/馬券 > コース分析が出来れば馬券は当たる! 【小倉芝1800m】
予想/馬券

コース分析が出来れば馬券は当たる! 【小倉芝1800m】

2月の名物重賞小倉大賞典が行われるのが、小倉芝1800m。今回はこのコースを枠、血統、騎手、前走条件などから特徴を探り出しまとめてみた。データは過去10年のものに基づく。
馬キュレ

枠順別成績!内は少々不利!?

馬キュレ
スタートしてすぐコーナーのため内枠が有利なように思えるが、すぐに他馬も内へ殺到するためか1~3番枠は苦戦している。また大外枠は人気になりづらいため回収率は良くなっている。

種牡馬成績!サンデーサイレンス不振!

馬キュレ
サンデーサイレンス自身が3位で複勝率、回収率ともに不振なことから、その特徴を受け継いているディープインパクトなども今後苦戦することが予想される。対してサンデー系の中でもズブさが売りのステイヤーのスペシャルウィーク、ダンスインザダークなどが目立つ。

母父成績!トニービン!

馬キュレ
距離こそ違えど、夏の小倉芝2000mの小倉記念ではトニービンを筆頭にグレイソヴリン系の激走が目立っている。このコースでもそれを裏付けるかのように母父トニービンは優秀な成績を収めている。

騎手成績!太宰がうまい!

馬キュレ
小倉は関西圏の騎手が集うが、中央場所の京都、阪神も同時に行うとき有力ジョッキーたちはそちらへ行ってしまうため、小倉にはその他の騎手たちが集う。小倉を知り尽くしているのはそれらの騎手たちの方で、太宰騎手などは武豊騎手よりも騎乗数が多く、その回収率も良い。ローカルこそ、そこを得意としている騎手を探すべし!

前走距離別成績!やっぱり逃げ馬!

馬キュレ
前走からの距離別の成績は大差なく気にしなくてよさそうだ。対して脚質別成績では前走で逃げていた馬を買い続けるだけでプラス収支になる!ローカルは逃げ馬注意!

前走コース別成績!前走中京組が狙い!

馬キュレ
前走で中京コースを使っていた馬がどちらも単勝回収率が100%を超えており穴をあけている。京都、阪神から来た組がハイレベルに思われるが、中京も同じ関西場所として機能しているので、過剰に人気を落としているようならこの組が狙いである。


小倉競馬場は開催が冬と夏にあり、夏は北海道シリーズが人気を博すため、実際に足を運んだことのあるファンは少ないかも知れない。それゆえ馬券攻略も手薄になりがちであるが、毎年小倉大賞典、小倉記念は大波乱が起きており、上記のポイントを把握しておくことでその威力が爆発するかもしれない。大万馬券を仕留めるならこのコースだ!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line